「獄門島」~真の恐ろしさ・・・ (追記) (一部訂正)

「獄門島」に関して今まで気にしていなかった点に目がむいた。


そのきっかけは。先日のめとろんさん同様、探偵もの(当然その他の分野にもだが)に非常に深い考察をされるブタネコさんの「●獄門島(上川版)」(http://buta-neko.com/blog/archives/2006/10/post_721.html)の記事を読んでである。

それは「謎の復員兵」に関してである。
その記事の中で、ブタネコさんは、

>原作を読んだ方ならお判りの事だが「謎の復員兵」の存在により、壊れた与三松や早苗や 間も無く復員してくるはずの一(ひとし)等が 事件全体になんらかの関わりを疑われ、謎が謎を呼ぶという ともすれば柱的エピソードのひとつなのだ。

と書かれている。

記憶が一番鮮明な市川版「獄門島」にて検証する。
おっしゃる通り、「獄門島」には謎の兵隊服の男が出現する。彼の存在は警察、実行犯、早苗を惑わせ、そして金田一の推理をも最初まどわすことになる。
重要なエピソードである。

そして、このブタネコさんの記事にコメントを寄せられた、めとろんさん。これもまた、非常に興味を引かれた内容であった。

>昔、「横溝正史読本」(角川文庫 緑三○四)を読んだとき、同書の「自作を語る」の項で、僕の大好きな箇所があったのを思い出しました。以下、抜粋ー
「小林 (前略)それで、あれ、本当は犯人は一人なわけですよね。(横溝、笑う)それがぼくは、非常にうまくできてると思います。それで、最後に、詐欺の男が来てて、犯罪そのものの動機が崩壊しちゃうでしょう。あそこがやっぱりおそろしいですね。復員詐欺で・・・。

そう「獄門島」には謎の兵隊服の男がもうひとり出現する。冒頭にひとしの復員を親切に鬼頭家へ伝えにいった男である。

「獄門島」は3つの条件がそろわなければ、殺人はおきなかった。

  寺の鐘の返還
  千万太の死
  ひとしの生還

この3つがそろわなければ、鬼頭嘉右衛門のあさましいまでの執念も実らなかったのである。
そして、この3つは同時に揃わなければならない。いや時間差では揃うことがありえないのである。
役場にひとしの戦死公報が入ればその瞬間に成立しなくなる。

実行犯(原作では実行犯達)はこの条件が同じ日に揃ったことに、嘉右衛門の執念、人間のあさましい業に、恐怖にもにた感情を抱き決行を決意する。

つまり、“本当は犯人は一人”、そう復員詐欺がなけらば条件はそろわなかった。詐欺の判明で動機が崩壊する。彼の存在自体が事件の幕開け。まさにミステリーの醍醐味。

島に何の関係もない、本鬼頭と分鬼頭の争いなど微塵も知らない人物によって、この殺人事件は引き金を引かれる。
ミステリーの恐ろしさを感じる。

しかし、その意味での犯人は一人か?
本当にミステリーの醍醐味、恐ろしさは・・・・(私の考え過ぎか・・・)

3つの条件は上記のように、同時でなくては存在(わずかな猶予はあろうが)しない。
市川版で検証しているのだが、実行犯は同じに揃ったことに一番、衝撃を受け、突き動かされる。

もう一人いる。条件をそろえた人間が。

復員詐欺と顔を合わせ、釣り鐘と共に島に渡り、千万太の戦死を報告した男。
千万太の妹達を助けてくれと頼まれ、彼でなくては真相はつかめなかったであろうその張本人、金田一耕助・・・・



画像


画像



皮肉で非情なまでの運命の、時のいたずらである。
金田一耕助が島を訪れた日、それが事件の動機を強固なものにし、幕開けを早めた。
のちに千万太の戦死公報がはいった。しかしその時既に第一の凶行は行われていた。そして、全てが終わり、金田一が真相を明らかにした時、ひとしの戦死公報が入る。
なんという・・・、言葉がみつからない、「獄門島」、横溝正史・・・








※本記事は原作の詳細を忘れている私が、あくまでも市川版を元に検証し、記述したものです。

※一部、原作の設定と混乱している記述がありましたので、一部訂正しました。



※原作を読み直しての「獄門島」についての最新の記事は、こちら

『「獄門島」(’77 東宝)  正に市川崑 の金田一耕助 』
http://toridestory.at.webry.info/200705/article_9.html


 


獄門島








獄門島 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのトラックバック

  • 獄門島 #675

    Excerpt: 1977年 日本 141分 市川昆監督石坂浩二金田一のシリーズ第3弾!今回は遺書を頼りに獄門島に渡った金田一の活躍・・はあまりしない。なにせ遺書どおりに殺されていく三人の娘を守ることなく、残虐な殺人.. Weblog: 映画のせかい2 racked: 2006-11-12 20:17
  • 『獄門島』この映画を見て!

    Excerpt: 第151回『獄門島』  今回紹介する映画は市川崑監督が石坂浩二を主演に据えて制作した金田一耕助シリーズ第3弾『獄門島』です。 ストーリー:「瀬戸内海の小島「獄門島」を舞台に起こる連続殺人事件。その背景.. Weblog: オン・ザ・ブリッジ racked: 2007-04-01 14:14
  • 獄門島

    Excerpt:            製作:1977 監督:市川崑 出演:石坂浩二、司葉子、大原麗子、草笛光子、東野英治郎、内藤武敏、武田洋和、浅野ゆう子    中村七枝子、一ノ瀬康子、佐分.. Weblog: あきすとぜねこ racked: 2007-05-05 10:26
  • 映画評「獄門島」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 1977年日本映画 監督・市川崑 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2007-05-07 02:54
  • 獄門島(1977)

    Excerpt: 市川崑監督による横溝正史原作シリーズ第三作は横溝の作品の中でも名作と云われている「獄門島」。瀬戸内海に浮かぶ流人と海賊の因縁のある島で起こる、怪しくも美しい連続殺人事件を金田一耕助が挑戦する。時代は、.. Weblog: Belle Époque racked: 2007-05-07 20:51