テーマ:周潤發

英雄本色Ⅲ 夕陽之歌 ~「アゲイン/男たちの挽歌Ⅲ」

激しい銃撃に託してみせる、2人の男の友情と過去のある1人の女の青春物語。 「アゲイン/男たちの挽歌Ⅲ 」  1989年 香港 原題 英雄本色Ⅲ 夕陽之歌 監督・製作 ツイ・ハーク 主演 周 潤發 アニタ・ムイ きちんと鑑賞するのは2度目、15年ぶり位。 原題も英雄本色Ⅲとなっているが、純粋な続編で…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

壮絶な銃撃に託してみせる、哀愁にみちた男の美学~「英雄本色Ⅱ」 男たちの挽歌Ⅱ 

「男たちの挽歌Ⅱ」を鑑賞した。 「男たちの挽歌Ⅱ」  1987年  香港 原題 英雄本色Ⅱ 監督 ジョン・ウー 制作 ツイ・ハーク 音楽 ジョセフ・クー 主演 ティ・ロン レスリー・チェン 周潤發 ディーン・セキ   昨日に続いての続編の鑑賞。しかし、ん~私はⅠ程登場人物たちに感情移入でき…
トラックバック:5
コメント:3

続きを読むread more

「英雄本色」 男たちの挽歌 ~香港ノワール、それはここから始まった・・・ 

久しぶり、何年ぶりだろう、5年いやもっとかな、「男たちの挽歌」を鑑賞した。 ホーは国際的な偽札組織の若頭的存在。その彼にはキットという愛する弟、そして親友で、弟分のマークがいる。 キットが警官を志したことにより、ホーは苦悩し、父親の助言もあり、組織から足を洗うことを決める。 ホーはマークに後…
トラックバック:7
コメント:6

続きを読むread more

周潤發 「タイガー・オン・ザ・ビート」がみたい!

1986年当時、「男たちの挽歌」を鑑賞して、周潤發のファンになった。 そして彼の作品を鑑まくった。 「愛と復讐の挽歌」「愛と復讐の挽歌 野望編」「マカオ極道ブルース」「黒社会」「風の輝く朝に」「地下情」「誰かがあなたを愛してる」「獣たちの熱い夜」「魔界戦士」「真夜中のヘッドハンター」「夢中人」「男たちのバッカ野郎」「大丈夫日記」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジョン・ウー&周潤發、全開!「HARD-BOILED/辣手神探」(ハードボイルド/新・男たちの挽歌)

ジャズ好きでバンドを組むのが夢だったテキーラことユン警部。 バーでよく相棒を含めた仲間とよくスィングしていた。 ある晩、ジョニーの組織があるレストランで密輸拳銃の取引を行う情報を得たテキーラは相棒とその店へ潜入。激しい銃撃戦の末、相棒を失ってしまう。翌日、バーにたたずむテキーラ。そこにはもうドラムをたたく相棒はいない。 テキ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

香港ノワール ~全てはこの作品から  「英雄本色 男たちの挽歌」

あらためて紹介する。 1986年 香港 監督 ジョン・ウー  制作 ツイ・ハーク  主演 ティ・ロン チョウ・ユウファ レスリー・チャン 「男たちの挽歌」(英雄本色) A BETTER TOMORROW ヤクザと刑事。相いれない敵同士でなりながら兄弟という絆で結ばれたホーとキット。そしてホ…
トラックバック:6
コメント:3

続きを読むread more

「誰かがあなたを愛してる」

「誰かがあなたを愛してる」(秋天的童話)  1987年 香港  監督 メイベル・チャン 主演 周 潤發 チェリー・チェン  原題 秋の童話。 この作品は公開当時、香港で大ブームを巻き起こた。ニュー・ヨークを舞台にお互いに惹かれあいながらも、すれ違ってしまう男女の愛を描いた珠玉のラブ・ストーリー。 N…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

香港ノワールに魅せられて

「狼 男たちの挽歌・最終章」が不滅の、香港ノワールの金字塔であることは、先に語った。 このときの潤發、ファッションも最高である。グレーのスーツに茶のシャツ・茶の靴(私の記憶に間違いがなければ)。これがとてもきまっている。これをみて、すぐにグレースーツに着る、茶のシャツを買い行った。 そして、ボートからの狙撃のシーン、潤發はサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港ノワールの金字塔 喋血雙雄

「男たちの挽歌」(英雄本色)は香港ノワールの傑作である。 続編に「男たちの挽歌Ⅱ」(英雄本色Ⅱ)があり、周潤發はマークの双子の弟役で出演。階段を背中から滑り落ちながら2丁拳銃を撃つシーンは伝説である。 この作品実質的にシリーズはこの2作。「アゲイン 明日への誓い」(英雄本色Ⅲ 夕陽之歌)、これはマークの若い頃のベトナム時代を…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

亜州影帝

いや~ウォッカ・トニック飲んでいい気持ちだ~ ところで、やっぱり「男たちの挽歌」がみたい!香港ノワール。 ハリウッドではないあのカラー、迫力、くささ。東洋人にはたまらない! 頼むからトム様は拳銃をうたないでくれ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛しのベレッタ

今日は、「TAKESHIS’」と「m:i2」を見た。 「m:i2」も何度も見ている。ジョン・ウーだし。 アクションはさすがジョン・ウーなのだが、トム様が困った。いつも違和感を感じていたのだが、銃口が下を向きすぎている。カメラの角度のせいもあるのだろうが、やっぱり下を向いている。 俺だけなのかなあ~。下に向いていると思うのは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英雄本色

無性に「男たちの挽歌」がみたくなった。 前はビデオに撮ってあったのだが、今はない。 ポスレンにリクエストしたら、廃盤で入荷不可とのこと。 あいえない!あの香港ノワールの名作が! 制作;ツイ・ハーク 監督;ジョン・ウー 主演;チョウ・ユンファ 黄金トリオの作品が・・・ 「挽歌」のユウファをみて、当時すぐに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more