取手物語〜取手より愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS 先端技術、科学がすぐに我々の日常生活に必要だろうか・・・。

<<   作成日時 : 2009/11/26 12:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

技術の進歩は、要はわれわれの生活を豊かにする。

だが、研究で、湯水のように税金を使うのはいかがなものか。
金の心配をしていてはいい研究はできない。

だが、一国民からすれば、素直にうなずけるものではない。


進歩はいいが、今の生活をよりよくするのはいいが、私は、
私は今のレベルで十分である。
私には十分にデジタル過ぎる。


そんな次元の研究じゃないって?!

それならなおのこと、そんな研究は一般国民にはさほど重要ではない。
困窮している現状で先を競って大金をつぎ込むべきことではない。
人材の育成?
それは全て金なのか?
最先端技術の研究がとまることで、多くの一般国民がすぐに困るのか?



それこそ、他国が開発した技術を、それを利用してもいいではないか。
今の世で、一般国民の日常生活で、今以上の進歩を急激に要する必要があるとは私には思えない。


私は、研究者、技術者のエゴのような気がする。


要は、いままできた研究ができなくなるのを心配しているのである。
なら、自力で研究費を捻出すればよいではなか。


頭のいい人の言うことは理解ができない・・・・。



まあ、頭の悪い人間、日々の暮らしにピーピー言っている貧乏人からの切なる声。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

厳選記事

先端技術、科学がすぐに我々の日常生活に必要だろうか・・・。 取手物語〜取手より愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる