この20のアイテムは一体・・・「ペイチェック」

近未来、フリーのコンピュータ・エンジニア、マイケル・ジェニングスはハイテク企業と短期間の契約を結び、極秘プロジェクトに参加することで常に高い報酬を得ていた。

それは他社の新製品を元に新たな改良をくわえた新製品を開発し、その製作に関わった期間の一切の記憶を消すというもの。そんなある日、巨大ハイテク企業のオールコム社から9200万ドルの破格報酬を提示される。その代償は3年間の記憶。しかし、契約終了後に受け取ったものは金ではなく、ガラクタとしか思えない封筒に入った19個のばらばらなアイテム。そして誓約書には報酬を放棄し、この封筒の中の20のアイテムを受け取るとの自身のサインが・・・


2003年  アメリカ

「ペイチェック」

監督 ジョン・ウー
原作 フィリップ・K・ディック

出演 ベン・アフレック  ユマ・サーマン  


前日、「ラジオ・デイズ」を鑑賞したので、アクション系が鑑たくなり、この作品にしました。
5回位鑑てますでしょうか。

主役のベン・アフレックはあまり好きな役者ではありません。というか、よく知りません。前半の髪型、撮り方も含め、わざとあの様にしたようですが、好きではないですね。
ユマ・サーマンはまあ嫌いな顔ではありません。
でも、役者はどうでもいいです。この作品。

ジョン・ウー!非常に私の好みの画を撮ります。若干、前半のいわゆるくさい画や、全体的にスロー映像の多様が気になりますが、効果的なハイスピードでの画もあります。
が、基本的にはいいです。いいというのはくどいですが、私の好み!
特にBMでの逃走するシーン。カメラワーク、アングル、カッティング、好きですね~。私のこうみたい、という通りの画です。
まあ、ストーリー上、アクション映画ってほどではなく、銃撃戦といえる程のシーンもないですが、アイテムの使い方がまあ、おもしろく、わずかながらのミステリーっぽさと、スリリングな気分もそこそこ味わえます。最後はベタですが、結局はああでないと、と言う感じです。
全体的に単純に楽しめるのではないでしょうか。

つっこみどころもいろいろありますが、それはどの映画にでもいえます(いつもこれ記述しているような・・)

まずマシンのデザインは、まっ、あれはあれでいいではないでしょうか。ただ、アレ手相ってわけではないんでしょうけど。途中それを連想させるショットがありました。
メイキングでも少し、監督自身語っていた記憶が・・・

それと記憶って消せるのかなどと考るとハナから無理です。あと近未来ものなんですかね(原作はそうなのでしょうが)、その点もこだわるとあまりいただけないような気が・・・
最後の研究所でのシーンもあの場所ということで都合よくまとまっています。

ただ、今回だけはハトはいらないでしょう!いくら私がジョン・ウー好きでも!

あと、基本的な問題、みなさんもお思いでしょうが、クジと新聞記事は別にして、のこりのアイテム18個そろえるのは不可能ですよね。
一つめは可能ですが、一つめがなければ次にいかないので、その先はみえないのでは・・・・
それとも、こうなればとの操作ができたりして!

ただ、主人公も言ってましたが、ああなると先をみて、未来を変えることより、マシンの予言通りにしようと人間が行動してしまう点のが恐怖です。まるで台本がある人生です。

まぁ、いつも心がけていることですが、深く考えずに単純に楽しめってことです。大抵の作品は映画的なことを目をつぶらないと成り立ちませんし、楽しめませんので。

私は鑑るからにはできるだけ、その時間を無駄にしたと思いたくないので(無理矢理かな?)、楽しむよう心がけています(そのわりにはツッコミどころ記述しているが)。

いつもながら、まとまらない文章ですが、ジョン・ウー作品としてはアクション的には不満ですが、20のアイテムというアイディアがおもしろく、テンポわりとよく、けっこう楽しめます。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ペイチェック 消された記憶

    Excerpt: ペン・アフレックといえば「デア・デビル」「パール・ハーバー」などに主演しています。この2作とも見ていますが、この2作とはまた違った役どころです。 レンタルショップにて洋画トップ10!にあったものです.. Weblog: 海外ドラマ☆SFワールド racked: 2006-11-21 19:25
  • ペイチェック/最強のパクリ映画!!!

    Excerpt:  こ、これは・・・パクリやオマージュを探すための映画か!『ペイチェック』は本年度ナンバー1パクリ映画間違いなしです! Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2006-11-21 19:53
  • ペイチェック 消された記憶 (2003) PAYCHECK 118分

    Excerpt: 近未来。フリーのコンピュータ・エンジニア、マイケル・ジェニングスはハイテク企業と短期間の契約を結び、極秘プロジェクトに参加することで常に高い報酬を得ていた。ただし、契約により2週間を上限として参加期間.. Weblog: 極私的映画論+α racked: 2006-11-21 20:22
  • 映画『ペイチェック 消された記憶』

    Excerpt: 原題:Paycheck   -宇宙の湾曲から未来を覗く- 3年間の消された記憶の中に何があったのか・・・、アインシュタインがいうように・・未来に行くことは出来ないが未来を見ることは出.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-11-22 01:26
  • 「ペイチェック 消された記憶」

    Excerpt: 「ペイチェック 消された記憶」を観ました。 フィリップ・K・ディック原作、ジョン・ウー監督だったのに何で劇場で観なかったんだろう? 「トータル・リコール」も「マイノリティー・リポート」も劇場で観たのに.. Weblog: キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~ racked: 2006-11-22 10:06
  • ペイチェック 消された記憶 ~DVDにて~

    Excerpt:   ペイチェック 消された記憶・・・評価 3   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 極秘プロジェクトに.. Weblog: 三日月のしっぽ。 racked: 2006-11-22 12:40
  • 『ペイチェック 消された記憶』

    Excerpt: 最初からテンポ良く進み、あきさせられることなく話にぐいぐい引き込まれました。ん~?と思うこともたまにありますが、気になるほどじゃないし、私達は見て満足の映画でした。 Weblog: Rappikoの映画生活 racked: 2006-11-23 21:11
  • 「ペイチェック 消された記憶」

    Excerpt:  2003年/アメリカ  監督/ジョン・ウー  出演/ベン・アフレック      ユマ・サーマン      アーロン・エッカート  ジョン・ウーだよ、ジョン・ウー!やっぱりハト飛ばしてる.. Weblog: It's a wonderful cinema racked: 2006-11-24 00:54
  • ペイチェック 消された記憶

    Excerpt: (原題:PAYCHECK) 【2003年・アメリカ】DVDで鑑賞(ともや評価:★★★☆☆) フィリップ・K・ディックの原作を題材にしたSFサスペンス。 物語の舞台は近未来。フリーのコンピュータ・エ.. Weblog: ともやの映画大好きっ! racked: 2006-11-26 22:19
  • ペイチェック~消された記憶~(2004.3)

    Excerpt: この映画、あのMiのジョン・ウ~が監督しているので すごく期待していたんですよね。(アクションシーン) 主役は今、ノッてるベン・アフレックとユマ・サーマン。 まず思ったのは発想が面白いってこと。.. Weblog: MOVIE NOTE racked: 2006-12-11 10:03
  • ペイチェック 消された記憶

    Excerpt: 『ペイチェック 消された記憶』 ---Paycheck--- 2003年(アメリカ) 監督:ジョン・ウー 出演: ベン・アフレック、ユマ・サーマン 近未来。コンピュータ・エンジニアのマイケル(.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2006-12-15 10:54
  • ペイチェック 消された記憶 「PAYCHECK」

    Excerpt: ■ペイチェック 消された記憶 「PAYCHECK」 2003年・米 ペイチェック 消された記憶 ■監督 ジョン・ウー ■原作 フィリップ・K・ディック ■脚本 ディーン・ジョーガリス .. Weblog: 小六のB級A画館 racked: 2007-01-09 15:25
  • ペイチェック 消された記憶

    Excerpt: ジョン・ウー監督、ベン・アフレック、ユマ・サーマン主演のサスペンス・アクション。テレビ放映を録画していたのを見ました~! <あらすじ> 情報化が一段と進んだ近未来が舞台。フリーのコンピュータ・エンジ.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2008-05-06 13:10