柏で夕食 「鰻 大和田」 ~おいしい鰻

日曜日に柏の「鰻 大和田」へ夕食を食べに行った。

前に「木曽路」の帰り道にその前を通り、その店舗のオシャレな点にまず目をひかれ、そして店内が満席だった。これで非常に気になっていた店でした。

ネットで調べたところ、鰻のお店で、銀座で修行された方が地元柏に帰ってきて出したお店らしい。しかも大変おいしく、混んでいるとの事。これは一度いかなくては!とずっと思っていた。
やっと行くことができた。

こんでいるとのことだったので、電話で予約。17時30分にて。


さてさて、お腹をすかして時間通りにお店へ。裏に駐車場がある。4,5台止められるかな。すぐ向かいに100円パーキングもある。

さてさて開店は夜は17時からだが、この時間ですでに6,7割かた席がうまっている。
お店は外観もしゃれているが、中も非常に綺麗。全席椅子席。禁煙のようだ。

ここは電話予約時に説明があったが、注文してから、鰻を割き、白焼きして、十分に蒸して、タレをつけて焼き上げるそうです。その為、でてくるまでに3,40分かかります。

そこで、まあ、帰りは同行人が運転するとのことなので、まず生ビールをジョッキで注文。
そして、鰻重の重ね重 2400円を注文。

さらに肝焼き、肝わさ、鳥と野菜のサラダ、う巻き、漬け物の盛り合わせも注文。
これで飲みながら鰻をまつ。

実際に出てきた順番とはちがうが、各料理を紹介。

まず肝やき
画像


ここの店の心遣いはにくい。とり皿もきちんと温めてある。
画像
この肝焼きはうまいね~。元気がでる。


そして肝わさ
画像


ちょっとボケていたのでさらにアップで
画像

肝をわさび醤油であえたもの、いや~、ビールがすすむ!


鳥と野菜のサラダ
画像
これもドレシングがちょっとスパイシーでおいしい。

う巻き
画像
これも卵がふんわりで薄めながらしっかりとした味でおいしい。


そして漬け物の盛り合わせ
画像
器も盛りつけもいい。


また生のジョッキも陶器
画像
いろいろつまみながら生を2杯のんでしまった。


そしてやっとお待ちかねの鰻。
画像


画像



画像

さらにちょいUPで
画像



鰻はさすが、非常にやわらかくておいしい。かさね重なので中からでてくるのがこれまた贅沢。タレは薄目でさっぱりしている。このへんにしつこくないのが実にいい。薄味が好きな私は特に!鰻本来の旨さがひきたち、味わえる。
テーブルにタレもおいてあるので、好みでかけたすこともできるのがいい。

そしてご飯も非常においしい。
ご飯も注文してから、鰻を調理している間に人数分だけ炊きあげるそうで、炊きたてのご飯に焼きたての鰻が楽しめる。

私たちが入店してすぐ、18時前に店内は満席。そして席があくとすぐ埋まる。いや~、たいしたもの。やはりおいしい所には人は来ますね~!

ここは鰻は、「うなぎ板東太郎」という天然ものに優るとも劣らない、特別養殖うなぎを使用しているとこのこと。

お昼は得々鰻丼が1000円であるようです。

いや~、評判通り大変おいしかった。
また、行こう!

画像


画像


鰻 大和田 HP(http://www.geocities.jp/unagiowada/

画像







この記事へのトラックバック