「悪魔が来たりて笛を吹く」(TVドラマ フジ 稲垣版)

フジの吾郎ちゃんの金田一、「悪魔が来たりて笛を吹く」をみた。


この原作、私は市川+石坂版で金田一ファンになり、それから全部ではないがかなりの数、ほんとんどの原作を読んだ。しかし、何度もこのブログで記述しているように、もう20年以上、正確にいうと25年位前である。その詳細内容はもう覚えていない。
ただ、この「悪魔が来たりて笛を吹く」、詳細の内容はおぼえていなくてもその印象、思いはつよく覚えています。つまり、面白かった!傑作!!
それぞれの方がこれが横溝の中で一番と思われるものがあるでしょうが、私はこの「悪魔が来たりて笛を吹く」が一番です。
「仮面舞踏会」が本当はこの作品を抜いて、一番になりかけたんです。しかし、いったん休筆をして明らかにその勢いがおちたので・・・。非常に残念です。

 参照記事 http://toridestory.at.webry.info/200610/article_40.html

とにかく、今回はこの私の一番好きな作品。これは映像化がすくないですよね。
私のおぼえている限りでは映画では東映の西田版しかありません。TVは古谷一行でやってますかね。

この帝銀事件を模して絡めた作品、その内容、つまり話の筋はもちろん、登場人物、そのあさましい程におそろしい人間関係、そしてからむアイテム、妖しげな砂占いなど、そして私の記憶違いでなければ密室殺人的な要素があったんでは・・・。
とにかく面白い!そして重要なフルート、笛の音、これがなんとも表現できない不気味な恐怖のメロディであること。ん~っ、やはりここが、一番映像化するのに難しいですかね。「悪魔が来たりて笛を吹く」の曲が・・・。
そして、最後にその曲に秘められた意味を知った時は旋律が走りました。

余談ですが、横溝正史は帝銀事件にショックを受け、表現は不謹慎ですが、大変興味をもったのではないでしょうか。そして作品に取り入れた。これは「八つ墓村」の時の津山30人殺しと同じではないでしょうか(http://toridestory.at.webry.info/200608/article_28.html

今回このドラマ、私は原作の詳細を覚えていないのが逆にいいのかもしれません。ただ、中途半端に覚えているのと、私の中でのお気に入りであることがネック。

つまり、私の持論ですが、原作のあるものは絶対に原作をこえられないと思っています。比較してはいけない。でも人間してしまいます。その場合は、どれだけ近づいているか、でみるようにしています。
理想は独自のものとしてみること(わかっていてもそれができないんですよね~)。ただ、矛盾するかもしれないが、離れすぎても当然ダメ。まもるべきところは守る、といか、出来るだけ原作をベースして・・・、え~つまり、要はどれだけ原作を愛し、理解しているかということです。
市川+石坂版も原作をこえているとは絶対に思いません。しかし、私が何故あそこまで好きか。それは市川監督がミステリーを愛し、理解し、そして横溝作品も読み込んで、愛して深く理解して、その上で映像職人として独自の“市川崑の金田一耕助”を作り上げているからです。

すみません、脱線しました。

話を戻しますと、感想はまあまあ面白かったのでないでしょうか。

原作の詳細を忘れているので、登場人物のこまかなキャラ設定も私の頭にないので、そのへんは気にしようもないのがまず、いい点ですかね。

画もそこそこいいです。
ただフィルターや演出効果上クサイ面もありますが、なんとか雰囲気をだそうとしています。
ただ、吾郎ちゃんだからいいですが、金田一マントでの仕草など、あ~いうのが撮りたいでしょうねぇ~・・・。
でも最初、銀座4丁目交差点、和光がポツンと立つ画、いですね。あいうのが撮れると「やっぱりもっと、中短編の東京で事務所をかまえている時の原作をやってほしいですね~!


あと、このドラマをみていて感じたんですが、この悪魔、その起こす行動、事件はまさしく悪魔で、その行動時、計画した時点で心も悪魔なのでしょうが、非常に哀しい悪魔ですね。動機も切なくも悲しい。ここがいつもの通り、金田一のヒューマニズムがでるところ、つまり最後は・・・・。
その自分にかせられたあさましい生い立ち、現実。これが判明したとき、つまりその悪魔のような要素・事実と出会った時に、そしてそれが愛する人を奪った理由としった時に、犯人は“悪魔”になった。
ただ、天銀堂事件の犯人の男が、“あんたには不気味なものを感じ、苦手だった”との旨を言っています。まだ、その事実をしる前である。つまり悪魔になる前。やはり、生まれながらにして、身体の痣と同じく悪魔の要素が潜んでいたのか・・・・。非常に哀しい悪魔である。
哀しい悪魔・・・、これで私はあることを深く思う。
私は今、「悪魔の手毬唄」を読み直している途中です(ずいぶん時間がかかってますが)。その原作を読みかえしえいる中で、またしても記事にした思いと厳密には違うことを、まだ途中ですが感じてきています。つまり、放庵や手毬唄自体にも悪魔そのものや、その要因を感じますが、要はその出会いによって実行犯がやはり悪魔になったのでは。27年前にそうなる要素、行動は一度とっています。それが愛からとはいえ・・・。要は何が言いたいかというと、つまりタイトルです。そのタイトルの悪魔は何を、誰をさすのか?あるひとつのものだけをさすのか、という点で・・・。当然というか、当たり前だと思うかもしれませんが、一度、違う思いをもって記事にしたもので。これはまだ途中ですので、読み終えた段階であらためて記事にしたいと思います。

またまた脱線しました!

さあ、今回のドラマ、そこそこいいですが、不満は当然あります。まず密室殺人になっていない!
ん~、記憶違いではないよな~。密室殺人だったと思うんだけど・・・。
もっと、面白いはずなんだよな~。

そして、やっぱり吾郎ちゃん、なんか、なんていっていいんだろう・・・、なんか軽いっていうのかな~。ちょっと違うんだな~。やっぱりまだ慣れない、ずっと慣れないですねこれは。

この中では、榎木はいい演技していと思います。あれでかなり助けられたのでは・・・。

ただ、TVドラマですし、けっこうよくできたのではないでしょうか。
一番好きだ面白いと思っていた原作なので、当然、こんなもんじゃない!という思いはありますが、そこは上記の通り、比べるのはやめて、曲もそこそこいい雰囲気をだしてましたし、
まぁ、楽しんでみることはできました。

あと磯川警部の名前がでたのは妙にうれしかったのは私だけでしょうか・・・。

当然、次作もやるのでしょうが、すでに映像化されている長編でなく、何とか事務所をかまえていた頃の中短編をお願いできなですかね~・・・。


画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 悪魔が来たりて笛を吹く

    Excerpt: ネタバレで書きますんで、ご注意を。 金田一は、「犬神家」以外は、吾郎ちゃんバージョンしか見てないし、原作も読んでません。 Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2007-01-07 21:11
  • 悪魔が来りて笛を吹く 稲垣・金田一シリーズ4

    Excerpt: あらすじ:キャスト等は公式ホームページ でどうぞ! この作品のモチーフになっているのは、昭和23年に起きた「帝銀堂事件」という、やはり都内の銀行で起きた大量毒殺事件である。「迷宮入り」どころ.. Weblog: Yが来るまで待って・・・ racked: 2007-01-08 01:23
  • 「悪魔が来りて笛を吹く」 ~悪魔を象徴す怪しき音色よ、其れが答えだ~

    Excerpt: 横溝正史でさえ、この恐ろしい事件を発表するのは気が進まない、というほど陰惨であり、呪いと憎しみに充ち満ちている。それが今回の事件である。 昭和22年、“世紀の犯罪”とまで言われる「天銀堂事件」が.. Weblog: 混沌と勇気日記。 ~壊れ逝く混沌の世界、汝は見届ける勇気は~ racked: 2007-01-08 03:03
  • 吾郎ちゃんの金田一耕助には首捻っちゃうけど、「悪魔が来りて笛を吹く」は一寸だけ評価してやる。

    Excerpt: 吾郎ちゃんの「悪魔が来りて笛を吹く」を見たのだ。      「悪魔が来りて笛を吹 Weblog: …だっちゃ☆ racked: 2007-01-08 08:00
  • フジテレビ『悪魔が来たりて笛を吹く』

    Excerpt: 金田一耕助 は日本の探偵小説史上、明智小五郎と並ぶ二大巨頭。 袴姿にマントを羽織って、フケだらけのボサボサ頭をかきむしるしぐさは 誰もが知っているけど、 具体的にその顔や姿を思い浮かべるとどうなるだろ.. Weblog: ON THE ROAD racked: 2007-01-08 10:12
  • 悪魔が来りて笛を吹く

    Excerpt: 稲垣=金田一の第四弾! Weblog: Akira's VOICE racked: 2007-01-08 10:57
  • 悪魔が来りて笛を吹く「ドラマ」

    Excerpt: 『悪魔が来りて笛を吹く』放送日:2007/01/05TVM 製作国:日本原作:横溝正史出演:稲垣吾郎、国仲涼子、成宮寛貴、伊武雅刀、螢雪次朗、銀粉蝶、高橋真唯、小日向文世、野波麻帆、浜丘麻矢.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2007-01-08 11:00
  • 悪魔が来りて笛を吹く

    Excerpt:  一昨日、フジテレビ系列で、横溝正史の「悪魔が来りて笛を吹く」をTVドラマとしてやっていた。年初めだからか、面白そうなテレビ番組が多く、なかなか本が読めない。録画したまま、放置してある映画も大分ある。.. Weblog: 風と雲の郷(読書と時折の旅と・・) racked: 2007-01-08 17:50
  • 稲垣金田一 第4弾『悪魔が来たりて笛を吹く』

    Excerpt: 稲垣吾郎の金田一耕助シリーズも今回で第4弾!『悪魔が来たりて笛を吹く』が放送されましたが、去年の『女王蜂』に続いて私は原作を読んでいません。他の役者さんが演じた金田一シリーズで既に何度もドラマ化され.. Weblog: 蛇足帳~blogばん~ racked: 2007-01-08 18:17
  • フジテレビ「悪魔が来たりて笛を吹く」金曜プレステージ

    Excerpt: お気づきでしたか? 3番目。今宵の犯人ですよ。「稲垣吾郎 国仲涼子 成宮寛貴 小日向文世 伊武雅刀 秋吉久美子 榎木孝明 ほか」。「トリビア」の指摘通りでしたね(笑)。 Weblog: 伊達でございます! racked: 2007-01-08 19:27
  • 金曜プレステージ 悪魔が来りて笛を吹く オモシロイネ

    Excerpt: 稲垣吾郎さんで第4弾なんですね公式HPhttp://wwwz.fujitv.co.jp/akuma/index.htmlまぁ、定番の『金田一シリーズ』なので特に書く必要はないだろう。存分に楽しませても.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2007-01-08 21:20
  • ドラマ「悪魔が来たりて笛を吹く」

    Excerpt: 「金田一はコミカルさがポイント」 哀しきかな、横溝ファンとしては見るまい、見るまいと思っていてもやっぱ見てしまった。 このところ、フジテレビ戦法には乗るまい!と固く思っているんだけどなあ… .. Weblog: シネ・ガラリーナ racked: 2007-01-09 14:28
  • 悪魔が来りて笛を吹く~金田一耕助シリーズ第4弾

    Excerpt: 稲垣吾郎主演金田一耕助シリーズ第4弾、ともなると板に付いてきた感じはしますけど、石坂浩二や古谷一行に比べると若干清潔感のある金田一耕助ですね。 Weblog: 英亭*B Edition* racked: 2007-01-09 23:49
  • 吾郎ちゃんの金田一耕助には首捻っちゃうけど、「悪魔が来りて笛を吹く」は一寸だけ評価してやる。

    Excerpt: 吾郎ちゃんの「悪魔が来りて笛を吹く」を見たのだ。      「悪魔が来りて笛を吹 Weblog: …だっちゃ☆ racked: 2007-01-10 06:23
  • 〈ドラマ〉悪魔が来りて笛を吹く

    Excerpt:  DVD鑑賞と読書は控えます…と言いつつ、ドラマ観ちゃいました^^; 終わりが見えてきたから、ま、いっか(←こら!/苦笑)  ■あらすじ 信州の林で元子爵・椿の自殺死体が発見された。 だがある日、椿の.. Weblog: Crescent Moon racked: 2007-01-10 13:02
  • 悪魔が来りて笛を吹く

    Excerpt: 金曜プレステージ、金田一耕介シリーズ第4弾を、長々と鑑賞。 何度も映像化された、横溝正史の定番「悪魔が来りて笛を吹く」 天銀堂事件とか、笛のレコードが屋敷内に鳴り響くシーンが、 昔、ガキの頃に観.. Weblog: かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) racked: 2007-01-14 04:47
  • 「悪魔が来りて笛を吹く」(2007・TVドラマ) ライトな金田一

    Excerpt: 昨年末に「犬神家の一族(2006)」を観賞して、ようやく横溝トラウマ解除されたの Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2007-01-20 20:35
  • 悪魔が来たりて笛を吹く(TVドラマ2007年)#739

    Excerpt: 2007年 フジテレビの2時間ドラマ稲垣吾郎の金田一シリーズ。ドラマ版なのでわかりやすい展開で、映画版だけ見ててわかりにくかった部分がようやくわかってきました。つーか、すっかり忘れてましたから。横.. Weblog: 映画のせかい2 racked: 2007-01-22 20:41
  • 「悪魔が来りて笛を吹く(2007)」★★★

    Excerpt: 横溝正史の金田一耕助シリーズのひとつ。 金田一シリーズは本当にたくさんの俳優さんが演じている。 ちょっと調べてみると。。。。。 石坂浩二 古谷一行 片岡鶴太郎 渥美清 片岡千恵蔵 岡譲司 河津清三郎.. Weblog: NAGOYAおさんぽ日記--ワンコと映画と音楽の日々-- racked: 2007-04-17 17:42
  • 『悪魔が来りて笛を吹く』(2007)

    Excerpt: 観る順番が逆になっちゃいましたが、こちらは稲垣吾郎版<金田一耕助シリーズ>の4作目。全5作の内、4作品には先行する市川崑監督の映画版が存在するが、唯一この作品のみそれがない。意外なセレクトといえばいえ.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2009-01-16 21:23