ケンタッキー・ストレート・バーボン

今日、リメイクの「トーマス・クラウン・アフェア」を見た。すると、マックィーンを思い出した。すると「ゲッタウェイ」が見たくなった。すると当然ドク・マッコイの名が浮かび、彼が口する酒、ターキーが飲みたくなった(夕方はシェリーが飲みたかったのだが)。

ワイルド・ターキー。ケンタッキー州ローレンスバーグ町のはずれ、ワイルド・ターキーヒルのブルバード蒸留所でつくられているオースチン・ニコルズ社のバーボン。米国人は「オースチン・ニコルズ」と注文する人が多い。

非常に好きなバーボンのひとつである。ただ、非常に荒いバーボンで飲みたくても体が受け付けない時もある。まさにワイルドな男のバーボンである。

バーボン。一般にはトウモロコシからつくるウイスキーという認識だが、それだけではない。バーボンであるためには法律できめられている。1964年に制定された連邦アルコール法によると、

①原料となる穀物の51%以上がトウモロコシであること。さらにトウロモコシが80%以下であること(81%以上はコーンウイスキー)。

②新しいホワイト・オークの樽で、しかも内側を黒く焦がしたもので、少なくとも2年以上熟成されていること(これでストレートと呼ぶことができる)。

③160プルーフ以下で蒸留し、125プルーフ以下で熟成されていること(1プルーフは0.5 度)。

④市場に出されるものが、160プルーフ以下であること 等。

新しいホワイトオークを黒く焦がした樽で熟成することでバーボン独特の赤みをおびた色と香りが生まれる。

これが、ケンタッキー・ストレート・バーボン。私の一番好きな酒である。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ケンタッキーフライドチキン

    Excerpt: ケンタッキーといえばクリスマス。クリスマスといえばケンタッキーです!! クリスマ... Weblog: ミィの「今日の気になる話題」 racked: 2006-12-24 15:02
  • メーカーズマーク 45度 【試飲会イベントその2】

    Excerpt: こんばんは、酔っ払い管理人です。 試飲会イベント、立て続けに書くつもりだったんだけど、日が開いてしまいました。 転職前の残務整理で忙しかったの。 許してください。 なわけで、今.. Weblog: 目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて 酒日記 racked: 2008-04-29 18:47
  • メーカーズマーク 45度 【試飲会イベントその3】

    Excerpt: こんばんは、酔っ払い管理人です。 またまた日付があいてしまいました。 レイ氏のプレゼンテーションが終わり、試飲に入るまえに質問コーナーがありました。 Weblog: クレジット&キャッシング カード業界のコールセンターからみた裏側 racked: 2008-05-04 02:45