優作が愛した酒~「オールド・クロウ」

シンボル・マークはカラス。

名前の由来は創立者のジェームズ・クロウ。
スコット・ランドから渡った彼は、1853年にフランクフォートで蒸留をはじめた。現在では一般的となったサワー・マッシュ製法の元祖ともいわれている。
ラベルにも『THE ORIGINAL SOUR MASH』とある。
フランクフォート産のバーボンは土地特有の味わいがあり、その中でも典型的といえる。アメリカでも販売量が十指にはいる。爽やかな香りと深みのあるコク、十分な熟成とバランスのよさ。気取らずに飲める、バーボンらしいバーボン。

このバーボンを好んで飲んでいた一人の男がいた。


「男の愛した、一件のバーがある。 それは小さなバーだ。
 彼は片隅でいつもバーボンを飲んでいた。

画像


画像


 “オールド・クロウ”
 
 アメリカの酒である。

画像


 職業、男優。名前は・・・」
 
 その酒の国、アメリカでの映画出演のあと、彼は・・・・

画像


画像


画像

 
画像


1989年11月6日、彼は伝説になった・・・

合掌



「オール・ザット・バーボン」 ナツメ社 森下賢一編著 参照
テレビ朝日系 「驚きもものき20世紀」 ナレーション 参照

この記事へのトラックバック