「ハイ・ヌーン」  

「ハイ・ヌーン」といっても、映画「真昼の決闘」ではありません。

そう「世にも奇妙な物語」の「ハイ・ヌーン」です。

「ズンドコベロンチョ」と肩をならべる名作とされてますが、私はこの「ハイ・ヌーン」が一番すきです。
たしかに「ズンドコベロンチョ」も捨てがたいですが、私の好みではやはり断然こっち。

まあ、もちろん「世にも奇妙な」を全作みているわけではありません。
昔のがよくみていたかな。

たしか最初は違うタイトルで深夜にやってましたよね。
深夜わくから格上げする初期の頃の作品じゃないでしょうかね。

最初の頃のが放映の度に夢中でみたいた記憶がありますが、鮮明におぼえたいるのはこの作品。

よほどインパクトがつよかったのでしょう。


玉置浩二も妙にインパクトがあったのですが、私は食堂のオヤジ(ベンガル)がメニュを端から順番に注文しているのに気づいたあとも、奥さんに次を作っちゃいなよといわれても、
「注文をきいてからだ。」
というオヤジの一言が、とても印象的でした。

また、真夏の暑い、空調のこわれた蝉の鳴き声が響く店内、そこに流れる「テイク・ファイブ」がこれまた妙にいいんですよ。

そして、最後のオチも。


これ、原作は江口寿史で「すすめ!!パイレーツ」なんですね。
これ、読んでいたのですが、知らなかったな~。

とにかく、この作品が「世にも・・・」で、私は一番すきだな~。









懐かし~!!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのトラックバック