奇蹟の一杯、 それはその瞬間の全て・・・・。 『バーテンダー』

今、DVDで久しぶりに「バーテンダー」を見ながら、悲劇の伝説の酒『クレメンタイン』をやっている。


さすが、ヘブン・ヒルの原酒を8年熟成させただけあって、
とても旨い。

そして、

この バーボンを楽しむと同時にこのアニメをみて、
つくづくと想う。


酒とは単に味ではない。

酒とは想い出。

人の想いがこめられている。



深い、忘れなれない想い出が・・・・・・。



故に、酒に飲み方などないのである。

誰と、何処で、何時飲んだか。
それが酒、そう、酒の味となる。

バーテンダーとは、それを導き出す、優しいとまり木。



奇蹟のグラス、それは貴方自身が作り出す、貴方自身だけのもの・・・・・。



画像




『バーテンダー』

神のグラスの第1話を。












これが、酒なんです・・・・。











この記事へのトラックバック