頑固オヤジの店とは、接客のできないクズの店である。

いかに味がうまくとも、金を取る以上、接客ができなければ店としてはクズ。

そんなクズは厨房の中から一歩もでずに、他に接客をまかせばいい。
つまり、作る職人に徹するべきで、店を経営するべきではない。


頑固オヤジなど、所詮、接客できないクズ店主でしかない。




いかに、味がよくても、気分が悪い店には絶対にいかない。

人間の感覚とは微妙であり、敏感である。

不快な態度の店で、本当に美味いと感じるのだろうか。

私は感じない。

百歩譲って、味が美味くとも、そんなクズのいる店に金を払っては絶対にいかない。















この記事へのトラックバック