関東最古の八幡様 「大宝八幡宮」 (下妻)  宝くじ、正にこれで目出たく大きな宝を・・・

文武天皇の大宝(タイホウ)元年に創建されたこの八幡宮。

訛ってダイホウとよばれているこの関東最古の八幡様は、千古の歴史を秘めた大変目出度い、由緒なる名前である。



平将門も先勝祈願の為に度々参拝し、この宮の巫女によって新皇の位を授けられたと伝えられる。

文治5年(1189)年奥州征伐平定の日、源頼朝が鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請(神仏の分霊を請じ迎えること)し、摂社若宮八幡宮を創建した。


この大変目出たい名前の神社。
ここを久しぶりに参拝した。


正に大きな宝をあたえてくれるであろう。

これでトロ、2億円はバッチリ!? だろう。


画像


画像


画像


画像


画像


画像



本殿
画像



画像


画像


画像



国歌「君が代」にでてくる さざれ石
画像


画像


画像


画像


画像




この大宝神社の参道には「えびすや」と「なべや」という2軒の団子やさんがあります。

私は以前、観光の仕事をしていた時から「えびすや」。
駐車場も広いし、また、なんと久しぶりにいったら店がキレイに建て直されていた。

久しぶりにご主人とおカミさんに挨拶したら、去年建て直したとのこと。


ここのお団子、そして、案外らーめんが美味しいです。


行かれれる際は、是非「えびすや」へ!







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック