取手物語〜取手より愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS 質問される難しさ・・・・・。

<<   作成日時 : 2008/06/03 02:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

時代の情景」のトム(Tom5k)さんより、
映画に対する想いなどに関する点で、ご質問を昨日から頂戴した。


最初は素直に、私のできる範囲で誠意をもってご回答さしあげていたのだが、
あまり3つ、4つと続くと正直、ウンザリといか、不快な思いがした。
(トムさんごめんなさい。)

つまり、互いの意見をぶつけあう、主張し合うことはいいんです。
単純なんですね。自身の想いをぶつればいいのだから。そして統一の論点ならばある程度の返しも的確にできる。

ただ、論点が要は同じであっても、切り口をかえて質問された場合に、結局はそこへいきつくのだろうが、その切り口が普段接していないような切り口であったり、思想であったりすると非常に回答にこまってしまう。

まあ、自身で、要は自分の中で消化し回答するしかないのだが、いかんせんトムさんと私では引き出しの種類も数も違う。当然、重なる部分もわずかにはあるのだろうが。

それだけに正直私としては、難しいんですよ、そしていい加減なことを答えるわけにはいかない・・・、それとやはり時間が、時間を要するんですよね〜。違う切り口なんで。

それと、正に人は様々だなと痛感した。
今回の件で、人の意見、思想がさまざまで、映画への想いも様々であることは互いにわかっているし、納得している。
しかし、その違う想い、つまり共感でないから当然、反感を感じた、そして何故との疑問も感じた。
その点はでは互いに一緒なのだが、私は反論はすれでも、その疑問に対しての理由の追求は別に自己の中で欲しないですよね。その辺りも正に人様々であると今回痛感した。
そして、自己のとらない行動をうけた点が、余計に、感情をイラつかせる原因か・・・・。



それと、思想に対しても、物事に対しても頑固な私は、やはり自身で納得したり、気にいらないとその行動にうつせないんですね。
だから、この映画を是非と勧められても、なかなか見ないのが実情。
トムさん、含め勧めていただきました方々すみません。いづれは・・・、必ずや・・・・。


今回、大人げない対応をとってしまったか・・・・・。


ただ、やはり人間とは勝手でわがままなんでしょうね。






そして、私が人一倍思いこみがはげしいのか・・・・・。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

厳選記事

質問される難しさ・・・・・。 取手物語〜取手より愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる