百日紅の下にて

昭和21年9月の初めの頃の夕刻、市ヶ谷八幡の近所、百日紅がこぼれるような赤い花を開いている。

そんな中、佐伯一郎の元へ友人の戦友だという復員者風の見知らぬ男が現れた。その男は自分と話しあえば、昭和18年春頃に起こった事件の謎が解けるという・・・・・・・。


そう、この謎の男は、過去の事件を関係者の話からだけで、みごと長年の謎、真相をつきとめてしまう。


その復員者風の男はかるく一礼すると、雑草をかきわけ、廃墟の中から出ていった。
佐伯は夢からさめたようにその男を呼び止めた。


「あっ、ちょっと、・・・・・あなたの名は・・・・・あなたのお名前は?」


「私の名ですか。

  私の名は金田一耕助、取るに足らぬ男です」



そう言い残し、その男は瀬戸内の一孤島、獄門島へ向かった・・・・・・。








「本陣」で颯爽と登場した風来坊は、当初この1作のみのはずだった。

しかし、横溝正史は「獄門島」で再登場させ、シリーズ化していった。「百日紅の下にて」は、後の昭和26年1月に短編で発表された、獄門島の前日談。
現場にはおらず、過去の事件を関係者の話だけで解決する回想形式の原点。






今年の終わりに石坂浩二+市川崑が犬神家をリメイクする。

他のこのコンビで映像化してない原作を選んでほしかったが・・・

ん~っ、兵ちゃんもう年だしな~。でも絶対に見る。







画像


画像













この記事へのトラックバック

  • 新版「犬神家の一族」の配役

    Excerpt: やっぱり金田一は石坂浩二が一番だと思っていますが、新版の配役が固まったようです。主なところでは、 犬神財閥の創始者・佐兵衛 仲代達矢(前作は三国連太郎) 珠世 松嶋菜々子(島田陽子) 長女松.. Weblog: Authentic=ホンモノ? racked: 2006-09-18 15:26
  • 金田一さん事件です!

    Excerpt: 先週末、横溝正史氏の「犬神家の一族」*1の映画製作発表が行われた。”横溝ワールド”とも言える、あのおどろおどろしくも禍々しい世界観が好きで、映像化される度についつい見てしまう。今回の映画は、監督に市川.. Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー racked: 2006-10-01 00:54
  • 「犬神家の一族」が30年振りにリメイク

    Excerpt: 横溝正史原作の、あの有名な探偵金田一耕助が映画に戻ってきます。 Weblog: Vivid Association racked: 2006-10-01 15:26