取手物語〜取手より愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS 感動! 〜谷本歩実にJUDOでなく、柔道をみた。

<<   作成日時 : 2008/08/13 10:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

すばらしい返しの内股だった。

画像


ポイント制のJUDOに嫌気がさしていた中、久々に日本の柔道をみて、感動した。

谷本歩実、彼女のこだわった、

「一本をとる柔道」

これがみどとに開花した。

アテネ以来、それにこだわるあまり勝てない日々も続いたようだが、やはり日本の武道としての柔道というものに、こだわり、スポーツ競技化してしまった中、その精神にこだわり、貫いた結果であろう。


あの谷にしても、他の選手にしても主審のはっきりとした根拠のない主観によるポイント、
組み手争いの中での攻防や、そして技のかけ損じにおける“かけ逃げ”等の判断には怒りを感じていた。

ましてや、振り返ればシドニーでの篠原選手の「内股すかし」が認められなかった最大の誤審までおもいだしてしまった。あれは完全に誤審である。「すかし技」も理解、判断できないJUDO、審判には怒りが・・・・。



そもそも私には「効果」なるものが理解できない。
日本の柔道、講道館規定には「有効」までしかない。

その「有効」でさえ、何回とろうと「技あり」や、「一本」にはならない。

これも国際化したなか、武道ではなく、スポーツ、競技としておこなわれる以上しかたないことか・・・・・。


やはり、現実的は無理がおおいのだろうが、競技時間の中で勝ち負けを決めるにはポイント制を導入するしかないのだろうが、やはり技に対するポイントはまあ、この際「効果」もいいだろうが、反則、その消極的な姿勢にたいする指導や、「かけ逃げ」の判断はどうしても納得できない部分がある。

ただ、実際に大きく腰のひいて、まともに組まない外国人選手をみると腹がたち、反則も必要だと感じるが、その反則が不当に下される場合が日本人選手には多く感じるのは私だけか・・・・。


私個人的には、谷本歩実選手の精神、考えには非常に共感する。
ポイント制のJUDOの中で、柔道をとり、それで負けるのならしかたがない。

個人それぞれに考えがあろう。
JUDOを理解し、勝つためには、柔道でなく、JUDOをとる選手もなかには日本人でもいるであろう。
そう、負けては意味がないと。
4年間、いやそれ以上に日々、練習を重ね、苦労をしてきた選手からすればその考えが当然かもしれない。
だが、非常に無責任にいわせてもらうと、やはり一本をとる日本の柔道をとってほしい。
それでまけたのならしようがない。JUDOにまけたのだから・・・。

ただ、それも相手が組んでくれないとね・・・・。
やはり、理想か・・・・。

だが、現実に谷本はそうしたし、それができた。
自身から、しかけて、なんとか組み手をとって、技をしかけて一本を狙ってほしい。

こんなこと、私なんかが言わなくても、日本選手は全員そう思っているとおもうけど。






ただ、現実には・・・。
まあ、柔道ではなく、JUDOなのでしようがないのでしょうね・・・・。




その中、谷本はやってくれた!
固め技でオール1本勝ちしてきた中、ついに決勝で会心の投げ技、内股だった!

画像




明治15年に嘉納治五郎が講道館において創始した武道である、柔道。
「精力善用」「自他共栄」を基本理念とし、「柔能く剛を制し、剛能く柔を断つ」を真髄とするこの柔道。

美しく一本を決める。

「日本の柔道に恥じない、一本をとる柔道」

その精神を彼女に見た。


非常に美しい一本だった。


北島も感動したが、「お父さんの仕事をした」内柴もよかったが、それ以上に、怒りとウヤムヤがたまっていた柔道だけに、痛快で、非常に感動を与えてくれた。



表彰台での彼女の笑みがとても美しく、そして、「日本の柔道」で勝った彼女による金メダル、国歌「君が代」が流れる中、掲揚される国旗「日の丸」がとても誇らしげに感じられた。

画像


画像






ご両親や、おじいちゃん、おばあちゃんもとても嬉しそうでしたね。
そして恩師、古賀も。



彼女の貫いた信念、非常に美しい姿勢、まさに金メダル。


そして、この記事ないでも早くも矛盾するが、結果がついてきてこそ、賞賛され、感動をあたえるんだね・・・・・。
みんなもちろん、一生懸命やっているのだろうが、やはり勝たないと・・・。

だからポイントでもなんども勝てばいい・・・。
いや、それは違う、それでは感動はしないんだね。





あと、関係ないけど修造はあいかわらず熱いね。
キャスターとしてはどうかと思うけど、あの熱さは応援する身としてはある意味感動する。

さめてオリピックを見ている人、興味のない人にはうざいだろうけど。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
谷本歩実がオール一本勝ちで五輪連覇!!・・・柔道女子63kg級
連覇 ...続きを見る
   た わ ご と   
2008/08/13 10:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
谷本選手の試合見たさに、一日中家にいました。(笑)
表彰式の彼女は本当にキュートでしたね。
解説の山口さんも言ってましたが、実力は有るのにオリンピックだと実績を残せない選手がいる反面、彼女は五輪の神様に愛されてるんでしょうね。
応援しておりました。
2008/08/14 23:12
ほんと、表彰台での彼女の笑顔はとてもよかったです。
山口香さんのその言葉は私も聞きました。
そう、以前のヤワラちゃんのようにオリンピックでだけ勝てないというようなことはありますね。
あと、その日に、コンディションを最高にもっていくことの難しさもあるのでしょうね。
その点、彼女自身の調整の努力もあるのでしょうが、オリンックで負けなしの彼女は、本当にオリンピックに愛されているのでしょう。
コメントありがとうございます。
イエローストーン
2008/08/15 08:00

厳選記事

感動! 〜谷本歩実にJUDOでなく、柔道をみた。 取手物語〜取手より愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる