「麒麟の翼」 謎ときの迂回、その謎がミステリーなのか・・・・  

泣ける。 そして、感心する。こう絡めるのか・・・・。 その場所、そしてつかみ。これはうまいね。 何故、被害者は・・・・。 そこがミステリー。 だが、やっぱり人情ものだよな~。 まったく情報もないので、そしてこの手のつくりなので、純粋に誰が犯人かという部分では非常にたのしめた。 犯人で…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

青沼菊乃の素性・・・・ 市川版「犬神家の一族」(1976年)

「犬神家の一族」の映像作品にて、その最高峰は1976年の市川版である。 佐兵衛翁の至上の愛を、遺言状にこめた真実の愛を、そして佐兵衛翁の想念を、そして怨念を非常にうまく、金田一耕助を引き立て、うまく映像化している。そして、あのラスト、あのヒューマニズム。金田一耕助の魅力も満載。 つまりはそれだけ市川監督が原作を愛し、理解して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「犬神家の一族」 青沼静馬の儚き宿命

「犬神家の一族」で一番の犠牲者は誰か。 それは青沼親子、つまり青沼菊乃であり、やはり静馬であろう。 菊乃は、50歳を過ぎた佐兵衛翁から寵愛を受ける。そして、静馬を身ごもると一時は佐兵衛翁の正妻として迎えられる話まででる。それは犬神三姉妹の命がけの脅迫、猛反対により阻止されるが、その後、佐兵衛翁から犬神家の全相続権を意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「犬神家の一族」 松子未亡人の復讐・・・

犬神三姉妹の長女、松子未亡人。 彼女は何故復員の迎えにいった際、静馬を自身の息子・佐清と間違ってしまったのか。 佐清と静馬は共に佐兵衛の美貌と性格をおおきく受け継いでいた。そして静馬は戦場で顔に大きな怪我をおっており、識別が不可能であった。 それにしても、最愛の一人息子を間違えるだろうか。 普通ではありえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「犬神家の一族」 犬神佐清の大罪

犬神家の見立て連続殺人、これは犬神佐兵衛翁の遺言状が発端となる。 佐兵衛翁は、その遺言状に真実の愛をこめた。 つまり、長年の夢、想い、想念を。そして怨念を。そして最も重要な点はその怨念は至上の愛から転じたものであること。 全ては、野々宮春世への愛。 だが、連続殺人を引き起こさせた直接の原因は、ある人物にある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「犬神家の一族」 野々宮珠世の確信と決意・・・

「犬神家の一族」で、何故野々宮珠世は犬神総本家に平然と暮らしていられたのか・・・・。 これに関しては過去の記事でも記述しているが、   ※「犬神家の一族」関連の過去記事            『犬神佐兵衛翁の怨念 ~「犬神家の一族」』       『『血と狂気に彩られた至上の愛-』~「犬神家の一族」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光市母子殺人事件 当然、被告は死刑

今、ニュースでこの被告・元少年と面会した様子を放送している。 少年はおちついて、冷静で答えたという。 だが、その内容は、傷害致死であり、厳正に処罰してほしいとのこと。 卑怯な罪逃れの戯言を、自分の為に冷静に話しているに過ぎない。 ようは、何も反省していないのである。仮に反省していたとしても、過去は消えない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・市川崑の金田一耕助

金田一耕助。 この名探偵、誰のが、誰が演じたのが好きでしょうか。 古くは片岡千恵蔵からはじまり、池部良、高倉健、中尾彬、古谷一行、石坂浩二、渥美清、西田敏行、鹿賀丈史、豊川悦司などなど。 テレビでは、やはり古谷一行、小野寺昭、片岡鶴太郎、中井貴一、上川隆也、稲垣吾朗など。 演じた役者全てではないが、私の記憶ではこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋みなみの母、淫行で逮捕、その報道・・・・

AKBの何とかいう女の母親が淫行容疑で逮捕されたらしい。 そして、そのことを報道しないマスコミに苦言を呈した者がいるとか。 まあ、正論でしょう。 本人ではないといっても、その娘のところにその逮捕についてどう思うかマスコミが殺到してもいいはず。 どうでもいいことだが、普通そうするだろう・・・。 その娘も成人しているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫川、甘いな・・・・ 

たった一度間違えたら終わり・・・・。 通常では厳しすぎる判断である。 だが、人の命を奪う行為。殺人となれば話は別。 もちろん、すべてが一緒クタにはできない。 だが、基本、人を殺めた責任は死をもってしか償えない。過ぎた正義などでは絶対にない。 また、自殺も自身の責任で行うべきである。自殺とは誰のせいでもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相棒 ~及川の神戸尊、卒業

「相棒」の相棒がまた変わるようである。 どのような形で去るのかはまだ不明だが、警察庁に素直に返ってほしいね。 次の相棒はまた男性のようだが、というか、まだやるんだね・・・・・。 それと、嫌われ者でも杉下右京の実力は評価されているのだし、それにキャリアなのだから、いつまでも警部ってのは信憑性がないよね。 後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more