テーマ:テレビドラマ

江口のいない「救命病棟24時」・・・・、いわば織田裕二の出ない「踊る大捜査線」である・・・・・

救命病棟は江口の、進藤一生のドラマである。シリーズである。 江口の降板の理由は私はわからないが、製作を強行するのなら、せめて、 個人的には、「救命医 小島楓」でよかったのでは・・・・ このタイトルを使うことは、私に言わせれば、 織田裕二なしで、「踊る大捜査線」と題して放送してしまようなものです・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・刑事ドラマといえば・・・  「太陽にほえろ!」 OP集

「太陽」のOP動画と歴代レギュラー(事務員を除く)を集めてみました。 刑事ドラマの金字塔。 私の中で「太陽」をこえる刑事ドラマはない。 刑事ドラマとえば「太陽」。 私は金八をみたことがありません。(ちなみにクラスでふたりだけでしたけど・・・・・) 次が、いろいろあるけど夢中になったという点からいえば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマOP

好きなドラマのOPを集めてみた。 残念ながら無いものが多かった。 ここにあげたのもすぐに・・・・・ 傷だらけの天使 傷だらけの天使 俺たちは天使だ 俺たちは天使だ OP 大都会 闘いの日々 大都会 闘いの日々 大都会 パートⅡ 大都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刑事ドラマといえば・・・  「太陽にほえろ!」刑事テーマ集

刑事ドラマといえば「太陽」 井上尭之バンドは最高。ベースはもちろん、岸部修三。 後半は大野克夫バンドだけど。 これを聞くと所詮「踊る」なんて話にならないね。 まっ、いまどきの奴は違うんだろうけど・・・・・・。 メインテーマ マカロニ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相棒 ~及川の神戸尊、卒業

「相棒」の相棒がまた変わるようである。 どのような形で去るのかはまだ不明だが、警察庁に素直に返ってほしいね。 次の相棒はまた男性のようだが、というか、まだやるんだね・・・・・。 それと、嫌われ者でも杉下右京の実力は評価されているのだし、それにキャリアなのだから、いつまでも警部ってのは信憑性がないよね。 後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「相棒」 月本幸子三度、いや、  ~「花の里」営業再開・・・

うまく杏樹を、月本幸子を使いましたね。 水谷との共演も多いし。 元夫婦という右京の唯一のプライベート的要素であった点からはかなり落ちますが、まあ、苦肉の策で、人間関係やその描写はともかく、あの場所を復活させたことは大きいでしょう。 HPにも二代目女将として正式に追加されたね。早い。 それと、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「救命病棟24時」第1シリーズのW主演に疑問・・・

どうでもいいことだが、あくまで私の中で納得のいかないことが・・・・・ 「救命病棟24時」は、江口洋介の主演によるシリーズである。 まあ、当初はあんなにシリーズ化するつもりはなっかのであろうと推測するのだが・・・ そして、芸能人、とくに役者というのは売れると怖いくらいに格が上がる。まあ、当然なのだが。 水谷や織…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画原作にもっともはまったキャスト

日本の映画、ドラマなど漫画原作の作品が数多くあります。 私は小学・中学時代は漫画はけっこう読んでいました。 週刊少年ジャンプ・チャンピオン・マガジン・サンデー・キング、そして月刊ジャンプ・コロコロコミックなど全て読んでました。そして、このころです。ヤングジャンプが創刊されたのは。 しかし、高校になって以降はほとんど読ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「相棒 劇場版Ⅱ」 終わりの始まり・・・・・    (追記)

友人E君と観に行く予定だったが、うちの親父が観たいというので、とりあえず鑑賞してしまった。 本来、劇場版はTVとは別ものとしてみる必要があるが、最近は、テレビの続きを平気でやる時代。 「ライアーゲーム」や、「SP」など。 本作も、今回は公開前夜の放映第9話の終わりが映画につながるという形をとった。 まあ、ほんのさわり…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

「赤い指」 (TBSドラマ)を観て・・・・・。リアルタイム感想録

今、録画を観ながらCMの合間にうっている。 まず、最初の感想。 クズガキとクズ親、とくにクズ母である。 なんだ、このガキの発言はっ! てめえなんざ、未成年だろうと死刑だ。 母親も死ぬなら、その手でクズガキを始末してから責任をとって自害しろ。 これが正直にその瞬間に感じた、私の気持ちです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「相棒」  やはり私は右京の相棒は亀山以外認めない・・・・。

今、また、「相棒」を見直している。 水谷のわがまま、彼が実は降板させたというのがどうやら本当のところらしいが、 まあ、数字がとれる彼のいうことはきかざるを得ないのだろうが、やはり・・・・。 ミッチーもまあ、いいかなと思い始めていたのだが、見直すとやっぱりね・・・・。 美和子との絡み、伊丹との絡み、そして、当初…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「踊る」について・・・

あくまでも個人的感想ですが・・・、 やはり月日が流れすぎましたね。 待望の、スピンオフばかりみせられたファンにしては、ようやくの織田裕二、青島であり、つくられなければ納得できませんでしたが、やはり遅かった。 皆、歳をとりすぎた。 つまり、同じような感じでえがくにはね。 実際の人間関係も影響しているようだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の刑事物にはまる・・・・。 やっぱり私は日本人っ!

この4月からのドラマ、各局の刑事物のデキがなかなかいい。 といか、非常に私の好みである。 火曜日 フジの  「絶対零度〜未解決事件特命捜査〜」 水曜日 テレ朝の 「臨場」 木曜日 テレ朝の「おみやさん」 金曜日 テレ朝の「警視庁失踪人捜査課」      同じく  「警部補 矢部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の本能、想いに優る物語はない。

「相棒」を見返している。 やはり、人の本能、想いに優る物語はない。 当然、シーズン1第7話「殺しのカクテル」が一番の名作である。 人の想い、そしてタイトルに通ずる様々な相棒の話。 心にしみる・・・・。 そして、その続編ともいうべき、シーズン6題14話「琥珀色の殺人」。 酒とは、単に味を追求するものでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒』シーズン8を振り返る・・・・。(追記)

『相棒』の最終回が20パーをこえたようである。 最近、個人的にはまっている、そして好きな女優である水野美紀がでたことは私にはとても嬉しかった。 内容もまあまあおもしろいものであった。 私は断然、というか、当初のコンセプトを強く信じる者としては、右京の相棒は亀山薫以外にはいないと今でも強く想う人間であるが、 まあ、ミッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「おやじぃ」がまた、見たいっ!!

ここ数日、懐かしいドラマをみていた。 「オヤジぃ。」 2000年 TBS 主演 田村正和 がんこ親父、神崎医院の院長医師の田村演じる神崎完一の家族を描いたホームドラマ。 妻役に、神崎美矢子に 黒木瞳 長女 神崎小百合に 水野美紀 次女 神崎すずに   広末涼子 一番年下の長男正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恋人はスナイパー」  (追記)

水野美紀が「踊る」にでないとの情報から、記事をかいていたら、いかりや長介のことも思いだした。 そして、このふたりのことから、無性にあのドラマがみたくなり、久しぶりにみてしまった。 「恋人はスナイパー」 ウッチャンこと、内村光良主演のドラマ。 そう、天才スナイパー・王凱歌(ウォン・カイコー )。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二階堂千寿と「相棒」  これも“ベスト・パートナー”・・・・

相棒シーズン8の第5話「背信の徒花」に二階堂千寿、いや、われわれの年代は“みねっこ”といったほうがいいかな、彼女がでていたとネットなどの様々な記事で書かれている。 が、 すでにシーズン1の第7話、そう、私の「相棒」の中で、一番好きな話、名作との誉れのたかい、あの正ににそのタイトル通り様々な相棒の話であるあの「殺しのカクテル」…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

振り返れば奴がいる

久しぶりに「振り返れば奴がいる」をみている。 いつみても、司馬先生がいい。 そして、いつみても石川と峰がうざい。 やつらはキレイごとばかりで、人間味がまるでない。 自己の信念を貫いて、マスをかいているだけの勘違い野郎。 みていて非常に腹がたつ。 石川の台詞は理想であり、現実みがまるでない。 医者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡をみたければ、その店へいけ~「ベル・エキップ」  『王様のレストラン』

三谷幸喜の最高傑作といえば、やはりこのドラマであろう。 『王様のレストラン』。 三谷自身、奇跡のドラマとみずから口にしたこのドラマ。 『振り返れば奴がいる』もいい、刑事物がすきな私は『古畑』も好きだが、やはり一番すきなのはこの『王様・・・』 である。 二番目は、『総理と呼ばないで』かな。 あれは、脚本がお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『太陽にほえろ!』へのオマージュ

私の大好きだった刑事ドラマ『太陽にほえろ!』。 伝説のドラマといっていいであろう。 当初は映画の、いや昭和のスーパースター裕次郎とあのショーケンの共演で話題になり、そして、あの優作を輩出したドラマ。 このドラマにオマージュをこめて製作されてドラマもある。 まず『あいつがトラブル』。 これはファースト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤堂俊介は警部補ではない・・・。

私が大好きだった刑事ドラマ、『太陽にほえろ!』。 大好きだったというか、常に私の刑事ものの中心にあるドラマ。 中学時代、周囲の友人のほとんどが『金八』をみている中、私はずっと、以前からみつづけていた『太陽』をみつづけていた。 まあ、今のわりと、全てではないにしろ警察の状況を正確に描こうとしている部分が見られるドラマからする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハイ・ヌーン」  

「ハイ・ヌーン」といっても、映画「真昼の決闘」ではありません。 そう「世にも奇妙な物語」の「ハイ・ヌーン」です。 「ズンドコベロンチョ」と肩をならべる名作とされてますが、私はこの「ハイ・ヌーン」が一番すきです。 たしかに「ズンドコベロンチョ」も捨てがたいですが、私の好みではやはり断然こっち。 まあ、もちろん「世にも奇…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「英雄ポロネーズ」を弾く杉下右京 (相棒シーズン3 第15話) 

最近、相棒をDVDで再見している。 遡るかたちでシーズン6から見始めてシーズン3まできた。 再見といっているが、こうして順番にみていくと放映時にみていない回もいくつかあった。 この話もそうである、初見であった。 シーズン3の第15話 「殺しのピアノ」。 ゲスト犯人は吹越満。ピアノ調律師が隠していた難聴をピアニストにみぬ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

稲垣版「犬神家の一族」・・・、核なき筋違いの脚本に失望感・・・。 (再追記)

友人に借りて、稲垣版「犬神家の一族」を再見した。 再見といっても、本筋はほとんど憶えていない。 冒頭の金田一のアメリカでのエピソード、あれを描いた点は非常におもしろいと、そして横溝正史を登場させ、金田一の探偵譚を記述するという原作にもある形式をとったのはとても興味をひいた。 しかし、やはり稲垣金田一に違和感があり、肝心の犬神家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀山~!!、カムバック!!!

「相棒」をみた・・・。 おもしろいのだが、やはり物足りない。私は・・・。 伊丹の「特命がかりのかめやま~。」がないと淋しい・・・。 美和子との絡みが、あの場面展開がけっこう好きだった・・・。 せっかく薫を卒業させ、新しい一歩を踏み出したのに、過去を振り返り、懐かしがるな  と怒られそうだが、私はあの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「相棒」についての疑問。最大で最悪のミス、愚かな製作側・・・。(追記)

テレ朝の刑事ドラマ「相棒」。 私はこれは水谷豊と寺脇の2人が主役だと認識していた。 そう、この2人のドラマだと。 以前、ドラマの中でも特命係が実質機能しだしたのは、亀山が特命係に異動してからだとのセリフがあり、そう描いていた。 シーズン5でも小野田官房長が次のようなセリフをはく。 「僕は、特命係は杉…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

必殺仕事人2009・・・

やっと『必殺仕事人2009』のスペを見た。 まあ、連続ものの第1回もみたのだが、え~、力をいれてのゴールデン放映ながらなぜ、松岡の仕事の時にかかる曲が、いまさらの「想い出の糸車」なのだろうか・・・。 これはかつての必殺仕事人での、何シリーズ目かはわすれたが、簪の秀の曲、そう、三田村が歌った歌である。 主水の殺しの時の曲…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「悪魔の手毬唄」 (フジ稲垣版)を一応みて・・・・・。

フジの吾郎ちゃんの金田一シリーズでとうとうこの作品を映像化してしまった・・・。 すでに青地リカのキャストを知った段階で拒否反応をおこしていたので、まあ当然見た感想は・・・・。 このシリーズでの一番いい作品は私は「八つ墓村」だと思っている。 このシリーズどころか、もちろん全ての映像作品を見ているわけではないが、私が知る限り本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昔みていたTVドラマ 「ちょっとマイウェイ」

1979年に日テレ系で放映されたドラマ。 主演は桃井かおり。 これ大好きでした。 「ちょっとマイウェイ」 私、桃井かおりすきなんですよ。 ちょっと脱線して好きな女優さんの話をしますが、一番好きだったのは浅野温子。 でももうちょっとね・・・。桃井かおりもすきです。 あと、以前すきだったのは、演技というより、頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more