取手物語〜取手より愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS 死刑執行・・・・・。  〜白と黒

<<   作成日時 : 2008/06/18 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

現在、我が国では死刑制度が存在する。

これは事実である。
よって、もちろん冤罪は論外であるが、その犯行が明らかな場合、つまり宮崎のような鬼畜の狂人は、その極悪非道な行為、犯罪の場合、死刑は当然である。



私は自信の想いを、過激だといわれるかもしれないが、これに関しては自身の想いをもはや抑えることはできない。
自身に嘘をつくことはできないのである。
死刑制度、私は賛成であり、存続すべきであると信じて疑わない。


死刑確定から2年以上。

何が平均執行年数が8年に比べると短いだと、バカかっ!

遅すぎるくらいである。2年も・・・・。
遺族の方におかれては、いかなる想いでおられるのか・・・・・。


秋葉原の事件が影響、当然しているであろう。あの犯行があったあとでも死刑廃止だと・・・。
私には全くもって理解できない・・・・。
あのような、惨劇、鬼畜の所業はあってはならないのである。
宮崎が行ったその犯行を思い出すに、終身刑、生かせておくことなど・・・・・・・。

被害者遺族への謝罪もなく、自身の反省の弁がひとこともないクズなど、この世から消えて当然。


子供の両手・両足を切り落とし、骨を食べた、
また、殺害した子供の骨を、その自宅前に置くなど・・・・・、このような鬼畜には・・・・。


正義とは一体、何か・・・・・。
人はいかなる理由においても人を殺めてはいけない。
故に、死刑も廃止だと・・・・。私には全くもって理解できない。

人の未来を、人生を強引に奪い去ったものに、何故、未来をあたえる必要があるのか。
やり直す機会を、ならば人生を奪われた被疑者はどうなのか・・・。


あの大臣、失言もおおく、アルカイダの遠い友人だか、全く関係ないのだがしらないが、
この点だけは非常に評価できる人物である。
法務大臣になって、1人も執行命令をださない腰抜けがいるが、私はそんな大臣には失望するばかりである。


死刑廃止論者からは、ただの人殺しといわれるかもしれない。私なども同類であろう。
そんなに人が殺したいのかと。
そう、何人もの罪のない人の人生を勝手に奪った鬼畜に、私は生きていて欲しくない。
死んで欲しい。死んでその罪を重さを、自身の行為の責任をとるべきなのである。

そう、司法によって、死刑が確定した死刑囚の刑執行である。
冤罪の可能性がない場合、現在の日本では死刑制度があるのである。
すみやかに執行すべきである。

それを何故、ニュースになるようなことなのだろうか。
もちろん、執行命令を出したことを会見するのは必要である。
そして、その事実を報道することも必要である。

ただ、私には、何故か問題視しているようにみえる部分が感じられる。
当然の、当たり前のことを、当たり前にしただけ。

確定した刑を執行しただけ。
確定した刑は、執行されなければ無意味である。
子供でも分かること・・・・・。

法の下に、法に則り、執行したまで。
何も問題もない、当然のことである。


そう、街中でサバイバルナイフで7人も殺す方が、大問題なのである・・・・・。




こんなことを書くとまた、アクセスが減るな〜。
でも最近、それが快感になってきた。
自身の想いを書かずして、何の意味がるのか・・・・。
他人にどう思われるかなど私は気にしたことがない。
気にしてもしょうがない。
そう、服がいい例である。
私は服を似合う似合わないで買ったことはない。
自身が気に入ったか、気に入らないかである。店員や、他人がいかに似合うといおうとも、私は自信が気にいらなければ絶対に買わない。また、周囲がいかに反対しても、似合わないといおうが、自身が気に入れば絶対に買う。
そして着る。周囲の目など関係ないのである。そう、着るのは私自身なのだから。
そして、いずれ周囲も見慣れてくるのである・・・・。


所詮、自身は変えられない。
偽りの言葉は意味がない。キレイゴトや建前など。


好きな色が、心を表すともいう。
私は白と黒がすきである。

そう、白は何にも染まっていないから。
そして、黒は何にも染まらないから・・・・・。











































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も死刑制度に関しては容認派です。
刑の厳罰化は、犯罪抑止力になると思います。
最高裁で刑が確定した場合、速やかに粛々と実行して頂きたい。
samurai-kyousuke
2008/06/18 19:41
samurai-kyousukeさん、こんばんは。

おっしゃる通りだと思います。こうオカシナ奴が多くなってくると極刑はその抑止の意味でも必要だと思います。また、確定刑の執行についても、正に。

コメントありがとうございました。
イエローストーン
2008/06/18 22:01
イエローストーンさん こんにちは!
私も"死刑制度"は存続していくべきだと思ってます。
そうです、2年などまだ長すぎます。
中国なら速攻で執行されてます。

先日TVで「あなたが裁判員になった時にも"死刑判決"を出せますか?」という質問をされていました。
私は出せます。
無期懲役では終身刑にはならないし、いずれこういう人間が社会に出てくるということですものね。
ひかり市の母子殺害の被害者、本村さんを見ていると本当に強いし偉いと感動しています。
たとえ事件当時に未成年であってもこういう非道な事件では死刑も適用すべきだと思っています。

執行を渋る大臣が多いと聞きますが、そういう意味では鳩山法務大臣なかなかやるなと感じてます。

ご自分の思いを率直に記事にされているイエローストーンさんすごいと思います!
長々とすみませんm(_ _)m
なぎさ
2008/07/06 14:34
なぎささん、こんにちは。

ひかり市の本村さんをみていると、たまりませんね・・・。
本当に強い方です。

死刑はやはり必要だと思いますね。こういう時代だからこそ。

>たとえ事件当時に未成年であってもこういう非道な事件では死刑も適用すべきだと思っています。

正に同感です。

また、

>私は出せます。

これ、なかなか言えないことです。
なぎささんこそ、すごいと思います。

この記事、書いて正直、不安な思いもあったのですが、どうも最近歳なのか、自身がおさえられませんで・・・。
賛同のご意見本当にありがとうございます。



イエローストーン
2008/07/06 15:50

厳選記事

死刑執行・・・・・。  〜白と黒 取手物語〜取手より愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる