続・修善寺温泉 湯回廊「菊屋」 再訪

再訪した、修善寺温泉の湯回廊「菊屋」。




  ◇昨年訪れたときの記事

    『修善寺への旅

    『続・修善寺への旅  修善寺温泉「湯回廊 菊屋」

    『続々・修善寺への旅  修善寺温泉「湯回廊 菊屋」 お食事編


温泉にもつかり、湯上がりのビールも飲み、再び温泉へ。
そしてマッサージ機で身体をほぐしたところで、館内を散策してみる。

そう、この湯回廊の中を。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

夜食の夜鳴きそばがこれまた楽しみだ。
もちろん、無料です。


館内を一廻りしたところで八角堂ラウンジで珈琲を。
画像

ボタンをおせばすぐに飲めるのですが、その横に自分でいれられるようにセットがおいてあります。

ここはちょっと珈琲にはうるさい私。
その腕前を。

豆からするんですね~。
画像


画像


画像


画像

うん、なかなかいけます。
が、写真はいけませんね~、ボケちゃいました。

以前は、ここで生ビールも飲めたんですが、今はなくなってしまったんですね。ちょっと残念。

画像




さてさて、部屋に戻り、部屋の露天でさいどまったり。
ボ~ッと湯につかり、心と体を癒す、至福の時。
温泉はいいね~。

さて、もうすぐ夕食、お腹がへってきたよ~。





食事処『伊豆三昧 修善寺囃子』で、夕食。

画像



一、食前酒
画像




一、先附 

    胡桃豆腐 クコの実
画像




一、前菜

    柴芋菊花寄せ 白平茸寄せ
    焼きしめじ菊花ポン酢和え
    するめ烏賊塩辛 秋刀魚梅煮
    むかごと蒟蒻松葉串 柿砧巻き
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




生ビールがすすむっ!
画像

    



一、先椀

    土瓶蒸し 松茸 鱧 海老 銀杏
画像


画像


画像


画像




一、御造り

    季節の鮮魚 まぐろ かんぱち
    伊勢海老 妻色々
    山葵
画像


画像


画像


画像


伊勢海老も当然、あまく美味いが、かんぱちが最高。
しこしことこの歯ごたえ、たまりませんっ!
画像





ここからは趣肴会席、そうチョイスができるのです。

一、焼物・揚物

  ここは全員おなじもので、

     鰈磯辺揚げ ポン酢
画像


画像





一、洋皿

   同行人は、

     洋風フォアグラ茶碗蒸し 松茸
画像



   私は、

     たらば蟹 蟹ソース 黒米ドリア
画像


画像


画像


このソースも最高でした。





一、煮物

   同行人は、

    とろろ芋雲丹寄せ 銀餡
画像



  私は、

    山の幸盛り合わせ 菊花蕪
画像





一、食事

    これも全員、

     ちりめんご飯 赤出汁 御新香
画像


画像


画像





一、水菓子

     蒟蒻饅頭 アイス 旬果実
画像


アイスが柿のアイスで、絶品でした。




画像



夜の八画堂サロンを通り、離れへ。
画像


画像



部屋で食休みのあと、貸切露天へ。
画像




のんびり、まったりとテレビをみながら過ごし、22時には夜鳴きそばを食べに。
画像


和風のスープがいけるんですよっ。



部屋に帰り、ドラマの続きをみてあと、部屋の露天につかる。
そして、湯上がりに売店で買っておいたアイスを。
画像


画像

こりゃあ、太るね!


寝る前に、またまた露天風呂へ。
貸切は入浴中だったので、一般の露天へ。

入浴は午前1時まで。
あがってくるとまだ20分あるので、マッサージ機に横になり最後のワンクール。
最高だぁ~。


部屋にもどり、ビールを飲み床につきました。
おやすみなさい・・・・。







  ・『修善寺温泉 湯回廊「菊屋」 再訪。



  ・『続々・ 修善寺温泉 湯回廊「菊屋」 再訪。』







My旅行紀行~泊まったお宿と風景と食事などを紹介します










   











この記事へのトラックバック

  • 湯回廊菊屋

    Excerpt: 約1200年の歴史を誇る温泉地で、温泉街を流れる桂川沿いに落ち着いた雰囲気の宿が建ち並んでいます。地名の由来となった修禅寺や、伊豆最古の温泉といわれている「独鈷の湯」など歴史を感じる名所が数多く残され.. Weblog: 温泉生活 racked: 2009-10-21 19:14