Back in the ’60

最近、車の中ではポールの「Back in the world」ばかり聴いている。

CDを買うときに「Back in the U.S.A」と悩んだのだが、「ミッシェル」がはいっているので、こちらにした。

「Back in the U.S.A」のDVDも持っていて何度も見ている。

会場には、ジャック・ニコルソン、マイケル・ダグラス、ジョン・キューザックその他多数の有名人も足を運んでいる。時代を感じさせないロックンロールの典型。名曲の数々。レコーディング以来はじめてステージで唄うという「Getting Better」。Beatlesの偉大さを感じながらもなかなかいいハーモニーを聴かせてくれる。最高である。

なかでも心うたれるのは、ポールが今は亡き3名に唄を捧げるところ。

「Dear Friend」と紹介するジョン。彼がこの世をさった時にかいた名曲「Here,Today」。
ポールが一人で弾き語りで聴かせる。まるでジョン語りかけるように。

そして、ジョージ。彼はウクレレの名手で、家に遊びにいくと食事の後は決まってウクレレがでてきたらしい。ポールが弾いて聴かせることも。そして、ジョージの「Something」をウクレレで彼に捧げる。

最後に、亡き妻、リンダに当然あの曲「My love」を捧げた。

非常に感慨深いものがある・・・

画像

バック・イン・ザ・U.S.-ライヴ 2002






バック・イン・ザ・U.S.-ライヴ 2002 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック