最上級の森の番人~「オールド・フォレスター」

アーリータイムズを造っている大手バーボン・メーカー、ブラウン・フォーマン社のもう一つに看板ブランド。
使用酵母、モルトとライ麦、トウモロコシの配合比率もアーリーとは異なり、風味も個性的。はきり高級品をめざしてつくられたバーボン。
それが、「オールド・フォレスター」。

海賊版の横行した1874年に、業界初の壜詰めバーボンとして売り出され、その時のキャッチ・フレーズが「ゼアリズ・ナッシング・ベター・イン・ザ・マーケット」。

その名の由来は、創設者ジョージ・ブラウンが尊敬していた南軍の将軍ナタン・ベッドフォード・フォレストにちなんだものとも、あるお得意の名を借りたものともいう。

フォレスターは森番、森に住む人といった意味。

43度、50度があり、熟成は4年。4年とは思えないフルーティーでエレガントな味わいを持つ。そして後味はしっかりとしている。ボトルド・イン・ボンド法のボンデッドはいっそう芯のつよい味をしたプレミアム。

この自信の高級品のラベルには筆記体で次のように書かれている。

「このウイスキーは我々のみによって蒸留され、そのリッチさと優秀な品質には我々が責任を持ちます。そのエレガントな風味はひとえに、苦心して開発した独創的な純粋さによるものです。市場にこれ以上のものはありません。」と最上級の自賛である。まさに自信の1本。

画像


画像


たしかに何ともいえない甘みのあるうまいバーボン。

(「オール・ザット・バーボン」森下賢一編著 参考より)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック