テーマ:テレビドラマ

昔みていたTVドラマ 「バーディー大作戦」

これ、好きでした! ほんと子供でしたけどね。これオンエアみてましたよ。たしか土曜の21時かな。 これが終わって「Gメン 75」がはじまったんだよね。 「バーディー大作戦」 当初は、「バーディ大作戦」だったんだって。おぼえていない。 この前に「アイフル大作戦」をやっていたが、それはさすがにみていなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔みていたTVドラマ 「白い滑走路」

田宮二郎主演のドラマ。 「白い滑走路」 子供の頃、夢中でみていた。 たぶん、今思うとドラマ内容はよく理解していなかったんじゃなかろうか。 ただ、田宮二郎のパイロット姿がカッコよくて毎週みていた。 というか、再放送だったかな。 昼、みていたな~。 詳細は、う~ん、おぼえていない。 白い滑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔みていたTVドラマ 「夜明けの刑事」

このドラマも夢中でみていた。 まだ、ほんとに小さかった。 「夜明けの刑事」 おそらく、私が夢中でみた連続刑事ものはコレが初めてだったと思う。 放映はTBS系。これも20時からだった。曜日はおぼえていない。火曜かな、水曜かな。 「太陽」はこのあと夢中になったんだよね~。再放送もみてるんで記憶がさだかではないけど、オンエア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔みていたTVドラマ 「新幹線公安官」

YOU TUBEをみていたら、ほんとに懐かしいTVドラマのOPの画があった。 「新幹線公安官」 石立鉄男の「鉄道公安官」ではないですよ! 1977年にテレ朝系で放映されたドラマ。火曜の20時からだったかな・・・・。 ちょっと調べたら、第1シリーズと第2シリーズがあるらしいが、詳細はよくおぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔みていたTVドラマ 「大都会~闘いの日々」

これもすきなドラマでした。 これも以前一度、記事にしています。 『大都会~闘いの日々』 そう倉本聰が企画・原案の重厚なヒューマンドラマ。 石原プロが製作したはじめてのTVドラマ。 あの西部警察の前進のようなパートⅢとは、主役の黒岩こそ一緒ですが、もうまったく別物のドラマです。 裕次郎も医者ではなく、新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔みていたTVドラマ 「大激闘 マッドポリス'80」

1980年に火曜の21時から放送された刑事もの。 私の大好きなドラマである。 当時のキャッチフレーズが、 「10秒に一発撃ち、一分にひとりの犯人が死ぬ」 という、正に私にピッタリのドラマ内容であった。 「大激闘 マッドポリス'80」 話は、まあ荒唐無稽。 これがよかったんですよ!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔みていたTVドラマ 「プロハンター」

日テレの刑事・探偵ものは好きでよく見ていた。 このドラマも好きだった。 「プロハンター」 1981年に日テレの21時から放送。 この番組が終わって火曜サスペンス劇場が始まった。 主演は 草刈正男       藤 竜也 の二人、探偵もの。 ここに柴田恭兵が絡み、その他に名取裕子・小林稔侍…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昔みていたTVドラマ 「あいつがトラブル」

80年代、私的には昔という感じではないのだが、もう20年位前なんだね。 好きなドラマがあった。 「あいつがトラブル」 このドラマに関しては過去に一度記事にしている。   『あいつがトラブル 』 記憶が定かではないが、日テレで「あぶない刑事」が終わって、好きな刑事ものがなくなったときに、フジではじまり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「相棒」1stシーズン 第7話「殺しのカクテル」 まさに相棒・・・・。

「相棒」の1stシーズンの中で、特に好きな話がある。 この「相棒」の私が非常に好きな点の一つは、1度登場したキャラを同じ役者で別の話または、別のシーズンで登場させる点。今回の劇場版も、津川、木村、松下、西村、原田などがそうである。 プレシーズンの2話目からでている、生瀬演じる“平成の切り裂きジャック”が私はとても好きで、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔みていたTVドラマ  『俺たちの勲章』

最近、仕事が忙しく映画(DVD)を鑑賞する暇もない。 家に帰って、酒飲んで、ぼ~っとTV見ている内に寝てしまう。 記事の間隔も空いてしまうので、昔みていたドラマでも想い出してみる。 日テレの刑事・探偵ものは大好きだった。 ショーケンの『傷だらけの天使』もいいが、優作が好きな私はこのドラマがすきだった。 『俺たち…
トラックバック:1
コメント:21

続きを読むread more

「八つ墓村」 辰也出生の真相 その確信とは・・・  (追記)

「八つ墓村」について、私的に気になる点が生じた。 それは、フジTV、稲垣版の「八つ墓村」の内容についてである。 ある原作的に重要な人物が存在しない点。 しかるに、何故、私はあそこまであの映像にあれほど惹かれたのか。 美也子の最期が、厳密にいうと金田一と対峙するシーンが描かれている点で評価する方も多い。しかし、それ以上に・・・…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「八つ墓村」 本筋と側面  それを今一度、考える・・・。  

今一度、「八つ墓村」について、その思いを語ってみる。 私は、ここ最近のうちに「八つ墓村」にていての記事を二つ記述した。 『 「八つ墓村」 本筋と側面 鶴子の深き愛~辰弥、その名の由来 (再追記)』 (http://toridestory.at.webry.info/200704/article_10.html)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「八つ墓村」 本筋と側面 ~竜のあぎとに秘められた愛・・・、辰弥出生の真相・・・。(訂正追記)

「八つ墓村」の原作を今読み終えた。 前回私が記述した記事、『「八つ墓村」 本筋と側面 鶴子の深き愛~辰弥、その名の由来』(http://toridestory.at.webry.info/200704/article_10.html)には間違った点が多々あった。 つまり私は稲垣版が原作に忠実であろうと想像のもとに市川版を批判して…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「八つ墓村」 本筋と側面 鶴子の深き愛~辰弥、その名の由来 (再追記) 

市川版「八つ墓村」を鑑賞し直した。 実は、ちょっと前にビデオになった以来ぶりくらいに鑑賞した。そして、非常に物足りなさを感じた。正直がっかりしてしまった。そして、今一度確認すべく、今回またみた。 市川版を見直す理由、原因、それは、フジの稲垣版「八つ墓村」が最大の原因。 ここでフジの稲垣版金田一について私の思いをまず述べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「八つ墓村」 (TVドラマ フジ 稲垣版)

今、稲垣版の「八つ墓村」を見直した。 正確には、はじめてみたといっていい。 つまり、放送時、録画していてきちんとみてはいなかった。ただ、たまたま目にしたシーンが村人が暴動を起こし、辰弥を殺そうと捜しているシーン。ここで村人全員が頭に懐中電灯をさしていた。 これが原作どおりかは忘れてしまって不明でなる(当然そんなわけはないと思う…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「悪魔が来たりて笛を吹く」(TVドラマ フジ 稲垣版)

フジの吾郎ちゃんの金田一、「悪魔が来たりて笛を吹く」をみた。 この原作、私は市川+石坂版で金田一ファンになり、それから全部ではないがかなりの数、ほんとんどの原作を読んだ。しかし、何度もこのブログで記述しているように、もう20年以上、正確にいうと25年位前である。その詳細内容はもう覚えていない。 ただ、この「悪魔が来たりて笛を…
トラックバック:20
コメント:3

続きを読むread more

踊るレジェンド・・・

今、TVで「交渉人 真下正義」をやっていた。 評価は前に記述したとおり・・・ また、踊るレジェンドで弁護士なんたらかんたらをやるらしい。 ハッキリ言って、レジェンドは本作があってこそ。スピンオフばかり製作されてもねぇ・・・ どうにかしてほしい。和久さんがいないからもう無理なのか・・・・ 「逃亡者 木島丈一郎」は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪平がみつけたある暗号 「アンフェア the special コード・ブレーキング-暗号解読」

「アンフェア the special コード・ブレーキング-暗号解読」をみた。 そこそこ楽しめたのだが、安本刑事はレギュラーの時に、この人が犯人だと思っていた人だったのだが・・・ 相変わらず雪平のキャラはいいですが、ストーリーはまぁ、こんなもんでしょうかね。 しかし、もろに続く終わりかたをしますな~ 江口もあれだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンフェア the special  コード・ブレーキング-暗号解読

警視庁捜査一課、殺人班4係。検挙率No.1を誇る女刑事・雪平夏見(篠原涼子)。 彼女を翻弄した事件は、雪平の相棒の安藤が黒幕であり、彼の死で幕はおりた。 雪平は安藤の最期の場所に横たわる。刑事であった父が15年前に殺されてから続けている儀式。「死んだ人間が最期に見たもの」を雪平自身の目で確かめるために・・・ そして、彼女はある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼頭千万太の憂い~TVドラマ「獄門島」 上川隆也編

テレ東の上川金田一シリーズ第2作目。 金田一耕助は、復員船の中で戦友・鬼頭千万太から遺言かわりのあることを頼まれる。その約束を守る為、彼は瀬戸内の孤島、獄門島へ向かう。 そこで彼をまちうけていたものは、無惨な連続殺人事件・・・ 登場人物、犯人等は原作にそっています。設定も細かな点は相違ありますが、金田一自身が千万太と戦友で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ハイエナが集まった

悪がはびこる犯罪都市に集められた五人の刑事たち。 それは確実に検挙率をあげなければ廃止される特殊セクションである。 彼らの行くところに正義はない、感傷はない、栄光もない。 あるのはただ、孤立無縁な悪との闘いである。 この森山周一郎氏のナレーションで始まる刑事ドラマ。1978年4月、「大都会パートⅡ」の後番組として始まった、「…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大都会~闘いの日々

昭和51年、石原プロが制作した初めてのTVドラマ。 本庁の黒岩は深町軍団と呼ばれる城西署捜査四課に派遣される。 企画・原案 倉本 聰。人間ドラマに重点を置いた、従来の刑事ドラマとは一線を画す作品。 大都会というと、西部警察の前進のようなパートⅢを思い浮かべる人が多いと思うが、1作目は全く違う。重厚なヒューマンドラマである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危険を買う男

工藤俊作は、ある日女弁護士 相木まさこの調査を依頼される。依頼どおり調査をすすめる工藤はやがてあるビル火事がこの依頼に関係していることを知る。その火事は保険金目的の組織がからんだ放火であった。 「探偵物語」の第3話。賠償美津子が女弁護士役で出演(彼女は準レギュラーというかその後数回登場する)。 赤いコスモが印象に残る回。ラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あいつがトラブル

ショーケンといえば、「直二郎」も好きだが、「あいつがトラブル」これが大好きである。 平成元年にフジテレビ系で放映された刑事ドラマ。 クレジットの最初は南野陽子だが、実質的にはショウケンのドラマである。 「太陽」のマカロニがもし、生きていたら・・・というコンセプトでつくられた。 新宿署で問題刑事だった沖田はある捜査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘇る松田優作

今、TVで優作の特集をしていた(来週も続くようだが)。 私の最も好きな俳優である。 「太陽にほえろ!」「俺たちの勲章」、「大都会パート2」「遊戯シリーズ」「金狼」「野獣」「家族ゲーム」「ア・ホーマンス」「それから」その他、優作の作品は何度も見ている。中でもやっぱり「探偵物語」! 何度みたことだろう。当時、ガキのくせに黒…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more