続々・春をもとめて 河津桜への旅 綺麗な朝陽~浜辺の小さな旅亭「佳遊亭」

一足早い春の香りをもとめてきた河津。

佳遊亭」へ宿泊し、温泉三昧して、酒を飲んで床につきました。そして、朝5時に起床。
男女入れ替わった大浴場へまず行き、そして部屋の露天にまたつかる。

以前の旅行の記事でも記述しましたが、私は湯疲れしないんですよ!

そして、6時22分だったかな?日の出を待つ。

画像


画像


画像

だんだん明るくなってきます。
釣りをしている人がいる。

画像


画像

伊豆七島も見えてきました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

伊豆七島もきれいにみえます。
この『佳遊亭』からは七島のうち6島が眺められる。
まず当然、大島。
そして、写真の左より、利島・鵜度根島・新島。
新島は平たく横に長くて、その合間からみえるのが、左側が三宅島・右側が御蔵島。

画像

ベランダから眺める砂浜もいいね。空も綺麗だ。


さてさて、朝陽も撮ったところでまたまた温泉へ。
画像


画像


画像

入れ替わった大浴場。
こちらの露天は寝湯になっています。う~んこれは気持ちいい。
まあ、景色は昨日の海が目線で眺められる露天のがよかったかな~。でも気持ちいい。

さて、湯上がりにビールをのみ、朝食を待つ。
腹減った~。

いよいよかな。
画像


画像


画像


画像


画像


画像

自家製のお豆腐。これが甘くて美味しかった。

画像


画像

これは特製のおじやでした。何かはすみません、わすれちゃいました。
もちろん、普通のごはんもでました。

画像

いい味でてるね~。

画像


画像

このデザート、甘すぎず最高です。

画像


画像

珈琲もお部屋にもってきてくれます。

いや~、どれも美味しくいただき、お腹一杯です。朝も満足。


一休みして、また温泉でしょう!


部屋にもどり、部屋のベランダから海を眺める。
この景色、大島や他の伊豆七島ももうすぐお別れだね。

画像


画像


画像


画像


画像



さてさて、温泉も十二分につかり、正しく温泉三昧。
そして、食事も堪能し、美しい景色も楽しみました。
そろそろ出発です。


この浜辺の小さな旅亭『佳遊亭』、非常にいい宿でした。

こじんまりと12部屋の宿ですが、おちいていて、綺麗だし、風呂もそこそこいいし、とにかく料理旅館ということで料理が美味しい。味つけが非常にいいし、きちんと料理された季節をとりいれたお料理がとてもいい。

そして、館内の小さなところまで気配りされている。
画像

3階建てで規模も大きくないので、当然エレベーターも一基なので、非常階段を使用して上り下りしてしまうことが私は多かったのだが、その非常階段の済みにも花が綺麗にかざられていた。

宿の人も皆、親切で非常に感じがいい。
とてもいい宿でした!



さてさて、宿は出発しますが、旅はまだ終わりではありません。
メインともいうべき、桜、河津桜をこれからあらためて見物しに行きます。

唯一桜が見えるこの部屋の窓から最後にもう一度、桜を眺める。
画像


画像


画像

今いくぞ~、桜、「河津桜まつり」、待ってろ~!





(つづく)







●関連記事

  『春をもとめて 河津桜への旅  ~浜辺の小さな旅亭「佳遊亭」』


  『続・春をもとめて 河津桜への旅 美味、春の膳~浜辺の小さな旅亭「佳遊亭」 』






この記事へのトラックバック