「相棒」 月本幸子三度、いや、  ~「花の里」営業再開・・・

うまく杏樹を、月本幸子を使いましたね。
水谷との共演も多いし。


元夫婦という右京の唯一のプライベート的要素であった点からはかなり落ちますが、まあ、苦肉の策で、人間関係やその描写はともかく、あの場所を復活させたことは大きいでしょう。


HPにも二代目女将として正式に追加されたね。早い。





それと、

姪っ子、正確には姪じゃなかったけ、原沙知絵をもう一回だしてくれないかな・・・・




松下も最近でてないね・・・・・






それと、以前のような食や飲み物・音楽に関する話をやってほしいね。

「殺しのカクテル」や「殺人晩餐会」、「琥珀色の殺人」、「殺しのピアノ」、「殺人ワインセラー」など。

へたな社会問題を扱う回よりも、よっぽど深みがあって、おもしろいんだけどね・・・・・



やはり桜井武晴だな。


他には、「右京のスーツ」はとてもよかったけどね・・・・























この記事へのトラックバック