「踊る」について・・・

あくまでも個人的感想ですが・・・、

やはり月日が流れすぎましたね。


待望の、スピンオフばかりみせられたファンにしては、ようやくの織田裕二、青島であり、つくられなければ納得できませんでしたが、やはり遅かった。

皆、歳をとりすぎた。
つまり、同じような感じでえがくにはね。


実際の人間関係も影響しているようだが、水野の件や、室井の警視監への大出世など。
もう、現場とのやりとりをする立場の人間ではなくなってますからね。

むかしの本庁と所轄の描き方はもう、まあ、様々な意味でね。



そして、あくまでも個人的には、散々待たされた関係上、一番鑑賞したのは、「交渉人 真下正義」です、私は。

「踊る」の本編よりこのスピンオフを一番鑑賞しています。

以前、記事にもしたようない、鑑賞当時はいい印象はありませんでした。

なぜ、ユースケなんかで映画にしてしまう!
青島は?

こんなのつくるなら「踊る」をつくれ!

なんかがっかり・・・。


と、想いの中鑑賞した1回目、勝手なイメージですが、私の中でのイメージよりも交渉をしたとの印象はもてず、犯人が謎のままとの「激突」の真似をしたような点が非常に気に入らなかった。


だが、この中でさらにスピンオフされた木島のキャラがとても好きだった。
当時もこの「交渉人」よりも、「逃亡者 木島丈一郎」のが面白いと想った。

その木島のせいで、何度か鑑賞しているうちに、この作品、妙に好きになったいった。

最初は、ハナから毛嫌いして鑑賞していたんだね・・・・。


まあ、犯人が謎の点というのは個人的には許せない点ではあるが、なかなかドキドキさせ、無理はあるものの、娯楽的内容に徹し、山場もそこそろあり、そして各登場人物のキャラがとてもいい。

そして、クリスマスと絡めた点も非常によく、どかことても心温まる作品であると感じ、ついつい何度も鑑賞してしまう。
犯人とのやりとりの中で、映画の話をする点も面白い。


正直、「踊る」の映画の中では、本筋の「踊る」3作品よりもこの「真下」が一番、好きであるし、そして、鑑賞している。



國村や、金田そして、爆処理の松重、そしてやはり、寺島の木島がとてもいい!

織田裕二の登場を散々またされたファンとしては、そのせいで、この作品を何度も鑑賞してしまったというのも正直な点である。
そして、「木島」も。

余談だが、「室井」は一度しか鑑賞していない。いまの段階でも再見しようとも、今は、想わない。

弁護士のやつや、警護官のやつは未見である・・・・。




とにかく、私は「踊る」のドラマ以外では、織田がでる本筋よりもこの「真下」が今は、一番すきであるし、一番デキのいい作品だと想う。

映画の1作目は、まあ、そこそこいいのだが、犯罪に精通している小泉の力を借りる、つまり「羊」パターンは無理があるし、私は本編に絡む、無理ともいえる(個人的に)黒沢作品へのオマージュが個人的に非常にハナにつくのである。

2も、岡村の意味が私はよく理解できないし、遊びの部分はとても面白いのだが、犯人グループの形態、
あれが対立構図としはいいのだが、その真意・行動が無理があると思わざるを得ない。

だが、私としは1よりも2のがいい出来だと感じる。好みだからね、あくまでも。

ただ、そう差はない。


だが、どうしても妙な重さが、よくもあり、悪くもある。

その点、この「真下」は娯楽としてとても楽しんでみれるのである。
そして、ラストもとてもいい。

また、「木島」と一緒に何度もみると、そのリンクがとてもいいんだな~。



3も、もう賞味期限切れは明らかながら、織田をださないと、本筋をつくらないと納得できないという状況の中、
無理に室井との関係を描くのではなく、そして、小栗などをいれるのなら、

スピンオフを散々見せられたファンから言わせてもらうと、キャラが立つ、木島や、爆処理班長そして、本筋でもおなじみのSATあたりを絡めて、現場の人間と青島の活躍を描いた方が良かった気がするし、
ファンも納得した気がする。

私が3で、一番嬉しかったのは木島演じる寺島や、爆処理に松重が出演していたことであり、
そして、一番がっかりしたのは、この二人の絡みが非常に少なかった点である。


もはや、このキャラがたつ、二人を、いやあとSATもいれて、青島と絡めて描く以外には、もう面白みはでないと私は個人的に確信する。


なんなら、織田抜きで、木島や、爆処理、SATでスピンオフをつくってほしいとさえ思う。

そこへ、ユースケを今更でも交渉人として、絡めてもおもしろい。


もはや、湾岸署刑事課だけを描くには、いや、そこに室井さんを絡めて描くにはあまりに・・・・・・。




今は、もう、木島と爆処理でしょう!!!!!





ドラマでもいい、木島と爆弾処理で作品を!!


織田がいないと現場がスムーズなのでスピンオフばかり好んでつくったなどとの記事も目にしますが、
真相はともかく、
「相棒」をみるとね、あちらのスピンオフ「米山」には水谷・寺脇がちゃんと出演していて、スピンオフとはこういうのをいうんだと痛感させられます。主演が非常に好意的であり、協力的なんですよね。

つまり、内田のときのように、一瞬でもいいから、きちんと織田を絡めるべきなんですよ、スピンオフは。

それがないから、余計に、思ってしまう。


もう、織田なしで、木島や爆処理、ユースケだけでまた見たいと!!!







まあ、オリジナルキャストだけで描いてほしいというファンの方もいると思いますが、
絶対面白いですよ、今となっては。
木島絡みで描いた方が。




また、どうせ織田がでないなら、「交渉人」がなかなかいい作品なだけに、
もうなしで、
でないのが納得できないのだが、その点をあきらめ、クリアにすれば、
木島・爆処理・SAT・真下で十分に作品はつくれるし、それで楽しめると想う次第・・・・。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック