続・春をもとめて 河津桜への旅 美味、春の膳~浜辺の小さな旅亭「佳遊亭」

「佳遊亭」 」への旅の続き。


ロビーで、生ビールをいただきながら海を眺める。
画像

こんな海の際へとまるのは久しぶりです。いいもんですね。

海を眺めていると宿の方が翌日の日の出の時間と方向を教えてくれた。

この「佳遊亭」、12部屋のこじんまりとした宿だが、とても綺麗で、非常におつつける、そして宿の方も皆さん親切で非常に感じがよい。
露天風呂もいいし、あとは評判の料理だね。


さて、夕食前に、大浴場と部屋の露天風呂にまた1回づつはいり、お腹もすきました。
いよいよ、夕食です。
料理旅館のお料理、楽しみだ!


『河津桜の宴』


画像


食前酒
画像

桜葉ワイン


先付け
画像

三つ葉雲丹びたし



画像


画像

河豚春山焼き・花わさび・玉子味噌漬け・梅くらげ・鴨ロース煮・蕗の頭当座煮・天豆

う~ん、春ですね~。キレイだし、当然味もいい!
ビールもすすみます!!
画像




画像


画像

湯葉豆腐 蟹 芽かぶ

これもいい味です。決して濃くなく、それでいてしっかりと味がでています。美味い。


お造り
画像


画像

伊豆下田港より 近海物盛り合わせ

伊勢海老・金目・平目など。
さすが、白身ばかりですね。どれも甘みがあり、食感もいい!


金目の煮付け
画像

これも金目自体もいいんですが、味漬けが最高ですね~。盛りつけもキレイだ。


口なおし
画像



鍋物
画像

しゃぶしゃぶ 牛リブロース 水菜 一味

お肉もとても柔らかい。


煮物
画像


画像

蕪白煮・竹の子・菜の花

ほんと味つけがいいですね。


酢の物
画像

ほたる烏賊・葉葱・酢味噌


御食事
画像


画像


画像


画像

芹御飯・赤出汁・香の物

このご飯、いけますな~。


水菓子
画像

メロン・苺・オレンジ


甘味
画像

杏仁


非常に美味しかった。
さすが料理旅館らしく、味付けもよく、いいものをすこしづつ。
刺身もへたな鮪などはなかったし、定番ともいえる天麩羅なども。
デザートもメロンをポンと一切れだすのではなく、おいしものをすこしづつ3品。
どれもおいしく、オレンジなどは苺より甘かったくらいです。

きちんと料理された美味と春があふれた食事でした。

大満足!



そして、当然、食後にも温泉につかり、そして夜桜を見物に。
画像


寒かったですが、さすがに夜も人がけっこういますね~。
しかし、夜の撮影は難しい!

コンデジですが、夜景モードでとってもシャッタースピードが遅いので、どうしてもブレてしまいますね~。

はっきりいって撮った写真全部、みごとにブレてました。
それでも一応雰囲気だけでもということで、見づらいですが何枚かUPします。
画像


画像



実際はライトアップされてたいへん綺麗でした。

出店もおおく、甘酒、お酒、煮込みやその他焼き物など、けっこう売ってましたが、こちらは夕食あとでお腹がいっぱいなので。
それと夜は、やっぱ寒いですわ。


宿へもどり、入り口が電飾されていたのでこれも1枚。うひゃ~、みごとにブレてる!
画像



それと、私どもの部屋はこの宿で唯一、桜の通りが見える窓がありました。
その窓から一枚。
画像

ははっ、やはりブレて・・・。


部屋にかえり、早速大浴場の露天風呂と部屋露天に続けてつかりました。寒いし、温泉三昧じゃ~。
画像


画像


画像

明るいうちに海を眺めながらはいる露天もいいですが、夜の露天も非常にいい。
暗いとよけいに波の音が耳にきれいにはいりこんでくる。

この波の音を聞きながらつかる温泉がとてもいい。



(つづく)




●関連記事
 
 『春をもとめて 河津桜への旅  ~浜辺の小さな旅亭「佳遊亭」』


  『続々・春をもとめて 河津桜への旅 綺麗な朝陽~浜辺の小さな旅亭「佳遊亭」 』





この記事へのトラックバック