龍馬を斬った男

「龍馬を斬った男」は1987年(松竹系) 萩原健一主演で公開された。

この映画、劇場で3,4回鑑た。ショウケンの映画でも好きな映画である。真剣を使って撮影にのぞみ、激動の幕末を生き、尊攘派志士から恐れられた剣豪を演じている。
非常に好きな1本である。

龍馬を斬った男には諸説あるが、京都見廻組が有力とされている。

坂本龍馬は、慶応3年(1867)11月15日、京都の近江屋で中岡慎太郎らと会談中に刺客に襲われ暗殺された。当初は現場の遺留品から、新選組が犯人とされたが、戊辰戦争の後、京都見廻組の今井信郎の証言により、与頭佐々木只三郎(1833~1868)らが実行犯とされた。

佐々木只三郎という男。
会津藩士佐々木源八の三男として会津で生まれ、長兄は、会津公用人の手代木直右衛門。 青年期、『会津五流』の流派の一つ『神道精武流』を藩の師範役に学び奥義を極めた。また、槍術も学んだ。『小太刀をとっては日本一』とも言われ、二十歳前には、師をも凌いだとも言う。
万延元年(1860)只三郎は、江戸に出府。佐々木家の親戚に当たる旗本、佐々木矢太夫に養子入りし、その家督を継いで浅草に居住した。幕府講武所の剣術師範を勤めたと伝えられる。その後、将軍警護のため幕府が募集し、京を目指すことになった浪士隊(勇や歳三もこの中にいた)を監督すべき立場の、取締並出役の一人に選ばれる。新選組が会津の預かりになった経緯については諸説あるが、只三郎が実兄の直右衛門に口を利いた、という説もある。
その後、会津藩主松平容保が京都守護職につくと、再度京に上った只三郎は、守護職配下の京都見廻組の与頭に抜擢。見廻組というのは、新選組とよく似た役割を持つ。ただ新選組が出自は問わない代わりに腕自慢を集めたのに対し、見廻組は旗本の次男、三男を集めた、いわばエリート集団である。共に反幕過激派対策特別班であり、一般犯罪と区別した。またパトロール範囲を調節せざるを得なかった。見廻組は御所や二条城の官庁街、新選組は祇園から三条や四条の歓楽街で攘夷派志士が多く出没し、テロ犯罪が多発する危険な場所を担当させた。
龍馬殺害の真相はいまだ歴史上の謎とされる。しかし、京都見廻組・佐々木只三郎の説が最有力である。慶応4年(1868)1月6日、鳥羽伏見の戦いで只三郎は、腰に被弾、紀州に運ばれたが、12日に亡くなった。

(参考HP;坂本龍馬を斬った男~佐々木只三郎(暗殺実行犯最有力候補)は会津若松出身だった!~ )


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック