光市母子殺人事件 当然、被告は死刑

今、ニュースでこの被告・元少年と面会した様子を放送している。

少年はおちついて、冷静で答えたという。
だが、その内容は、傷害致死であり、厳正に処罰してほしいとのこと。

卑怯な罪逃れの戯言を、自分の為に冷静に話しているに過ぎない。




ようは、何も反省していないのである。仮に反省していたとしても、過去は消えない。罪は消えない。

殺された母親と幼き子供は生き返らない。

強姦目的で母を殺し、幼き子供まで。そしてことを実行した。
鬼畜の所行である。


これは死刑にしないで、なにを死刑にする。

幼児だろうが、小学生だろうが、未成年であろうが、おのれの性欲を満たすために人を二人も殺めた奴をどんなに反省しようとも生かしておくことは許されない。

しかも、このクズは何の反省もしていない。未だに。



断固死刑を望む、この被害者の夫を、強行だと避難する一部の声もあるようだが、大きな間違いである。
この夫は微塵もまちがっていない。

なぜ、平凡に暮らしていた親子が突然、やりたいために押し入ってきたアカの他人のガキに殺されなけらばならなかったのか。
この元少年の未来までうばっていいのかなど論外。では、この家でただ夫の帰りをまっていた嫁の未来は。そして幼き子の未来は?

それを強引に奪っておいて、自分の未来はどうなる?だと。そんなことは許されない。


断固、死刑にすべきである。






まあ、以前も記述したことだけどね・・・・・










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのトラックバック