取手物語〜取手より愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS 謝罪は必要・・・・・

<<   作成日時 : 2011/12/30 12:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

平和な笑いで勝負できない今・・・・

個人的には、低俗といわれる、そして攻撃的な笑いは私は好きだ。

また、発言や行為への反感などの意をふくんだパロディなりは王室や皇室であっても、内容によるが、ありだと私は想う。

政治家や芸能人などは当たり前である。

一番、まもられるべきは一般人なのである。

公の人物はある程度しようがない・・・・・


何処が違うんだ、差別だ、同じ人間だ、などの意見は私はバカバカしくて相手にできない。


ただ、その発言や行為に何かしらの問題性がある場合である。



今回のブータン国王の行動や発言、態度には何の問題性もない。
実に素晴らし訪日活動であったと思う。

逆に晩餐会を私的理由で欠席したクズ議員がいたことを詫びる必要さえあった。

あのような人物を、おちょくる結果となった今回はさすがに攻撃されてもしようがないであろう。

実際は、私はリアルでみていて、それほど不快感は正直感じなかった。たた、くだれねえ〜と。



だが、実際の内容はともかく、あの画だけをみて、
そしてブータン国王夫妻の真似ですと放送してしまったことは・・・・・・・


王室は相手にしないだろうが、国民がどのような感情をいだくのか・・・・・・


人間はすべて同じではない。
ひとつの例として、
一部の人間を不快に、そして敵にまわすかもしれないことは一緒だが、その規模の問題もある。
ある会社だけか、ある組織だけか、町内だけか、国か、地域か、民族か・・・・・・

その人間の立場、状況を判断する常識が必要である。
もちろん、その規模が小さければ無条件に許されるわけではない。

問題性の有無が一番重要である。

そして、本人やその組織自体がどうのというよりも、周囲の反応という点・・・・・
その人物の立場や影響力・・・・・

差別ではなく、区別と判断が必要なのである。
本人の許容ではすまない場合もある。


不快に感じなかった私も思慮が足りなかったのである。


私的にも、天皇があのように扱われたらどう感じるか・・・
やはり愚かであったといわざるを得ないであろう。


まあ、相手側がどうのこうのよりも、
早く謝罪しておくのが一番いいのでは・・・・・・








パロディの対象として全くなしという考えではないが、
常識的に、
区別の中でも、皇室・王室とは他とは比較にならない対象であることは絶対的に間違いがないのである。



今一度、

一番守られるべきは一般人である。これは絶対に間違いない常識である。
そして、一般人と公の人物で区別があるのも絶対的にまちがいない現実である。

政府要人、皇室・王室の人間であればその度合いも大きい。

一般人を、国民を第一に考え、守るというのは誰もが否定できない常識であるが、危機が現実にせまった場合、実際に先に守られるのは一般人ではない。その立場が現実的にそうさせているのである。

特に、皇室や王室は代えがきかない。これは子供でもわかること・・・・・・


同じ人間だなどの思想は話にならない・・・・・・・



となりの家の若夫婦を茶化したのとは区別しなければならなし、芸能人であったり、選挙で選びなおせる人物とも当然、区別しなければならない。








その対象の区別をもっと思慮深く判断すれば・・・・・・・・

特に皇室がある国としては、自身も含め情けない・・・・・・・・

非常識の氾濫で、現実的な正常な判断ができていなかった点を深く反省するばかりである・・・・・・・

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

厳選記事

謝罪は必要・・・・・ 取手物語〜取手より愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる