世界最古の国立公園の名を持つバーボン、その味はまさしく世界遺産

1872年、ロッキー山脈にまたがるイエローストーン公園が、合衆国初、世界最古の国立公園となった。同年創立されたグレンモア社は主力ブランドに記念としてその名前をつけた。
もとは、1836年にケンタッキー州で最も古いといわれた蒸留所が誕生させたブランドで、当時は「ケンタッキーで飲めるうまいバーボン」と称して売られていたという。この蒸留所の製法には独特で一般的なサワー・マッシュ製法ではなく、メロウ・マッシュ製法といわれ、詳細は省くが、経済効率の悪いぜいたくな製法。比較的低いアルコール度数で樽詰めされるのも独特。これは、樽材成分からバニリンやカラメルが溶け出しやすくする為。貯蔵庫には冷暖房がなく、四季の激しい変化だけでゆっくりと熟成し、ボトリングの際も加水をおさえる等、全てにおいて丁寧なつくり。
 
「イエローストーン」。この丁寧で贅沢なつくりのバーボン。

スタンダード品と7年熟成の2種類がある。

フルーティで爽やかな甘さを持つ香味と軽快な喉ごしのミディアム・ボディのスタンダード。さらに香味豊かでコクの深い味わいの7年。まさに逸品である。

「イエローストーン国立公園」は1978年に世界遺産に登録された。バーボンもそれに恥じない味わいである。

画像


画像
フルーティーで喉ごしのよいスタンダード。
画像
深いコクの7年熟成

(参考文献;オール・ザット・バーボン 森下賢一編著)

この記事へのトラックバック