取手物語〜取手より愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS 守谷の友人T君 〜もはや不思議ちゃん?!

<<   作成日時 : 2008/07/02 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

心の嵐、おさまりかけたように思えたががいまだおとろえず・・・・・。

一度、(いや、正確には二度なのだが)記述してしまうと、歯止めがなくなるのか。
いや、誰にも分からずとも、記事にすることで自身の心がいささかでも晴れるのであれば、精神がおちくのであれば、今の私は有効な手段である・・・・。


友人T君、会社の社長でもあるのだが、変わり者である。
本人は知ってか知らずか、知人のほとんどが、彼をそういう。
そう、以前一緒に所属していた団体の友人、先輩、後輩のほとんどが・・・・。

「ここの社長は、かわってるから・・・・。」


まあ、私の心の嵐の原因も、つきつめるとその辺りにあるのだが、今までもずっと感じていたことだが、最近、いや特に今日などは、もはや疑問というよりも、彼の思考の不思議さに笑ってしまうばかりである。


まず、今の時期は毎年比較的暇な時期でもあるのだが、私はそのような時は、デスクでホームページの内容の充実と、SEO対策の作業に時間を費やす。
これが、これはハッキリとではないが、彼にはあまり重要な仕事とは思えないようなのである。
今日なども、備品・使用材料の片づけをしろという。

しかも彼の特徴として、言ったことがすぐに内容が変化する。
先日に、片づけの件をいわれたのだが、また、この片づけ自体に疑問と問題があるのだが、それは後述するとして、その時に、
「今、やっている仕事の手が空いたら、片づけてくれ」ということだった。

たしかに片づけも一般的にみれば重要で、必要なことだが、生産性と利益には直接つながらない作業である。
私は、今、HPの内容充実(新商品のページ増加や、新たな分野の仕事の紹介など)を行っている。
これのが優先すべき仕事であるのはあきらかである。
また、SEO対策、これは継続的に作業する必要があるので、優先させることはずっと続けることを意味してしまうが、自身でキリのいいところまで、やっておく必要があると感じた。
一度に作業するには手間と時間がかかる作業なのである。

どちらが、生産性、利益追求につながる仕事か。
これは一般的な思考に加え、中のものにしかわからないであろうが、彼は、社員をあそばせることをきらう。
これは経営者として、だれしもが思う当然の思考である。
しかし、彼は、短絡的な思考部分がある。
つまり、生産性のない、無駄な行動を指示するのである。
今日指示し、やらせたことが、次ぎの日には否定され、無駄な前日の作業だったというようなことがよくある。
その日に限らず、前の作業が、否定される指示を次ぎに受けることがよくある。
彼にしてみれば、遊ばせるよりは何かをさせなくてはという、正に短絡的な思考なのである・・・・。

そのような面が見える為、また社員全員がそれを感じているため、また実際にそのような指示を多くするために、時には、ある社員が、

「じゃ、昨日俺が一日かけてやったことは何だったんだ。まるっきり無駄だったんじゃないか!」

と、くってかかられる事もある・・・・。

これも、嵐の一因・・・。いかに遊ばせないといっても、これでは、労働意欲、忠誠心など・・・・・。



そして、話は戻すが、今の時代、ネットの力はバカにならない。
実際にHPをみたからという、新規の問い合わせがけっこうある。
我が社は、全国的な規模で販売している建築物商品があり、まさにHPでの宣伝などは有効なのである。
実際に、日本全国に、新規開発の営業にでることは経費的に、また時間的に無理である。

日本全国のだれもが見られるネット、HPはうちのような日本全国を相手に販売する場合、最も有効な手段の一つである。それはある意味、営業活動に匹敵する。その内容充実とSEO対策の重要性が、どうも認識しておらず、PCで遊んでいるかのような言い方をされると非常に、不愉快であり、がっかりする。
私は、正に営業をしているのである!

彼にはそうみえずとも、これは社会的に、常識的にみて私が間違っているはずがない。
生産性のある仕事を私はしている。

今、我が社はある複数のキーワードでグーグル・ヤフー共にトップで検索される。
HPは、内容に充実は当然大切だが、いかに内容がよくても、見てもらわなければ全く意味がない。
そう、ある意味、内容の充実以上に、SEO対策は重要なのである。

彼は、なにもせずに検索1位になったとでも思っているのであろうか。
検索したときに、みても2,3ページ。そう1ページ目に検索され、できれば1,2位あたりに検索されるのが理想である。当社はある複数のキーワードでトップ検索される。他の同様の商品を販売する、うちなどとは全く会社規模の違う大きな会社をおさえてである。
こうするには、私は膨大な作業と何ヶ月にもわたる時地味な作業を繰り返してきた。

いまでこそ、落ち着いているが、以前は、トップだった翌日に、全くのランク外にはずされることも度々あった。
これからもSEO対策は継続的におこなわなければならない作業なのである。


あらたな新商品の開発も当然、必要であるが、ネットでの効果も今の時代は大きなものである。
この理解のなさ、これにはもはや笑ってしまるばかりである。
今一度いう、私は非常に生産性のある仕事を、全国をまわる営業に匹敵する作業をおこなっているのである。
これは、当然間違いのはずはない。





そして、その作業よりも彼が優先させろという、今回の片づけ。

会社から1キロほど離れたところ(かつての本社)に現在倉庫としている場所がある。
そこに、下水工事につかる部材が綺麗に、整頓され、各種類ごとにならべられている。

それを会社の物置代わりの小屋があるのだが、その小屋2つの中にもってきて並べろという。


今、倉庫に並べられている場所、その床面積は、移せといっている小屋のすくなくみても4倍はある。
そして、倉庫は棚が3段になって、その全てに部材が綺麗に並んでいる。
つまり、小屋の床面積の4×3倍の面積が必要。

ところが、小屋は2つ。しかも棚などはない。


種類や、あとで使うことを無視して、ただ小屋の2つに押し込んで、つみかさねて押し込むことは可能であろう。
しかし、今、わずか1キロ、車で1分のところに、綺麗に種類ごとにならんでいるのである。

私には、理解できない・・・・。

社長の、

「なんでやらない?」

に、複数の反感が。

まず、「手があいた時、今やっている仕事がおわったら」と言ったこと。

そして、どこに、どうやって?


私は言った。
「持ってくるのはいいが、置く場所をきちんと確保してからでないと、順番が違う」と・・・・・。


彼は、

「そうなら、そうで考えないと・・・。」

だから、考えてから、移すんだよ、普通。
しかも、誰がみても置ききれないことは明か。

グチャグチャに押し込むよりも、今のほうが・・・・。


う〜ん、もはや不思議である・・・・・。



まだまだ心の嵐は・・・・・・・。









週末は、飲みにでもいくかっ〜!!!!!

























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

厳選記事

守谷の友人T君 〜もはや不思議ちゃん?! 取手物語〜取手より愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる