ダーティー・ハリー

DVDでもってるのですが、また見てしまった。何度みているだろう。

とにかく、いわずとしれた刑事ものの傑作。同じシスコ舞台の「ブリット」も当然名作ですが、カラーがちがうどちらもすばらしい刑事ものである。

のちの刑事ものに多々影響をあたえた作品であるが、やはり一作目が一番!

イーストウッドはもちろんでが、ドン・シーゲルの力も大きい。

必要以上にはハリーのことを描かない部分や、自分のことも語らない部分がかえってハードさをひきたてている。

2作目などはわざとそうしたようですが、ハリーの自宅のシーンや隣人との接点をえがいたり、3作目では相棒と会話したりと私としては、描いてほしくない部分であった。

当初のキャスティングはフランク・シナトラだったらしいが、本人がハードすぎると降りている。やはいイーストウッド以外では考えたくもない作品。

銀行強盗に44を撃つシーンは涙さえでる。そして、きちんと弾数をかぞえておきながら、わざとまさにコバカに皮肉るように「夢中で俺にもわからないが。こいつは世界一強力な拳銃でおまえの頭なんかふっとぶぜ。運がよければ」と犯人に言う(映像でもシングルアクションでシリンダーを回し、さらにダブルアクションできちんと2回シリンダーを回して空撃ちさせてます)。最高!!

ただ、イーストウッドとコロンボに関しては字幕より吹き替え(山田康夫と小池朝雄)の印象のがつよいなあ。

よにかく、刑事ものの傑作。

S&W44故に、乱射することなく、1発づつで犯人を仕留めていくのがとても痛快。

あと、1作目からハリーはインスペクターなのだが、アメリカは統一の警察法がなく階級の呼び名が様々で翻訳者の悩むところ。サージェントは巡査部長で一緒だが、通常はロス市警、NYなどは警部がキャプテン、警部補がルテナント、インスペクターは警視だが、シスコ市警でインスペクターは専門捜査官のこと(警視と認識したり、物によっては警部と訳してるが、そうすると上下関係がおかしく感じる)。

でもよく5まで撮った。当然他の映画の中でもセリフなどででてくるアメリカ映画を代表するキャラなので、撮りたくなるシリーズ。
ただ、ここまで続いたのはその設定キャラとイーストウッドの個性そして何と言ってもやはり1作目の出来のよさ。ドン・シーゲルの力がかなりあると思う。何本も撮っている名コンビで合うのだろう。

1作目~5作目まで何度もみているが、4作目のレストランでのセリフは涙がでる。強盗に向かって、「俺たちからは逃げられないぜ」「S&Wと俺さ」と言うセリフ、たまらない!

そして、最後に 「GO AHEAD,MAKE MY DAY」
シスコの街でS&Wが火をふく。

画像











ダーティハリー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ

ユーザレビュー:
最近では見られない寡 ...
絶対敵にまわしてはい ...
痛快さがないからこそ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのトラックバック

  • 映画評「ダーティハリー」

    Excerpt: ☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1971年アメリカ映画 監督ドン・シーゲル ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2006-09-06 01:02
  • 「ダーティハリー」「クリント・イーストウッド 走り続ける76歳」

    Excerpt: ●ダーティハリー ★★★★★ 【NHKBS】イーストウッド演じるハリー・キャラハン刑事シリーズ第1弾。ハリーと無差別暗殺者・さそりの戦い。ダーティハリーの44マグナムが町の犯罪者達に火を放つ!イース.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2006-09-27 07:29
  • ダーティハリー

    Excerpt: (1971/ドン・シーゲル製作・監督/クリント・イーストウッド、ハリー・ガーディノ、アンディ・ロビンソン、ジョン・ヴァーノン、レニ・サントーニ、ジョン・ラーチ)  他人様のブログにコメントばっかり入.. Weblog: ::: SCREEN ::: racked: 2006-10-01 08:06
  • ダーティハリー

    Excerpt: 私が、イーストウッドといば、ダーティハリーと連想してしまうのは世代的な問題か。 シリーズ1から5までが、71年から88年までの期間ということもあって、74年生まれの私としては仕方ないことか。 .. Weblog: しーの映画たわごと racked: 2006-10-02 09:12
  • 映画評「ダーティハリー2」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1973年アメリカ映画 監督テッド・ポスト ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2010-06-05 00:02