「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」

ボンドは石油王ロバート・キング卿の巨額の現金をテロリストから取り戻した。

だがその紙幣には爆薬が仕掛けられており、MI-6内で爆破がおき、キング卿を暗殺されるという、かつてない屈辱的な事態となる。実行犯と思われる女をボンドは追うが自殺してしまう。黒幕は不死身のテロリスト・レナードと睨むMI-6は、キング卿の娘でレナードに誘拐されたことのあるエレクトラが次に狙われるであろうと、ボンドに護衛にあて、カスピ海へ飛ぶが…。


「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ 」  1999年 イギリス

監督 マイケル・アプテッド
主演 ピアース・ブロスナン
出演 ソフィー・マルソー



ブロスナン・ボンドが大好きな私は、この作品が一番好きである。
顔も、身のこなしも、非常に好きなのである。

タイトル前、銀行の支店の窓から飛び降りるシーン、上からのアングルでの画、けっこうインパクトがあった。そしてMI-6での爆破や、その後の激しいボートチェイス、しつこく追いかけるボンド。映画的な部分もあるが毎回言うようにまさに映画ですから野暮なこと言わずに楽しみましょう。冒頭から思い切り引きつけられた。ビッグ・ベンを入れたテムズ川の画がなかなかいい。

そしてその後も雪山のスキーでのシーンや、核弾頭を盗むシーン、パイプラインのシーン、キャビア工場でのシーン等、ラストの海でのシーン、アクションシーンが続き非常に楽しめる。ただタイトル前のシーンほどインパクトなないのがちょっと残念。

そして、会話もしゃれて、ユーモアもきいており、復帰の診断書を書いてもらうシーン、これがボンドという感じ。そして、ピアース・ブロスナンの身のこなしが非常にいい。

ストーリー的には粗い気がするが、そこは・・・
あとテロリストがそのう、全ての意味において弱いような・・・・


ブロスナン・ボンドが好きな私としては冷静に作品を評価できずにいるが、とにかくブロスナンがアクションをこなすシーンが多いのでそれだけでいい。ダメな方もいるだろうが、私は、いいなぁ~!

そして、なによりソフィー・マルソーがいい、いい女だ!!
なんとかいう女博士はどうでもよく、悪役でもなんでもいい、この時のソフィー・マルソーはいい!!やっぱ、こっちがボンドガールでしょう。何といわれようと私はそう思っています。
そして、ボンドがソフィー演じるエレクトラを撃つ、これがいい。従来のボンドではないような気がするが、この展開は私の好みである。
女とすぐ関係をもつボンド、華麗でオシャレなボンド、普段はフェミニストだが、敵とわかれば非情に殺るときは殺る、これが私の好きなボンドである。
撃ったあと、
「狙いははずさん」
というボンド、非常に私の好みである。

そして、ボンドが拷問椅子にかけらるシーン。
エレクトラが、
「せっかく、世界をあげたのに」
ボンドは、
「世界じゃ不足だ(World is not enough)」、タイトルになっているこのセリフがいい。
これはボンド家の家訓で、そうと分かるシーンが、あのシリーズからはずして欲しい世紀の大駄作「女王陛下」にあるらしい。


Q役のデスモンド・リュウェリンの遺作となってしまったのは残念だが、その面でも特に思い入れのある1品である。

その~、映画としての完成度というか、脚本や展開や画やカットなどの冷静な評価ではなく、
たまにいい画やスピーディーな展開は実際そうなんだが、とにかくブロスナン・ボンドのアクションの多さと、ソフィー・マルソー、これにつきる。

私としては、ブロスナン・ボンドもっとみたかったが、もう歳だよな~。
最初にもめなければ、4代目でもっとブロスナン・ボンドがみれたのだが・・・残念。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像







この記事へのトラックバック

  • The World Is Not Enough~ワールド・イズ・ノット・イナフ/007~

    Excerpt: 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ アルティメット・エディション 『The World Is Not Enough/007』 「ワールド・イズ・ノット・イナフ/007」 ? .. Weblog: Rusty's Cinema Complex racked: 2007-01-04 01:03
  • 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

    Excerpt: シリーズ19作目、5代目ピアース・ブロスナン3作目。 『007』シリーズの歴代ボンドの中で、私はブロスナンが一番好き(^o^) お色気ムンムンで且つ、重厚な感じがピッタリです。 ストーリーは定番ス.. Weblog: まるっと映画話 racked: 2007-01-09 14:40
  • 「007/リビング・デイライツ」「007/ワールド・イズ・ナット・イナフ」

    Excerpt: ●007/リビング・デイライツ ★★★ 【地上波】ジェームズ・ボンドは4代目のティモシー・ダルトン。監督はジョン・グレン、リチャード・メイボーム、マイケル・G・ウィルソン。ボンドガールはマリアム・ダ.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2007-01-10 19:28