守谷でクリスマス・ディナー ABC(アベセ) 完結篇  

23日、クリスマス・ディナーに守谷のABC(アベセ)へ行ってきた。

閉店の案内をいただいたのがいつだったろう・・・9月だったかな。すぐに電話しクリスマスの予定を聞いた。『まだはっきりとは計画していないので、次にご来店いただいた時で予約は大丈夫ですよ』と店長に言わた。次の来店時、会計の時に12月23日の予約をしたら、『たしかお母様は鴨や羊が苦手でいらしたんですよね。』と店長から言われた。昨年のクリスマス・ディナー時の要望を覚えていてくれた。

さすがである。

今月で閉店。これが私が行くのはもう最後です。非常に残念ですが、いつもと変わらぬ笑顔で迎えてくれ、そのサービスと味、最後に十二分に楽しんできました。




2006 クリスマスコース


まずアミューズ 「鮪の瞬間薫製 バルサミコソース」

画像

鮪が甘みがあり、非常においしい。
今日は帰りは親父が運転するというので、まずシェリーを頼んで飲んだ。香りがよく、辛口のドライシェリーはうまい。



前菜 「ランド産 フレッシュフォアグラのコンソメ煮 ポルト酒風味」

画像

フォアグラが抜群!コンソメゼリーもこれまたいい。パンにのせ一緒にたべると口の中で絶妙に絡み、風味が口いっぱいに広がる。

シェリーを飲み干し、2杯目、グラスで赤ワインをもらう。ミディアム・ボディの非常にのみやすい口あたり。



魚料理 「ドーバー産舌平目のバプール トリュフの香り」

画像

まずトリュフだろうか、皿全体からいい香りがあふれてくる。ソースもおとなしめの味ながらしっかりとしていて抜群。トリュフと舌平目、そしてこのソースこの三位一体のハーモニーは素晴らしい。



肉料理 「シャラン産 鴨のロースト、ごぼう風味 百合根とラディッシュ添え」

画像

料理がはこばれてきて、写真と撮ったあと既にグラスワインを飲み干していたら、店長がきて『これは私からです。鴨と一緒にお召し上がり下さい』と赤ワインをはこんできてくれた。とても嬉しかった。

鴨のローストの具合は完璧。とてもおいしい!ソースも甘く、これが鴨とバッチリ!語彙がとぼしくうまく記述できませんが、とにかく最高においしい!こんなおいしい鴨をたべたのはひさしぶりである。いつもながらラディッシュや百合根などの野菜もおいしい。



口直し 「グレープフルーツのソルベ カンパリとフラットオレンジのジュレと共に」

画像

ミントの香りよく、これもおいしい!すみません、もうおいしいしかありません!!




デザート 「素朴なフルーツのババロア」

画像

これも非常にクリスマスらしい1品。甘さもちょうどよく、目も楽しめ、とてもおいしくいただいた。

最後はエスプレッソで。

毎回ながらその味をうまく表現できません。
私はおいしいものを食べるのは大好きですが、料理に関する知識がほとんどありません。
その上、語彙と文章力がないので非常に自分でももどかしいのですが、とにかく、
とても楽しい、気分のよい、非常においしい時間を過ごせました。

最後、ドアの外まで見送ってくれた店長、非常に残念ですが何をされるにも身体に気をつけ頑張ってください。
できれば、できればいづれまた、食にかかわる関係でお会いしたいものです。

お別れと、激励の言葉はかけさせていただきましたが、いただいたワインのお礼をいい忘れてしまいました。
この場をかりて、
『ありがとうございました。』

そして、わたしが頻繁に通うようになったのはここ1年ちょっとでしたが、リーズナブルなお値段で毎回毎回気分のいいサービス、おいしい料理の数々、ここは私にとってまさしく“王様のレストラン”でした。

本当にありがとうございました。

ABC(アベセ)、このレンストラン、私は一生忘れない・・・

画像


その店は、いつも最高の笑顔、最高の料理で迎えてくれた。また、いつか訪れたいと思うのだが、それは、また別の話・・・
(森本レオ風に)

この記事へのトラックバック

  • ABC(アベセ)

    Excerpt: 日曜日に再び守谷のABC(アベセ)に行ってきました。 ランチの1,600円のコースをオーダー。 スープは豆のスープでした。 いつもながらおいしい。 味に深みがあります。 .. Weblog: つくばライフ racked: 2006-12-24 20:50
  • ABC(アベセ)

    Excerpt: 日曜日に再び守谷のABC(アベセ)に行ってきました。____ランチの1,600円のコースをオーダー。______スープは豆のスープでした。__いつもながらおいしい。__味に深みがあります。______.. Weblog: つくばライフ racked: 2006-12-24 20:50