取手物語〜取手より愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS 金田一耕助にとっての真実

<<   作成日時 : 2006/09/02 20:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

名探偵コナンで「探偵が犯人を追い詰めてみすみす死なせては殺人者と同じ」という趣旨の発言がある。

しかしそうであるのか。
真実はひとつかもしれない。そして事実が真実とは限らない。
金田一耕助の「しまった〜」のように。

その真実の真相は?真実であるからにはそれは偽りではない。そして起こった出来事の真実は一つ。
しかしこの出来事をおこした心理ははたして真実か。そこに偽りはないのか。

複雑にからんだ深層心理のもとはたしてこの行動を起こした人物の心理は偽らざるものなのか。そして、その真実は常に公けにしてよいものか・・・

真実でありながら、その裏では真意と別な行動をとった結果であることも。つまり表裏一体ではないのか。屁理屈ではあるが、そこに真実を求める探偵はいつも一つか?そして、法にゆだねることが正しいのは理屈である。果たしてそれが正義か?


某事件で等々力警部が、「・・・これが金田一耕助流のヒューマニズムとでもいうのかね。おかげで事件は解決できるが、ホシは逃がしてしまうということがちょくちょくあるよ。つまり、そのためにこのひとは、最後の瞬間までわれわれに手のうちをみせないんだからね。・・・」と述べている。

彼は探偵の性で真相をつきとめたい、つきとめる。しかしそれは誰のためか・・・正義の為か?
法にゆでねることなく、自らの手で逝かせてやる。

それが本来、風来坊である金田一耕助のヒューマニズム、そしてハードボイルド。
真実とは、名探偵のやさしさである。



『フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 金田一耕助』を読んで・・・


画像


坂の上にたたずむ彼は、静かに夕暮れに消えてゆく・・・・病院坂の首縊りの家








病院坂の首縊りの家 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イエローストーンさん、こんにちは。
名探偵コナンからの引用に惹かれて寄り道です。

コナンのこのセリフを読んだとき、真っ先に金田一耕助を思い出した私でした。
彼はいつもいつも自殺を黙認してるよなぁーって思い出したので。
私もそれを優しさだとずっと思っていたのだけど、コナンの言うことも一理あるかなーなんて思ったりもしています。
後に新一は人が人をを殺す理由について、犯人にどんな理屈をこねられても、理解はできても納得がいかない(というようなこと)を言ってますので、新一は裁きはあくまでも法の手にゆだねることを前提に探偵家業(?)をしているという一貫性を感じました
人が人を裁くものではなく、ましてや探偵が関わるべきではない、という意味とも捉えています。

とはいえ、金田一耕助の優しさが大好きです。
特に、病院坂・・はまったくそのまんまでして。。。

反論とか批判のつもりはないのですが、不快でしたら削除をお願いします。
突然、長文コメント失礼しました。
たいむ
2006/09/18 18:08
コメントありがとうございます。
実は私もコナンは好きで最近のTVや劇場版はけっこう鑑賞しています。
工藤新一のポリシーそれはそれでいいと思います。真実はひとつといいきる姿勢といい、法にゆだねる姿勢。それが正義です。

どちらかといえば金田一が悪くいうと、ひねくれているのです。ただ、本来、風来坊である彼のそれがヒューマニズムなのです。私はやはりあなた同様彼の優しさだと感じます。
イエローストーン
2006/09/18 20:29

厳選記事

金田一耕助にとっての真実 取手物語〜取手より愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる