取手物語〜取手より愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマト・・・・・ 。地球か、何もかもみな懐かしい・・・・。ヤマトへの複雑な想い・・・・(再追記)

<<   作成日時 : 2010/12/04 00:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 43 / コメント 0

もろ、ヤマト世代の私。

そう、ヤマト、999、もろなんです。



ガンダムで、もう私はついてゆけません。


で、ヤマト。

観ないわけにはいかないので、鑑賞しました。






http://www.youtube.com/watch?v=vsDHObtCzRE



感想は・・・・・・・。


本編に対する私の基本的な想い、

いかなる映画も、いかに原作があるものでも、その作品は、それ独自のものとして鑑賞しなくてはならない。

これが原則なのですが、

もちろん例外があります。


想いの深い作品は、原作の核が、その核、原作があるものには、その描くべき核、これがいかに取り込まれているか、

もちろん、独自の作品として、映画版として観なくてはいけないのですが、

オリジナル脚本でない限り、これは宿命なんですね・・・・。

いかに原作を理解し、愛しているか。

原作があっても、原案利用程度で、全く違う本にしてしまうほうが、逆に楽しめる場合がありますよね。

それほど、原作があるものはきつい。

私の中では、横溝作品、そう、金田一とかね、あれは何度もいいますが、
おどろおどろしさなんていうのは、幻惑なんですよ。核ではないんです。
それを、大抵のバカな脚本家や監督は、おどろしさを、本質としてしまう。

犬神家でいえば、三種の神器の呪いが核などと、バカな脚本をかく素人以下の脚本家もいる。
あっ、ちょうどこの脚本家のようだが・・・・。
(いい本を書く場合もあるのだけどね・・・・)

核は、本質は、人間の業なり、深い想いなんです。


おっと、脱線・・・。


ヤマトもね、やはりこの私の原則にとてもあてはめれらない、想いの深い作品なんです。
ヤマト世代でない人は、アニメを観てない人はいいかもしれないけどね・・・・。






いきなり、波動砲つかうなよ。

波動砲の最初の発射は木星の浮遊大陸を、ガミラスの基地だけではなく、その意に反して大陸ごとふっとばさなくては・・・・。

そして、波動砲を安易に使いすぎるっ。




スターシャは、サーシャは?

イスカンダル=スターシャだろっ!

これを描かないんなら、イスカンダルを出すなっ。






イスカンダルとガミラスの関係も、あ〜あ、なんてこった。最悪だ。
バカじゃないの。あり得ない・・・・・・・。

ひとつの星ではダメなんだよ。二重惑星でなくちゃダメだろっ!



森雪はレーダーをみてろっ!
そして、何で黒髪?


古代さん、じゃだめだろっ!
古代君だろっ!


ちゃんとガミラス星人をだせっ。

なんだ、あのガミラスの戦艦は?
変なエイリアンにするなっ!


クスモクリーナーは?

確信なく、14万8千光年に旅立つなよっ!



なぜ、デスラー艦が、デスラー砲が・・・・・。

瞬間物質輸送機は?

ドメル将軍は?







伊武がせめてもの救いか・・・・。



それと友人E君も言っていたが、計器類がね、デザインが松本零士してないんだよね〜。
こういうところは、凝ってほしかった・・・。

艦長席と艦長室も艦長の椅子で自動で移動できないとね・・・・。
あれで艦長室からおりてくるのがいいんですよ。








『地球か、なにもかも みな 懐かしい・・・・』

この台詞が、

この名台詞が、全く生きない・・・・・。

クズ脚本であるっ!!!

この台詞のあとに事をおこすなっ!!

艦長を安心して、安らかに眠らせろっ!!!!!


そして、

そしてっ、

沖田艦長の亡骸をちゃんと地球へかえせっ!!




沖田艦長は地球に還り、英雄の丘にその勇姿を永遠に残さなければいけない・・・・。



まるで、まるで分かっていない・・・・・・・。









3部作くらいにして、もうちょっときちんと描けなかったのでしょうか?
金がないか。







アニメとは別ものとして楽しみましょう。
当たり前か・・・・・。



でも、それでも、これはヤマトではない。

こんなのでは、俺は全く泣けない・・・・。



14万8千光年、往復29万6千光年の旅はこんなものではない。


ヤマトは無事、地球に還らなくていけない。

イスカンダルからの帰還はハッピーエンドでなくてはならいのである。


そう、ヤマトがなくなるのは、古代が死ぬのは、『さらば』でなくてはならない。

(劇場版である『さらば』と、TVの『ヤマト2』は別物ですよ。
  『さらば』のあとですからね、2がはじまったのは。

  さらには、『新たなる旅立ち』は、本来TVスペシャルですからね。そう、2の続編としての。


   まあ、厳密に言うと劇場版の1も、最初は全くのTV版の再編集ものではないのだけどね。
    幻のスターシャ死亡編)


まあ、当時、

私の中では、ヤマトはこの劇場版『さらば』で一度終わったんです。その想いが強かった。

なので、TVで2が始まったときには、何故?と違和感を当時もったものです。
というか、子供心に裏切られた想いが。

あの『さらば』はなんだったんだと・・・・。

なんかだかんだ言っても観ましたけど。
TVと映画は別なんだと自分に言い聞かせましたけど・・・・・。


松本零士が特攻を美化するのをきらったようですが、
これは私がこのブログで何度も書いているように、いかに描こうと、特攻=戦争美化とはならないのです。

その勇気を讃えることは決して間違いではないのです。
命令ではない、愛する人を守ろうと、命がけで守ろうととしたその必死で純粋な末端兵士達の想い、勇気。
それは絶対に否定させませんっ!
その勇気を讃え、特攻という愚かな間違った狂気を、戦争の狂気を知る必要があるのです。
これに関して、松本は完全に間違っています。

特攻のどこが美しんですかっ!



1は、かれのこだわり通り生還するのが核です。これは正解だと強く想います。

が、特攻が、私はどう描こうと美化とは、いかにその行為を、勇気を美しく劇的に描こうとも美化とは想わないし、想えない。
劇的に描けば描くほど、美しく描けば描くほど、その行為の愚かさが、戦争の狂気を痛感させられる。

そして特攻とは間違いなく讃えるべき勇気であると同時に、愚かな狂気の沙汰である。
特攻とは勇敢ではあるが、決して美しい行為でなないのです。


これを区別できない、

いや、一緒くたにしか考えられない愚かな人間が多すぎる・・・・・。

そう、英雄視は危険などと命を書けた彼らを侮辱するようなことは許さない。

全ての国民がそうであるが、
民間人も兵士達も、一部の上層部をのぞき、
愛する者をただ、純粋に守りたいと命をかけて戦った全員、

その中には当然、特攻隊員達も含む。
彼らは間違いなく英雄である。

愚かな狂気を強いられた英雄なのである。





どう考えても敵に体当たりすることが美しいはずがない・・・・・。狂っている・・・・。
だが、その勇気を否定することは完全に間違いです。

『さらば』は、あれでいいんです。
あれで、人類は、愛する者を守るためには戦わなくてはならないと同時に、
決して戦争などをしてはいけないと強く想うのです。感じるのです。

そして、本来、ヤマトはあれで完結すべきだったのです。
そこに、松本の想いが、そしてさらにはずるずると商業主義が・・・・・・・・・・・・。



ということで、共感できる、『さらば』は私は大感動でした。

そして、私のヤマトはここで、この『さらば』で基本的に終わっています。



『さらば』での、ヤマトの水中からの発進シーン。
島が現れず、仕方なく古代がヤマトを発進させます。
が、途中で彼が・・・。

“上出来だよ、古代”

これがいいっ!

1作目の最初の発進シーンもいいが、この水中からの発進、私は好きだ。


“沖田の子供たちが行く・・・・”



加藤たちが、新しい機、コスモタイガーで乗り込んでくるところもいいっ。

http://www.youtube.com/watch?v=qkhfHOTp8DU&feature=related






『ヤマトより愛をこめて』、ジュリーのドーナツ盤、当然かいましたよっ!



う〜ん、やっぱり別ものとしてはどうしても観られない。
主題歌も、アレじゃなきゃ、ダメなんだよっ!!

阿久悠と宮川奏が書いたんだぞ!

今一度OPを。






まあまあよかったのは、最初の波動砲発射の過程の時くらい・・・・。


ターゲットスコープ オープン

電影クロスゲージ明度20

対ショック、対閃光防御・・・・・・・




でも、やはりこっちでしょうっ!!



こっちは、1作目でない映像ばかりかな・・・・・。



俺の波動砲が発射寸前だ〜!!!!





名曲『真っ赤なスカーフ』
EDはこれでしょうっ!






最後にもう一度、


イスカンダルからは、
ヤマトは無事に還ってこなくてはいけないのですっ!!




これが艦の本来の姿。

美しい青い海に、優雅にうかぶ戦艦の姿。
これが、戦わない戦艦こそが、
本来あるべき姿なのです。

そう、優雅に美しい広大な海にたたずむその姿こそが・・・・・。

















まあ、香取版座頭市のときほどでは・・・・・・。





だが、

だがだよ、

諸事情は大人として理解するも、なぜTBSがヤマトを記念作品としたか、アニメ放映は日テレとフジだったような・・・・、

そして、単発という様々な制限、

しかし、それでも・・・・、


キムタク?

でなきゃ、集客できないか?

いや、なぜ得体のしれないエイリアンにする必要が?時間と金か?

本意が、核が理解できない・・・。



まあ、それぞれの人のヤマトへの想いが、それは尊重する上で、

あえて、


私は、


このヤマトは、どうしても、

このヤマトは・・・・・・・・・・、


やはり、

ないでしょう・・・・・・・・・・。












ただ、日本の映画として、頑張ったとは想います!









だが、ヤマトではない。

2時間では、宇宙の空間を、その広がりを描けない。
それは999にも通ずる松本氏の想いなのである。

なぜ、あの赤い地球をえがいたのか。
それは、あの美しい地球、青い地球を取り戻すため。
それがイスカンダルへの長い旅路、
それは、スターシャへの想い、彼女がこの作品の真のヒロインなのである。
その彼女を描かないとは・・・・・。
核が・・・・・・・。

画像




そして、この作品の醍醐味は、

“地球滅亡まであと・・・・日”


これは1回では、そう、
イスカンダル編は1回では、
絶対に描けないのである・・・・・・。







音楽ひとつにしても、今は存命でなくとも、ヤマトの音楽は宮川奏以外いないのである。
その点からも、これはあのヤマトでは、
絶対にないし、

絶対に認めない。

私はこれを認めるほど寛大では、まだない・・・・・。
要は子供なのか、フッ。

それでよかろうっ!

子供で結構!!!!


私には、
変える本意が理解できない。
私には、わかっていないとしか想えない。

だれがなんといおうと。



『さらば』のときに、オリジナルサウンドトラックを買った者としてはね、
ヤマトの音楽=宮川奏なんだよね・・・。

















主題歌はね、これ以外ないんですよっ!


1作目、イスカンダル編はっ!

わるでしょうっ!!


これを使わないこと自体が、もう理解できない。


必ず還ってこなければいけないんですっ!
ヤマトはっ!!!!!!!!!!!!!







期待してはいけないと自分に念をおしつつも、心の奥底では、実はワクワクしていた自分がちょっとあっただけに、
とても残念な作品でした。







1作目を、イスカンダルへの旅を単発で描こうとしたこと自体、
そして、ヤマトという原作の力を甘くみていたのでは・・・。

エアロスミスの奴にうたわせてどうする?

あの戦艦大和がもとなんだぞっ。
あの偉大なる主題歌を使わない上に、
外人に唄わせてどうする。



実写版だろうと、なんだろうと、ヤマトの、イスカンダル編での主題歌は

あの『宇宙戦艦ヤマト』以外にはないんです。



新しいものを、別ものとつくりたいのなら、『ヤマト』をつくるなっ。


オリジナルで勝負しろっ、ってことですかね。



オールドファンの想いが・・・・・・・・・。









【補足】

アニメを知らない世代の方にとっては多くの疑問点があるようですが、
2つだけ。

まず、高島礼子演じる佐渡医師は原作では酒好きの年配の男性医師です。一升瓶を片手によく飲むシーンがでてきまます。
女に設定をかえても、原作通りに描いたのがその点なのです。

また、愛犬のネコですが、アニメでは同行していたかな?

ミーちゃんは、松本作品を代表するキャラクターなのです。

知らない方の為に念のために・・・・・・。





【追記】

やはり、本当のファンではないと言われようとも、
私の中で、ヤマトは、

TV版の26話

そして、


劇場版の『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』

これで完結なんです。


なんとしても生還するという1作目のコンセプトと『さらば』の特攻という松本氏の意に反した結末に一連性を感じないという意見もありますが(私の中ではこの『さらば』で完結しており、以降の作品は基本的に認めていないので余計にそうなんですが、)、私の中では成立しています。

この『さらば』で完結しているのです。
ヤマトの終わり方として、愛する者を守る為に、反戦をうたう為に、ヤマトにはこの終わり方しかないんです。

作品が違うので、コンセプトが違うのは当たり前です。
あの地球絶滅の危機から脱した地球は太陽系を征服するがごとく開発を始めます。
古代たちはそれに疑問を感じます。

自分達はこんなことをさせるために29万6千光年の旅から生還したのかっと。

これがコンセプトです。
そして、この劇場版で、オリジナル劇場版1作目といっていい『さらば』で、ヤマトはその愛する者の為に終わりを迎えるべきだったのです。

特攻を美化するとか、死ぬことを美としたとか、そんなことは・・・・・。

実際の戦争において、その時代にはいなかった我々、鬼畜米英と教育され、実際に砲弾を受け、殺し合いをしていた事実。

捕まるくらいなら・・・・、また、

愛する者を、

家族を守る為に、

本意ではなくとも・・・・・・・。


この末端の民間人の、そして兵士達の想いは、勇気は絶対に否定させませんっ。

だれも自ら死を望むわけなど絶対にないのです。
当時の、その状況におかれた人間にしか理解、納得できない現実と想いからそう決断し、実行するのです。

それを今の平和なのほほんと生きている我々が、否定することなどできないし、絶対に許されないのです。



断言します。


ヤマトは、『さらば』で、あの松本氏が納得せずとも、

あの終わり方で、TVシリーズの続きとして、無事に完結したのです。





おまけとして、

許容範囲として、

TVのヤマト2→新たなる旅立ち までかな・・・・。


それ以降は、一応見た気もするが、あまりよく憶えていないし、想い入れはなく、夢中ではもうなかった・・・・。


やはり、『さらば』で、終わってるからね・・・・・・。










本作は、多くの方が記述しているのように1作目と『さらば』のいいとこどりのような、なんとも過程もそうだし、イスカンダルでの戦いも大雑把というか、諸事情あるにしても、そのあたりがどうも・・・・・。






あと、もう一言いわせてもらうと・・・・。


完成したあとでも、なんだろうと、

原作者である西崎義展氏に本作を捧ぐ というクレジットの付け足しと、その気持ちがほしかったですね。
そして、もうすこし、松本零士色を入れてほしかった。

いろいろとゴタゴタがあったようだが、原作者と最初の監督及びメカ・キャラクターデザイン者だからね。

この二人の想いを、原作を甘くみているとしか・・・・・・・・・・・・。

やっぱり、私の中のヤマトは西崎のものだし、松本零士のヤマトなんだよね。




実情はどうであれ、あくまで個人的な想いとしては、それがどうしても、許せない・・・・。








このヤマトへの想いは、

下記へ続く・・・。

    

    http://toridestory.at.webry.info/201012/article_3.html  












宇宙戦艦ヤマト【劇場版】 [DVD]
バンダイビジュアル

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇宙戦艦ヤマト【劇場版】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(43件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SPACE BATTLESHIP ヤマト
公式サイト。山崎貴監督、木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、池内博之、マイコ、堤真一、高島礼子、橋爪功、西田敏行、山崎努。2199年、地球は謎のガミラス星人の遊星爆弾 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2010/12/04 23:08
映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(お薦め度★★★)
監督・VFX、山崎貴。脚本、佐藤嗣麻子。原作、西崎義展。2010年日本。SF映画 ...続きを見る
erabu
2010/12/04 23:13
SPACE BATTLESHIP ヤマト
いわずと知れた国民的アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の実写映画化だ。ガミラスの攻撃により放射能に覆われた地球の最後の希望として、イスカンダルへと旅立つヤマトの戦いの旅を描いている。監督・VFXは『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴。主人公の古代進を木村拓哉、ヒロイン森雪を黒木メイサが演じる。山崎努、緒方直人、柳葉敏郎ら魅力的な共演者にも注目だ。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2010/12/04 23:44
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」わずかな希望の光の先にみた散った者たちの愛する想い
12月1日公開の映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を鑑賞した。 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2010/12/04 23:57
SPACE BATTLESHIP ヤマト
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK名作アニメの実写化もついにこの作品まできたかと、感無量だ。同時に、往年のヤマトファンの反応が激しく気になる。2194年、外宇宙に突如として ... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2010/12/05 00:21
SPACE BATTLESHIP ヤマト
主演役者は不安だけど、山崎貴監督がどこまでやらかしてくれるのか期待をして『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観てきました。 ★★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2010/12/05 00:22
映画[ SPACE BATTLESHIP ヤマト ]デスラー総統はあなただったのか!
映画[ SPACE BATTLESHIP ヤマト ]を吉祥寺で鑑賞。 ...続きを見る
アロハ坊主の日がな一日
2010/12/05 00:34
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 | 邦画史上最高レベルのVFX。いろいろな意味で必見
まずはよかったところから。 ...続きを見る
23:30の雑記帳
2010/12/05 03:08
[映画『SPACE BATTLE SHIP ヤマト』を観た]
☆<MOVIX昭島>に行くと、チケット売り場の女の子たちが、全員、「ヤマト」のユニフォームを着ていたので、かなり度肝を抜かれた^^; ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2010/12/05 05:56
[映画『劇場版 BLEACH 地獄篇』を観た(ザエルアポロの話^^;)]
☆熱狂的な『ブリーチ』ファンではないが、いちお、少年ジャンプでは欠かさず読んでいるし、<ワーナーマイカル>のタダ券もあったので、姪っ子と観に行った。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2010/12/05 06:00
劇場鑑賞「SPACEBATTLESHIPヤマト」
「SPACEBATTLESHIPヤマト」を鑑賞してきました国民的アニメの金字塔「宇宙戦艦ヤマト」を豪華スタッフ・キャストで実写映画化したSFアドベンチャー。22世紀末、正体不明の敵によって... ...続きを見る
日々“是”精進!
2010/12/05 06:21
映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 感想と採点 ※ネタバレあります
映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を、本日(12/1)映画の日で鑑賞。観客は100名程。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog
2010/12/05 07:16
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(2010)
実写版の『宇宙戦艦ヤマト』、やっぱり気になって公開初日に観て来ちゃいました。 先にちょこっと感想UPしましたけど、この作品についてネタバレなしで書くのは難しい。 という訳で、予備知識を仕入れたくない人はここで回れ右。 御覧になったら戻ってきて下さい。よろしく。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2010/12/05 08:04
SPACE BATTLESSHIP ヤマト
「ワープ」と「波動砲発射」という台詞に、我々は心が踊る。沖田艦長(山崎努)や機関長の徳川彦左衛門(西田敏行)に佐渡先生(高島礼子)が原作の味を残していて、古代進(木村拓哉)と森雪(黒木メイサ)のカップルが似合っている。VFXも水準を納得でき、ヤマトが敵の集中 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2010/12/05 08:36
SPACE BATTLESHIP ヤマト
1974年の放送以来、国民的アニメとして長きに渡り人気のあるテレビアニメ 『宇宙戦艦ヤマト』を実写映画化したSFアドベンチャー。 正体不明の地球外生命体によって地球が汚染され、人類滅亡の危機に陥った 地球を救うべく、わずかな希望を胸にはるか彼方のイスカンダル… ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2010/12/05 09:24
SPACE BATTLESHIP ヤマト
VFX映像と黒木メイサの森雪だけが見どころ。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/12/05 10:35
SPACE BATTLESHIP ヤマト
TV、劇場版アニメの実写映画化。 監督は「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴。 ...続きを見る
花ごよみ
2010/12/05 13:55
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を惑わせる3つの「原作」
 【ネタバレ注意】 ...続きを見る
映画のブログ
2010/12/05 14:03
SPACE BATTLESHIP ヤマト (試写会)
ヤマト 発進波動砲 発射公式サイト http://yamato-movie.net12月1日公開監督: 山崎 貴 「リターナー」 「ALWAYS三丁目の夕日」主題歌: 「LOVE LIVES」 (ステ ...続きを見る
風に吹かれて
2010/12/05 14:59
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 久しぶりだな、ヤマトの諸君。また会えて光栄の至り。
ついに公開が始まったヤマトを観に行って来ました。後悔することがないように願いながら・・・。すると、スクリーンに映し出される驚愕のアイディアに歓喜し、すっかり引き込まれてしまいました。この作品は、見ておいて損はないと ...続きを見る
コナのシネマ・ホリデー
2010/12/05 15:22
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』・・・波動砲発射シークエンス
第一艦橋や機関室の各クルーたちがコールしながら進んでいく波動砲の発射シークエンス。原作アニメ放映当時小学生だった私はとにかくヤマトが大好きで、特に波動砲の発射シーンには毎回胸を躍らせたものだ。古代や徳川が発する発射までの一連のセリフを真似てのヤマトごっこ、その意味も充てる漢字もよくわからないのに(笑)みんな夢中だったなあ。 ...続きを見る
SOARのパストラーレ♪
2010/12/05 15:31
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 ('10初鑑賞155・劇場)
☆☆★−− (10段階評価で 5) 12月1日(水) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン6にて 19:00の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2010/12/05 17:10
SPACE BATTLESHIP ヤマト
観てきました。 <新宿バルト9> ...続きを見る
お萌えば遠くに来たもんだ!
2010/12/05 22:13
SPACE BATTLESHIP ヤマト・・・・・評価額1500円
ザ・ニッポンのSF! アニメ史上のエポックであり、今なお絶大な知名度を誇る、「宇宙戦艦ヤマト」が遂に実写映画化。 昨年、制作が発表された時は、半分ネタ映画だと思ったし、ぶっちゃけたところ、あまり期... ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2010/12/05 22:35
SPACE BATTLESHIP ヤマト
どうしようか迷ってたんだけど、「UCとしまえん 」で、1000円になるクーポンをもらったので。 土曜日の夕方に、急に思い立って「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」を鑑賞。 ...続きを見る
いい加減社長の日記
2010/12/05 23:17
SPACE BATTLESHIP ヤマト
2010/12/01 日本 138分監督:山崎貴出演:木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、西田敏行、高島礼子、堤真一、橋爪功、池内博之、マイコ、矢柴俊博、波岡一喜、三浦貴大、斎藤工 ... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2010/12/06 10:00
SPACE BATTLESHIP ヤマト あ―あかんやん!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!
【{/m_0167/}=54 -15-】 「ぜ―ったいに観ないっ!」って宣言しまくっていたのに、やはり怖いもの見たさで、ついつい観てしまった。 12月1日は映画の日、しかもどっちにしろ意味がないが水曜日はレディースディ、映画館に足を向けさせるには絶好の日で、まだ忘年会シーズンも本格的に始まっていないし、スケジュールも空いている、そんな思惑からか、この映画の封切りは異例の「12月1日(水)」。 とにかくスタートダッシュを決めたかったのだろうな。 その企みは見事に成功か、TOHOシネマズ梅田では、T... ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2010/12/06 10:31
SPACE BATTLESHIP ヤマト
明日なき惑星&hellip;その名は、地球。最後の希望&hellip;その艦は、ヤマト。人類最後の希望を乗せて&hellip;宇宙戦艦ヤマト、発進!物語:外宇宙に突如現れた正体不明の敵・ガミラスが、 ... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2010/12/06 13:41
「SPACEBATTLESHIPヤマト」感想
映画を見に行くのではなくヤマトを見に行くための映画。何もかも皆懐かしい・・が、それだけで終わらない。「誰かがこれをやらねばならぬ」なら、やってやろうという意欲を感じさせ... ...続きを見る
帰ってきた二次元に愛をこめて☆
2010/12/06 19:00
SPACE BATTLESHIP ヤマトは・・、はたして、宇宙戦艦ヤマトか・・?
今日は・・、映画館に、来ているんだ・・。 ...続きを見る
「月乃」 を 独逸語で monden と...
2010/12/06 21:22
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』
2010年/東宝/138分 【オフィシャルサイト】 監督:山崎貴 出演:木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、池内博之、マイコ、堤真一、高島礼子、橋爪功、西田敏行、山崎努 ...続きを見る
kuemama's_webryblog
2010/12/07 09:54
「SPACE BATTLESHIPヤマト...
 第1次アニメブームの火付け役となったSFアニメの金字塔を、「ALWAYS」の山崎貴監督・VFX、木村拓哉主演で実写映画化。  今なお多くの根強いファンを持つ作品だけに... ...続きを見る
狂人ブログ 〜旅立ち〜
2010/12/08 22:07
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ヤマト、発進!!
[宇宙戦艦ヤマト] ブログ村キーワード  プロジェクトの始動が発表されて以来、様々な方面で賛否の物議を醸してきた、あの名作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の“キムタク版”…もとい、“実写版”映画が遂に完成、そして公開!「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(東宝)。アニメ版「ヤマト」世代ど真ん中の吾輩、“ワクワク、ドキドキ、ビクビク?”“興味津々、怖いもん見たさ”『大丈夫なんかな〜?』という、期待&不安&興奮(何せ1年前の「復活篇」では、ヒドイ目に遭いましたから…(>_<)、その他いろ〜んな感情... ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2010/12/08 23:38
SPACE BATTLESHIP ヤマト と ぷぁイオリズム
ヤマト予告を劇場でみて→「ヤマト実写版の予告が案外イケてた件 」 ...続きを見る
ハクナマタタ
2010/12/09 13:05
SPACE BATTLESHIP ヤマト
あまり観る気もなかったんだけど、家の息子の一人が黒木メイサの大ファンで(笑)、、、「メイサメイサ」と五月蠅いものだから連れて行ってやることに―【story】2194年、外宇宙に突如として現れたガミラスが地球への侵攻を開始し、人類の大半が死亡してしまう。5年後、地球が放射能で汚染される中、かつてエースパイロットとして活躍していた古代進(木村拓哉)は、はるか彼方のイスカンダル星に放射能除去装置がある事を知り、宇宙戦艦ヤマトで仲間と共にイスカンダル星へ向かう―     監督 : 山崎貴 『Return... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2010/12/09 16:43
映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
先日、話題の映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を鑑賞。 ...続きを見る
FREE TIME
2010/12/09 21:34
SPACE BATTLESHIP ヤマト
無限に広がる大宇宙。人類の暮らす太陽系の惑星・地球は、謎の侵略者ガラミスの攻撃によって壊滅の危機に瀕していた。そんな中、はるか彼方の惑星イスカンダルからメッセイージが ... ...続きを見る
5125年映画の旅
2010/12/09 21:45
「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」ヤマト発進します!
「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」★★★☆ 木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、池内博之、マイコ、 堤真一、高島礼子、橋爪功、西田敏行、山崎努 出演 山崎貴 監督、129分、2010年12月1日公開、2010,日本,東宝 (原作:原題:宇宙戦艦ヤマト) ...続きを見る
soramove
2010/12/11 20:08
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」□監督 山崎貴 □脚本 佐藤嗣麻子□原作 西崎義展 □キャスト 木村拓哉、黒木メイサ、山崎 努、柳葉敏郎、緒形直人、池内博之、       西田敏行、高島礼子、マイコ、橋爪 功、堤 真一■鑑賞日 12月12日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  やはり山崎監督のVFXは凄いというか妙に安心できる  そこに堤真一が古代 守として顔を出せば、いくら制服を着てこの... ...続きを見る
京の昼寝―♪
2010/12/16 12:37
SPACE BATTLESHIP ヤマト
SPACE BATTLESHIP ヤマト&rsquo;10:日本◆監督:山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ◆出演:木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、西田敏行、高島礼子、堤真一、 橋爪功、池内博之、 ... ...続きを見る
C'est joli〜ここちいい毎日を〜
2010/12/24 09:30
SPACE BATTLESHIP ヤマト
宇宙戦艦ヤマトの実写版 ...続きを見る
単館系
2011/01/15 22:14
SPACE BATTLESHIP ヤマト
ブログネタ:最近観た映画 参加中 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2011/01/31 01:00
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 映画レビュー
『 SPACE BATTLESHIP ヤマト 』 (2010) &#160;監  督 :山崎貴キャスト :木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、堤真一、高島礼子、西田敏行、池内博之、橋爪功、マイコ、波岡一喜、矢柴俊博、三浦... ...続きを見る
さも観たかのような映画レビュー
2011/02/15 02:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

厳選記事

ヤマト・・・・・ 。地球か、何もかもみな懐かしい・・・・。ヤマトへの複雑な想い・・・・(再追記) 取手物語〜取手より愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる