信州・扉温泉への旅  ビーナスラインと車山高原

先週の週末に信州は松本の山の中にある扉温泉にいってきた。

この日の天気は良好。快晴。


このガソリンの高い時期になんと車で、早朝に出発。
都内をほとんど混まずに通過し、中央高速に入る。

談合坂SAで朝食をとるが、もうすごい人。まだ時間は7時台。みんなやっぱ早いね。

そして、しっかりと朝食をとり、諏訪ICまで高速をそれなりにとばす。
いつもは120キロ前後でいくんだけど、ここはガソリン高騰を気にして、終始90キロで、走行車線をひたすら走る。

そして、諏訪ICをおり、いよいよビーナスラインへむかう。


大門街道を通り、白樺湖畔へでる。
ここで休憩をかねて、車をちょっと下車。湖を眺める。
画像

うん、いい天気だ~。


そして、ちょっと休憩のあと、ビーナスラインを気持ちよくすすめ、車山へ。
もう駐車場もけっこう混んでいる。なんとか近い位置に車をとめて、リフトへ向かう。
画像

よし、山頂へむかうぞ~。

山頂までは二つのリフトを乗り継いでいく。まず第1のリフトで山を登り、次にいよいよ山頂へ。

画像


画像

山頂まで歩く方もけっこういました。

さてさて、では第2のリフトへ。
画像


おっ、いきなり急だね。
画像


リフトをおり、景色を眺める。キレイだ。
画像


画像


さっきの白樺湖が小さくみえる。
画像

うん、やっぱ旅行は天気だね~。


ニッコウキスゲも満開だね。
画像



さて、さらに山頂をまざして階段をのぼる。あのレーダーのところまでいくぞ!
画像


画像

いやいやきたね、ほんとの山頂に。

画像


また景色もほんと絶景だね。
画像


ニッコウキスゲもキレイだ。
画像


それにしても、人がおおいね。それもちゃんと歩いて楽しむ人が。
画像


画像



しっかりと景色を、青い空と山の緑、ニッコウキスゲの黄色を楽しんで、山を下ります。
しかし、ほんとに色が、コントラストが美しかった!

画像



そして、さらにビーナスラインを進める。途中もう富士見展望台により、そして霧ヶ峰ロイヤルインなどがあるところによろうとしたのだが、ちょうど昼どき。強引に駐車場にはいってみるが、やはり駐車するスペースがなく、あきらめてビーナスラインをすすむ。
まあ、もう景色や花は十分に楽しんだのでね。いいかっ。

窓をあけて風をうけながら、ビーナスラインの高原ドライブを楽しむ。ハンドルも軽いね。


そして、霧ヶ峰ICのところまできて、また休憩。
ここで昼食をすませる。

正面にひろがる蛙原。
画像


霧鐘塔まで歩く方もおおいようですが、私たちは今回はパス。

またグライダーの滑走場があり、とんでいたのですが、カメラにうまく納められませんでした。

さてさて、腹ごしらえもすみ、美ヶ原方面へすすみ、八島ケ原湿原へむかう。
画像



駐車場にはいるのに15分程度待ったが、無事到着。
画像


画像


学生など子供たちもおおくいました。
湿原のまわりをグルリと回る遊歩道があり、45~60分くらいで散策できます。

私たちは・・・、当然パスです。
いや~、もう歳だね。



でも、車山からずっと歩く方もけっこういるようで、みなさん元気で、そして自然を満喫してますな~。

まっ、私たちは自分なりに十二分に楽しんで湿原をあとにしました。


あとは扉峠までビーナスラインをすすみ、早々と宿へ。

さぁ~、温泉だっ~!!








●信州・扉温泉への旅 つづき

  信州・扉温泉への旅 「明神館」 自然の中で温泉と緑に癒される・・・。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • すっかり秋 -ビーナスライン八島湿原-

    Excerpt: 里にはそばの花が満開の今日この頃ですが、「八島湿原はどんな状況なんだろう?」と急に気になり、お天気もよかったので行ってみることにしました。この時季に行ったことはなかったので、「どんな花が咲いているかな.. Weblog: 信州に移住した人生 racked: 2008-09-15 00:32