漫画原作にもっともはまったキャスト

日本の映画、ドラマなど漫画原作の作品が数多くあります。


私は小学・中学時代は漫画はけっこう読んでいました。
週刊少年ジャンプ・チャンピオン・マガジン・サンデー・キング、そして月刊ジャンプ・コロコロコミックなど全て読んでました。そして、このころです。ヤングジャンプが創刊されたのは。

しかし、高校になって以降はほとんど読まなくなりました。


ですので、私の知っている漫画はかなり昔でとまっています。

故に、最近のドラマや映画で、これも漫画が原作なんだとあとで知ることばかりです。
実写をみるにはそれのほうが、イメージにとらわれずいいと私は想っています。


で、その最近の漫画を全くしらない私がしっている作品の中だけでの判断ですが、
私が知る限りで、漫画の原作に一番ハマッたキャストは、

「BE-BOP HIGHSCHOOL」のヒロシの清水宏次朗。

年齢はともかく、あのヒロシははまり役でしたね~。
イメージ通り。





トオルはね・・・・・・、トオルちゃんは、いかにも真面目でね・・・・・





金田一少年の剛君も、「美味しんぼ」の唐沢もイマイチ、他のもイマイチから問題外ばかりで・・・・・

「バーテンダー」、相葉君はひどかった・・・・・



実写版であれほどハマリ役はないでしょう。









この記事へのトラックバック