危険を買う男

工藤俊作は、ある日女弁護士 相木まさこの調査を依頼される。依頼どおり調査をすすめる工藤はやがてあるビル火事がこの依頼に関係していることを知る。その火事は保険金目的の組織がからんだ放火であった。

「探偵物語」の第3話。賠償美津子が女弁護士役で出演(彼女は準レギュラーというかその後数回登場する)。

赤いコスモが印象に残る回。ラストはヘリまで登場し、派手な撃ち合いで、工藤ちゃんいわく「おいおい、これじゃまるで大都会パートⅢだな。」

成田三樹夫・山西道広との掛け合いもこのころは、あまり羽目をはずしていない。

相木の事務所に盗聴器をしかけようと、自分の事務所を出る工藤。表ではナンシーとかおりが踊っている。
ナンシー;「は~い、優作」と声をかける。
工藤;「優作じゃない、俊作だろう」

私は、好きだな。このドラマ。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック