また、揺れた・・・・・

まもなく大震災から一年がたつ。



我々は、あの悲惨な過去をわすれてはならない。そして、それだけではない、教訓としなくてはならない。


だが、本当にそうか・・・・。




停電にそなえて灯油のストーブはかった。

懐中電灯も、ラジオも用意した。



だが、非常食と水は十分ではない。

車のガソリンも特に備えてはいない。



テレビはワイヤーで固定したが、家具の全てはしていない。



ただ、強く忘れないように思っているのは、ブレーカーを必ず下げること。








これで新たなる大地震に、そして最大余震が起きた時に対応できるのだろうか・・・・。


復興もいいが、本当に備えているのか・・・・・・。




揺れるのはしようがない。津波がまたくるのもしようがない。

だが、前回と同じではダメなのである。





もちろん、皆学習して教訓としているのだろうが、我が家ははたして・・・・・・・・








二度とごめんという気持ちだが、現実はそうはいかないようである。


最近、よく揺れる。

不安や心配だけでは対応はできない・・・・・・・





真剣に一年前を思い出し、様々な悲劇を無駄にしないようにするのが本当に必要なことである・・・・・・・・・。























この記事へのトラックバック