第19回東京国際映画祭のクロージング ワールドプレミア 「犬神家の一族」

今朝、TVで第19回東京国際映画祭のクロージング ワールドプレミアで「犬神家の一族」が上映されたと報じていた。

石坂浩二氏は、
「30年前の作品をまたやるというのは、人によっては「よくも、まぁ、ずうずうしい」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、作品をご覧になって「うん、少しは進歩しておるな!」と思っていただければ、ありがたいと思っております。是非、ご覧下さい」とコメント。

そして、市川崑監督。
「本日はどうもありがとうございます。
この作品は横溝(正史)さんの見事な作りに「現代にどういう具合に作ろうか!?」っとそのへんを勝負してみたいと思ってやったわけです。
幸い、素晴らしいキャスティングを経て、出来るだけ頑張りました。
どうぞ、ご覧になって、厳しい批評をどうぞ宜しくお願いいたします。」
http://blog.inugamike.com/

そして、
「なんとか完成はさせましたが、あーしたい、こーしたいという思いがあり、今後は反省の日々です。」とも発言をされていた。
TVのスーパーも「市川監督、映画の出来に不満!?」と。

監督もリメイクだけに思うところは強くあるだろうし、完成の到達点かなり高いところに置いてあるのだろうが、しかし、監督というのは大体こういうものではないかとも思うのだけれど・・・

とにかく早く鑑賞したいものです。


画像






この記事へのトラックバック

  • 市川監督の「犬神家の一族」の評判

    Excerpt: 「犬神家――」は過去に何度も映像化されている。 最も有名なのは、76年に公開されて大ヒットを記録した市川崑監督(90)の作品だろう。 “日本映画の金字塔”といわれる自身の代表作を、市川監督.. Weblog: 流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場 racked: 2006-10-31 15:22
  • 市川監督の「犬神家の一族」の評判

    Excerpt: 「犬神家――」は過去に何度も映像化されている。 最も有名なのは、76年に公開されて大ヒットを記録した市川崑監督(90)の作品だろう。 “日本映画の金字塔”といわれる自身の代表作を、市川監督.. Weblog: 瞬★旬!キーワード~このヒトだあれ? racked: 2006-11-02 15:49
  • 東京国際映画祭クロージング作品・ワールドプレミア『犬神家の一族』

    Excerpt:             意味はないが、過去最長(たぶん)のタイトルにしてみた(爆)市川崑監督が自らメガホンを取り、30年.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2006-11-04 18:59
  • 「犬神家の一族」試写会レビュー レビューじゃなしに

    Excerpt: 完璧でしょ。原作や旧作を観ていない勉強不足のエセ芸大生にとってもそう感じられました。さて公開後の反響や興業はどうなるでしょうか。日本映画の信念を貫いた上での成功を期待しています。 Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-12-08 01:20
  • よーし、わかった!by加藤武【犬神家の一族】

    Excerpt: いろんな映画のリメイクを見てきましたが 監督自らセルフ・リメイクってのは珍しいで Weblog: 犬も歩けばBohにあたる! racked: 2006-12-08 15:00