My Faborite Songs 『八神純子』BEST3 あの透き通る高音が最高。

このところ、日々の出来事の怒りをブログにぶつけることが多い。

気分転換も兼ね、以前記述していた記事『My Faborite Songs 』を久しぶりに書いてみる。
すこし内容もかえ、アーティスト別の、(う~ん、やはりアーテフィストという言い方には若干の違和感があるな~、ヤッパリ歌手なんだよね・・・)BEST3をやってみよう。

まず誰にするか、通常ならアリスからなんだけど、それは最後にして・・・・、だれだ、あっ、車で今でもよく聴く、八神純子にしよう。

彼女の歌声を聴いたときは衝撃だった。澄んだ、透き通った声とはこれをいうんだなと感激、感動したものだった。
すぐにファンになった。



八神純子 My BSET3


 第3位 「シークレット・ラブ」 

     作詞 八神純子・竜真知子
     作曲 後藤次利


私の大好きなアルバム夢見る頃を過ぎても」(1982年2月5日発売)に収録されている曲。
このタイトル曲「夢見る頃を過ぎても」もとてもいい!



このアルバムは本当すきで、何万回も聴いています。
いまでも、車の中で以前レコードからテープにおとしておいた音源を、されにMDに録音して今でもよく聴きます。ほんといい曲ばかり。
タイトルの「夢見る頃を過ぎても」、「白い花束」、「金曜日の夜」、「B.G.M」などなど、全部すきなんですが、一番好きなのがこの「シークレット・ラブ」。




 第2位 「思い出は美しすぎて」

      作詞 八神純子
      作曲 八神純子
 
1978年、彼女のデビュー曲。 
デビュー当時は、彼女を知らず、やはり存在をしったのは、3枚目シングル「みずいろの雨」である。
その後、アルバム等でこの曲をしった。
彼女の透き通った声、高音がとてもいい。

“やさしく時は流れすぎて
   ひとり振り返る・・・・”








 第1位 「想い出のスクリーン」

      作詞 三浦徳子
      作曲 八神純子

画像


1979年2月発売の彼女の4枚目のシングル。
「みずいろの雨」に続きヒットした曲である。

この曲が私は彼女の曲の中で一番好きな曲。

“赤く、赤く、燃える炎に、
 あなたの横顔が浮かんで消えた・・・・”

大好きだな~、メロディが非常にいい。




画像

アルバムも何枚かもっていた。

あっ、そう、「Be My Best Friend」もいいよね~。でも私の八神純子BEST3は、上記の通りで!


「ザ・ベストテン」で久米宏に、けっこう、つっこまれていたのを思い出す。
久米は後にVTRで振りかえって、その時は気づかなかったといっていたが、八神本人は、
「うそばっかり、けっこう傷ついていたんですよ。」
と笑って話していた。




懐かしいので、ついでにこれも。




他の歌手の歌を唄っても彼女はててもいい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのトラックバック