クリスマス・ディナー 2008  「アンジェブリッサ」(つくば) 

速報でおしらせした通り、23日に家族でつくばの「アンジェブリッサ」でクリスマス・ディナーを食べてきた。

去年に続いてここで食べるのは2度目。


 クリスマス・ディナー2008  12000円(税込・サ別)


いつものように最初にお断りしておきますが、食べてからもう日にちがたってしまっていることもあり、お料理を持ってきてくれたときに、説明をしていただくのですが、そのときは熱心に感心して聞いているのですが、ほとんど忘れてしまっております。

以前も記述したように、私は専門家でもなんでもないのでメモなどとるとブログの為に食べているようで、肝心の食事自体が楽しめなくなってしまうのでね。


さてさて菊地シェフが2ヶ月練りに練って完成させたディナーをいただきましょう!



まずグラスでシャンパンを。
画像



乾杯!!


アミューズ

 金粉をちりばめた
  フレッシュフォアグラのガランティーヌ

画像


 アミューズからフォアグラですね。
 ハート型がかわいい。




焼きたてのパン

画像


熱々でもちもちしてとても美味しいパンです。




前菜1

 花束に見立てたエディブルフラワーと
  つくば産お野菜達のミルフィーユ
   生ウニとキャビア添え

画像


画像


食用のお花を花束にみたてているんですね~。

画像


画像


酢漬けにされた野菜を薄く何層もかさねています。
とても綺麗で、そして美味しいね。

上にのっているウニとキャビア。
とくにこのウニがとても甘かった~。

断面を撮ろうと試みたのですが、縦には切れず諦めました。




ここでお酒のおかわり。
グラスで赤を。

画像


去年も同じことを書きましたが、私は魚だろうがなんだろうが赤なんですよ。
本当はしぶいフルがすきなんですけど。




前菜2

 オマール海老、手長海老、フロマージュ、リンゴ
  色々詰めたクレープ包み、ホワイトソースで

画像


画像


贅沢と美味しさが詰まったこのクレープの中、最高ですね。
ブロッコリーのようなのは、ブロッコリーと中国野菜の芥藍とを掛け合わせたスティックセニョールっていったかな。




スープ

 松茸と魚介類の熱々洋風土瓶蒸し
  カプチーノ仕立て

画像


画像


画像







 北海道産タラバガニと
  山口県萩沖最高級鮮魚のバプール
   紅芋のクーリー添え

画像


画像


画像


画像


タラバ甘いし、お芋もあま~い。
魚も最高ですね。




グラニテ

 お口直しのアイスの実

画像


画像





沖縄産アグー豚ロース肉のシンプルなポワレ
 焼酎漬けにしたトリュフの香り高いソース

画像


画像


画像


まずアグー豚をもってくるところがちょっとビックリしましたたが、この肉、ジューシーで脂身がとても甘い。
そして、他のお料理もそうでしたが、運ばれてきた時に、お皿の美しさもそうですが、香りがとてもよい。




デザート

 クリスマス・ディナーの最後を飾る
  アンジェブリッサ特性

画像


こちらは菊地シェフがでてきてコアントローでフランベ。

盛りつけ的には、チョコのタワーの上に、金色の飾り、カラメルかな、のっていたのですが、フランベしたときに横に落ちてしまい、写真には写っていません。
フランベ前に撮ればよかったかな。

画像


中につめた~いフルーツ等がいっぱい!




コーヒー

画像




プチフール

画像




最初と最後にも菊地シェフがテーブルまで出てきてくれました。
最高でしたよ!


どのお皿も綺麗で、香りよく、そしてとても美味しい!

本当に最高のクリスマスでした!


ボリューム的にも大満足。
母はさすがにボリュームがあり、これではデザートまで食べきれないと途中から量を調整しながら食べてました。
私と皿を取り替えたのですが、決してに口にあわずに残しているわけではなく、申し訳なさそうにしておりました。



来年もまたここだねっ!







「アンジェブリッサ」   茨城県つくば市東新井38-9  TEL029-855-8000

    お店HP   http://angebrisa.com/restaurant/menu/index.html

    お店ブログ http://angebrisa.cocolog-nifty.com/blog/






 

この記事へのトラックバック