テーマ:北野武

キタノワールド ~『菊次郎の夏』 にキタノブルーの神髄をみた・・・

この数日、『キッズ・リターン』・『菊次郎の夏』を初見し、『座頭市』を再見した。 他人の評価はともかく、私の中での北野武監督作品の評価は非常に高い。 とにかく、私の好みなのである。 そして、恐ろしい程の感性の同調。 まず、何度も記述しているが、無駄な台詞、無駄なシーンがないこと。 そう、説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「HANA-BI」  その優しさに涙する・・・・・。

北野作品の特徴は、内容とは別にその画の安定感である。 安心感といってもいい。 もちろん、少ない台詞の中、淡々とすすんでゆくので当たり前といえばそうなのだが、 バイオレンス描写も、流れの全体としては中和される程の安定感がある。 特にこの作品は、大杉漣演じるもと刑事の画に関する描写が、迷走する心の行き先を表現し、 流れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Dolls」  愛とは狂気である・・・・・。 

本日、北野武監督の「Dolls」を鑑賞した。 やはり、映画とは夢の世界へつれていってくれる娯楽であり、そして、やはり、芸術などというわけのわからないものではなく、物事を本質を見事に描いている事実ではない真実であると強く感じた。 愛とは、切なく、美しく、残酷で、盲目な狂気である。 想いの強さ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アウトレイジ」  仁義なき中、哀しき忠誠と武闘派の最期・・・・。  (再追記)

武の作品を劇場で鑑賞するのは、実は「その男、凶暴につき」以来。 全部鑑賞しているわけではないが、以前も記述したように私の中での武作品の一番は、 「あの夏、一番静かな海」。 透明感のあるキタノブルーがすべてを物語る名作である。 そして、バイオレンス系では「ソナチネ」。 この「アウトレイジ」は久々の…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

純愛市など斬り捨てろっ!  口直しに武版を鑑賞。

作風、描く軸は同じ題材でも、それは作品によってさまざま。 ソレは理解できる。 だが、座頭市は・・・・・・。 また、画の好み、撮り方というものはどうしようもない・・・・。 阪本監督の画は、私の判断ではアクション向きの画、撮り方ではないと感じる。 これは「イージス」の時に痛感した深い想いである。 とにかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北野版「座頭市」の主観ショット、市は見えているのか? (再追記)

北野武監督の「座頭市」。 この作品、鑑賞した方はその思いが別れる重大な点があると思います。 この中の座頭市、目がみえたのか、見えないのか。 今までの概念からすると当然、座頭市は目が見えない。 しかし・・・。 私はこの作品中の主観ショット、座頭市目線で人を斬るシーンがある。この瞬間、私は非常な違和感をおぼえた。目がみ…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

キタノブルー~「あの夏、いちばん静かな海」。 邦画史上最高のラブストーリー

聴覚障害者の茂は、ゴミ収集の仕事の途中、壊れたサーフボードを拾う。 そして修理し、海へと向かう。 恋人の貴子はいつも浜辺から練習する茂を見ている。 サーフィンを通し、その上達と同時に人間関係、社会性を深めていく茂。 あるサーフィン大会に入賞した後、嵐の日に茂はいつものように一人で海に向かう。 後からきた貴子が目にしたも…
トラックバック:5
コメント:1

続きを読むread more

夢と現実~「TAKESHIS’」

今「TAKESHIS’」を見た。 途中まではユーモアのきいた、イヤことを忘れる気分爽快な映画であるが、最後は夢がさめたような現実感に襲われる。 人間は、強固な目的・意志・欲望の為以外には一般的に茨の道はさける傾向にある。反抗・嫌悪・強さ・目上等に挑む対抗心をもちつつも、実際には楽は方向へ逃げる。例外も当然あるが、人間の本能と…
トラックバック:29
コメント:5

続きを読むread more