取手物語〜取手より愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS 腐りきった害がこの世から消えた  『船場吉兆』

<<   作成日時 : 2008/05/29 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やっと、あの腐りきった料亭『船場吉兆』が廃業になった。

当然、自業自得である。
いや、遅すぎた。

あの全てを現場へ責任転嫁し、全くの反省のみられなかった経営体制。
今回も内部告発。内部で既に経営側への不信感、怒りが、こんなクズ料亭が営業していていいのだろうかと、限界をとうに越えていたのであろう。

客も気がつくのが遅すぎた。
あの人間にクズのような女将、あの何の反省も、そのかけらも感じられない女将のもとで心ある商売などできるわけがない。

今更、泣こうが、反省しようが、謝罪しようが遅く、この世の害である『船場吉兆』などなくなって当然なのである。

しかもこの後におよんで、あのクズは、
『キャンセルがあいつぎ経営が困難に・・・・。』
キャンセルがあったから、仕方なく廃業。
キャンセルさえなけらば、まだバカな客相手に商売をしようとしていたのである。
客をバカにするにも程がある。
あの使い回し発覚時に、退陣もせずにいすわり、いや、あの時点でけじめとしててい、廃業すべきであったのである。

今更の廃業。
なくなることは非常に喜ばしいことだが、今更と、その理由というか、まったくもって反省、謝罪の念のかけらも感じられないそのくさりきった経営体制、経営陣の人間性にはまったくもって腹がたつばかりである。




あまりの怒りに、言葉がですに、文章がまとまらない・・・・。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

厳選記事

腐りきった害がこの世から消えた  『船場吉兆』 取手物語〜取手より愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる