靖国神社と「遊就館」

本日は、靖国神社へ行った。
目的は「遊就館」。


天気はまずまず。
地下鉄九段下駅で下車し、靖国へ。

画像
第一鳥居(大鳥居)

高さが25mの大鳥居。いつきても、なかなかの迫力。

今日はお祭りがあるようで、大鳥居と大村益次郎像の間でテントの準備をしていた。

第二鳥居へ進む。

画像


画像


神門。

画像


画像


画像


この神門の扉にある菊の御紋章は直径1.5mもある。

門をくぐり、拝殿へすすむ。時間は午前10時。人はけっこういるし、観光バスも何台かと駐車場に止まっていた。

画像


参拝後、「遊就館」へ向かう。途中、菊が展示されていたのでその前で1枚。

画像


そして「遊就館」へ。中は残全ながら撮影禁止

画像


「遊就館」。
明治15年に会館した施設。戦没者のご遺品や戦争に関連した品々が展示されています。

入場料 大人800円

日本が参戦した戦争に関するドキュメンタリー映画上映、核戦争の資料や遺品、家族への手紙、そしてゼロ戦など3千点におよぶ資料が展示されている。
映画をみて、じっくり資料を読むと2、3時間の時間は必要。

前の仕事の時に、よく鹿児島の知覧にある「特攻記念館」へは何度も行ったがここは初めて入った。



帰り道、さっきはまだ準備中だったテントがオープンし、大道芸人が芸を披露し、大勢の人が集まり楽しんで賑やかである。
私も煮込みと焼き豚と生ビールを買った。
食べるのに夢中で写真はすっかり忘れてしまった・・・


地下鉄にのらず帰りは、お堀をこえ武道館脇を通り、東御苑の中へ。

武道館には若い男性があふれている。アイドルのコンサートがあるようだ。
やっと、幕が見えた。
「モーニング娘。」、この人、納得である。

そして、東御苑へ。

画像


画像
多くの家族連れ、グループが訪れていた。

画像
天守閣跡。

画像
桜が咲いていた。

画像

大手門を出て、お堀を越え、東京駅方面へ向かった。
ハラが減った。なにか食べて帰ろう。

画像


画像


靖国神社からぷらぷら歩いて30分位。ちょどよい散歩コースである。



「遊就館」、このような施設を見学するといろんな事を考えさせられる。思想上、感想は記述することをひかえる。
たた、ドキュメンタリー映画の最後、元兵士のひとりのご老人が涙を流しながら言った。
「私達は純粋に命を投げ出して国を守る気持ちだった。そして“靖国で会おう”を合い言葉に戦地へ向かった。靖国に代わる国営の施設をとの話があるが、そんなことをされたら死んでいった戦友たちに何て言っていいか・・・」

この記事へのトラックバック