取手物語〜取手より愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS バラエティ出・・・・。松嶋菜々子

<<   作成日時 : 2009/09/06 09:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、フジの手塚先生のアニメ「ジャングル大帝」の絡みで、声をあてた時任三郎と松嶋菜々子が「めちゃいけ」のやべっち寿司に出演した。

そのなかで、岡村が、

「あまり松嶋さんはバラエティはおでになりませんものね。」

「ええ。」


このやりとりに、え〜っ、だれが?

ある意味バラエティ出だろ!(←さすがにこれは言い過ぎか?)

みなさんのおかげですは?




よほど松嶋サイドはなかったことにしたいらしいいが、これは暴露でもなんでもない。
以前も記事にしたが、

 「ななまる、くねくね 〜松嶋菜々子

過去をほじくりかえすなという人もいるかもしれないが、私は人間というのは自身の過去は消せないと考える人間です。
どんなに辛い、悲しい過去でも、いい思い出と共有して共に成長し、生きていくしかないと考える人間です。
自身の過去は決して消せない、いや消してはいけない。たとえ何らかの過ちを犯した過去でもそれをふまえ、改心し、成長して生きていく。繰り返すことをしないためにも忘れてはいけないのである。

もちろん、隠してていたことをわざわざ暴き出す必要はない。
だが、これは違う。

当時の全国ネットのテレビのゴールデンで流れていたのである。
それも単発ではなく、コーナーで何度も出演したもの。本人の本意でなくとも、仕事としてやったもの。
その世代の人なら全員が知っていること。

そして何よりも、私が松嶋菜々子という芸能人をしったのはこの「みなさんのおかげです」のここナナコ隊員であのである。


ただ、
親となった今の立場では子供にみせたくない気持ちは当然わかる。子供がいじめられれるかも等々。

だが、だとしたら当時、先のことを考え、どんなに下っ端であろうとも、事務所に強要されようとも断固として断ればいいのである。それをとにかく仕事にとびついた。イヤでも本人がやったということは結局そうである。
何としてもイヤなら芸能人をやめればいい。
自ら子供語る必要はない。子供には知らせないほうがいいことも多くあるであろう。
だが、どこかで過去のソレが露出されることをなくしたり、間接的にでも知ることをかくすことは私はどうかと思う。

くどいようだが、それは自分自身が歩んできた道なのである。
こういうことだからこそ、過去の事と悠然と事実を認めるのが親であることも含め、大人であると私は思う。

自分の過去には自身で責任を持つ必要がある。そして、

繰り返すが、自身の過去は消し去ることは絶対にできないのである・・・・・。



というか、そんなたいしたことではないでしょう。
ゴールデンでの放映ないようですから。

やはり笑い飛ばす位の人間的器量があってほしい・・・。




私は、いまだから、主演をはる女優となった今でこそ、「みなさん」に今一度でるくらいの器量があってほしい・・・・・。


「こんなこともやってたんですね。」

と貫禄で笑い飛ばしてほしいものである。










あっ、私は彼女好きなんですよ。救命病棟(だが、これはあくまでも江口のドラマ。
二人ならんでファーストクレジットされのは私はどうも違和感がある。そういうところがどうも・・・・)も夢中でみてます。
ただ、大女優ぶって過去をけすようなことをすることははすきではない・・・・・。



どうもこのことになると、私はムキになるようだが、どうしてもなかったことにしようとするその態度が・・・・・・。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

厳選記事

バラエティ出・・・・。松嶋菜々子 取手物語〜取手より愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる