生きる・・・

腹膜透析を始めて4年。
食事制限をはじめてからはもう何年だろう。

最初は、主治医から「やりすぎです。おそろしい程管理されています。もう少し、食べてもいいですよ。」
と、いわれた。

あれからもう何年たつだろう。

週に一回はそれでも外食をし、すきなものを食べていた。ここのブログでも紹介していたし、温泉へもよくいっていた。

もちろん普段は節制していた。


が、酒はやめられなかった。月に1,2度だが、友人と飲んでいた。

そのおかげで、腹膜透析導入となった。



まあ、要は、好き放題やっているわけだが、それでも普段はまじめに水分制限、食事制限をしていた。

腹膜導入後は逆にもう少し食べてくださいと言われる程であった。



が、ここ一か月、さすがに疲れた。

私などは全然過酷な状態にあるわけでもなく、ただの甘えなのだが、好きな珈琲も自由に飲めない生き方に少々疲れた。その程度のことに私は耐えられなくなってしまったのだ。

甘え以外の何物でもない。


ということで、ここ一か月、それこそ好き放題に我慢をせずに水分をとった。珈琲もすきなだけのんだ。

もちろん、体重は増え、血圧は上がり、心臓も肥大し、体も浮腫んだ。体は正直である。

そして本日、月一の通院日。


医師はじめ、栄養士、看護師、 全員に叱られた。

この人達はなぜこうも他人ことに真剣なのだろうと今頃あらためて不思議に感じた。

そして、投げやりになっていた私の心を再び本気にさせた・・・・・

感謝しかない。




もう少し、生きてみることにした。








この記事へのトラックバック