取手物語〜取手より愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS 腐りきった大阪市職員 「橋下さんの近くで仕える気はない。早く(人事異動で)どこかへ飛ばしてほしい」

<<   作成日時 : 2011/11/29 12:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

「橋下さんの近くで仕える気はない。早く(人事異動で)どこかへ飛ばしてほしい」とつぶやいた市幹部がいるらしい。

もううんざりである。


民意を真摯にうけとめようという気がない職員・・・・・


しかも、民意を無視し、仕えられないのなら辞めるべきなのに、「とばしてほしい」などとのあきれかえるような甘えぶり。


一部ではあるのだろうが、こうも市民の意見を無視し、自分たちのやってきたことが正しいと思いこんでいる現実がみえない盲目なる者がいるようでは、シロアリといわれて当然。

市民に評価されないものは、どれだけ仕事をしようとも、役所都合であり、それは無になる。無駄である。




仕えずに、民意を無視して金だけもらおうという、理解できないクズぶりである。
今回あれだけ明確に、独裁者とまで自身を称し戦った橋本氏を市民が選んだのである。
そう、橋本氏につかえることは、民意に仕えることである。
(そして、民意にそむいた時、彼は多数派である支持を失う、それだけのこと。)




市民であったら、いや大阪市民でなくとも耐えれない・・・・・・


そりゃ、職員は給料などが下がるのは全員がイヤであろう。それは通常の感情として理解できる。
だが、このような一部のクズが、
何を発言すべきかを考えず、感情的に口走る浅はかさが、市民に受け入れられないのではないだろうか。


そして、一部であってもクズぶりのあまりの大きさで、全てを悪く塗り替えてしまうのではないだろうか。

あの反対派の大人げないゲスの拒絶ぶりから嫌気がさしてはいたが、ここまでとはクズとは・・・・・



橋本氏の
「52万票は無視できない。平松さんが出していた市民協働の方針はしっかり受け継ぐ。基礎自治行政は、平松市政を吸収したい」

との発言をうけ、尚も感情的に安易に悪あがきを口走るようであれば、本当に救いようがない・・・・・


そして、
丸山和也氏は、

「これから更に過激になるか、ややマイルドになるか、そこが見物。彼流の信念を貫けば、更に過激にならざるを得ない」

と発言。

その通り。

あの巨悪を変えるのは、民意が声をあげた今であるし、徹底的にやるべきである。
独裁者、けっこう。彼は戦術もうまかった。
そして、あのクソ根性。

相手なりに対応するであろうが、まあ、このような感じでは正に過激にならざるを得ないであろう。






まあ、とにかく
一部ではあろうが職員があまりに愚かで・・・・・・

シロアリ駆除はやはり必要なようである。
橋本新市長のためではなく、市民の為に・・・・・・








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

厳選記事

腐りきった大阪市職員 「橋下さんの近くで仕える気はない。早く(人事異動で)どこかへ飛ばしてほしい」 取手物語〜取手より愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる