全国でも珍しい「四方懸造」の観音堂 『笠森観音』

もう去年の12月22日のとこですが、友人E君と千葉県の笠森観音にいってきた。

ここは全国でもめずらしい、四方懸造りの観音堂がある。正式名は「笠森寺」。
岩山を背に、それぞれ高さの違う61本の柱で支えらている。


取手を出発下のが遅かったので、到着したのは16時を過ぎてしまった。
ここは16時をすぎると観音堂へはいれないのである。残念。

しかし、せっかくきたので、中へははいれなくても観音堂を拝もうと参道の階段をひたすら登る。これがけっこう長いのだ。やっと山門がみえてきた。
それをくぐると見えた!

画像


これが四方懸造かぁ~。
けっこう高い。

画像


画像


これは是非、中へはいってみたい。
案内図をみるとちょっとだが、散策道もあり展望台などもあるようである。

今日はもう薄暗くなってしまっているので、次回は早めに出発して観音堂の中と周囲を散策しよう!







この記事へのトラックバック